isozakiaiの呟き置き場(旧:愛のカラクリ、AI日記)

彷徨ってますw ここにはツイッターおいときます。

10/22のツイートまとめ

isozakiai

@k405_r  そういえば、いずものひとでもありましたね~、。いうか、八雲ネタも書きたいですとだけくりかえしておきまするよ、すでに円城さんが翻訳してるので需要はあるでしょうからフランス関係の資料読まないとだなあ。
10-22 23:53

@k405_r  あ、藪からヤマタノオロチのような大蛇がwww はい、がんばりまーす!
10-22 23:50

天才少年ミケ様とサンドロのおはなしはまた書きたいです。ていうか書きます、はい。
10-22 23:47

“The drawings that Michelangelo did not want you to see - https://t.co/uFkVBxNePLhttps://t.co/cTLKo2jPSP #ミケランジェロ
10-22 23:40

RT @Medievalists: The drawings that #Michelangelo did not want you to see https://t.co/gnrv9NhhVG https://t.co/V5dvTJ1YGv
10-22 23:37

“コミュニケーションから読む中近世ヨーロッパ史 - ミネルヴァ書房 ―人文・法経・教育・心理・福祉などを刊行する出版社” https://t.co/WeqxmbjLhq #_あとで読む
10-22 23:33

RT @nekonoizumi: 目次あり。「様々な領域からコミュニケーションの多様なあり方や紛争解決に果たす役割を考察。西洋中近世史の新たな側面を提示する一冊」⇒服部良久編著『コミュニケーションから読む中近世ヨーロッパ史 紛争と秩序のタペストリー』ミネルヴァ書房http:/…
10-22 23:32

RT @dambiyori: 日本国内の河川とその流域を表した地図の試作版「DamMaps:川と流域地図 version0.0.2」公開しました!流域や川の名前を表示させました。http://t.co/JhzMg2rsO2 http://t.co/9hVOyLDEpt
10-22 23:30

RT @durasia_bot: 「海は私のために完全なまでに書き込まれている」
10-22 23:13

RT @zhtsss: 昨日の、石牟礼道子さんとの対談のあとには、いつものように道子さんが現在、滞在している高齢者施設にて、坂口恭平スペシャルライブ。今回はピアノ弾き語りをしました。一番手前が道子さん。みんなで楽しい時間を過ごしました。幸福な時間でした。 https://t.c
10-22 22:23

RT @zhtsss: 僕は石牟礼道子さんのことを僭越ながら、幼馴染み、もしくはちょっと年下の女の子だと思っている節がある。石牟礼さんでも道子さんでもなく、みっちゃん、みっちん、と呼んじゃっている。失礼だなと思いながらもそれが僕としての敬意のあたわし方であり、文学者というよりも…
10-22 22:23

RT @zhtsss: わたしが熊本に帰ってきて、一番幸福だと思ったのは、石牟礼道子さんと出会ったことだ。同じような苦しみを感じ、死にそうになりながらも、それでも書き続ける。わたしが死にそうになっていたときに救ってくれたのは、道子さんから直接の電話の声だった。それでわたしは生き…
10-22 22:23

RT @kajikasha: 【本日から!】書籍「片隅」関東での特別限定販売! 田中千智個展・銀座 https://t.co/yKA2N2z2UL 明日が発売日の伽鹿舎「片隅」が、本日より東京・銀座で期間限定特別販売! 谷川俊太郎さんの素晴らしい詩にすてきな画を https:/…
10-22 22:23

RT @golden_wheat: "一度も会ったことの無い、けれど弟にそっくりなその人についてわたしは考える。もうずっと、考え続けている。"鏡の箱に手を入れる 穂崎円 https://t.co/RryYq48ClQ先月掲載のエッセイでした。よろしければ。
10-22 22:21

それから、早速もう感想いただいてとてもありがたいです。わたしは本当に読者様に恵まれてるなあ。いたみいります。とにもかくにも言いたいことは言えているようなので(くみとってくださる読者様のありがたさよ!)、ほっとしました。何よりサンドロ(主人公)よかったね、よかったねって呟いてます。
10-22 22:21

ところで、『ダメアナ』凄くよかったです。にんげんの肉体に脈うつ臓物というものが詰まってる、ていうのを感じさせてくれるなあ、きもちいい。なんとなくもったいなくて一日一本くらいずつ読むようにしようかと。
10-22 22:17

RT @kbyshs: 人様の歌仙さんみて「かわいい❤かわいい❤」としあわせになってるわりには自分はこんなんしか描いてない http://t.co/y4EzolaXb3
10-22 22:00

RT @LIFEstationery: 企画展・ISETAN JAPAN SENSES「KYOTO ORIGIN~唐長の雅」に合わせて京都の唐紙屋・雲母唐長さんとのコラボメモと上製本です!京都と東京、2都市の職人が作りました。こちらも伊勢丹さんの5Fで販売中です! http…
10-22 21:58

RT @uzi_unagi: 長政と忠興が絶縁状態→忠興は長男忠隆を廃嫡し三男忠利が家督を継ぐことに→忠興と不仲の弟興元、長政の助力を得て出奔→忠興の次男興秋が家督相続に反対し出奔(のちに大坂の陣で戦死)→(時が過ぎて長政死後)長政の次男長興が家光に拝謁するのを不仲の兄忠之が妨…
10-22 21:57

RT @AmaoMiyuki: 猫を奉ってる神社に行ってきたんですが、入り口からこれでした http://t.co/FnvM8Pk9k9
10-22 21:54

RT @OCEANisSOLUTION: そういえば筒井と大江には「引用」そのものを作品化するための手練手管を錬り抜いた作家という共通点もある(そして小島信夫や後藤明生は「引用」という行為の前提と作品性自体を恐ろしくかつ静かに揺るがすのだが)
10-22 20:43

RT @sauvastikaerika: 黒田長政陣跡。真下には細川忠興。 https://t.co/YnM6ydTYoB
10-22 20:35

RT @sauvastikaerika: 細川忠興陣跡。眼前の山に黒田陣が目視可能(実際は背後)西軍本陣(三成)まで徒歩15分とかいう狂気の沙汰としか思えない場所(しかも平地)。 https://t.co/wIGep0wzaG
10-22 20:35

「言いたいことを言うこと、言うべきことを言うことこそが、『書くこと』の第一義だったはずだ。完成度? 作品世界? イメージ? アイデア? ――たかがショーセツじゃねーか」 ラファティ『イースターワインに到着』の解説より
10-22 20:34

遍愛日記『34』 https://t.co/2XEyMrFfBk  愛されていなかったのだと思うと人並みに悲しかったけれど、私はそれを随分と楽しんだ。認めてしまえば、恨む気持ちは影をひそめた。消えはしない。でも、いっそ不気味なくらい薄らいだ。我ながら、気持ちが悪かった。
10-22 20:20

RT @okumurapele: オデュッセウスの漂泊の旅。その旅程はナゾで諸説紛々。遥か日本へも。「大切なのはこの虚構の航海が何世紀にもわたって我々を魅了してきた事実である。カリュプソの島での数年間にわたる甘い虜囚生活を世の男たちが夢見てきたという事実はその島がどこにあろうと…
10-22 20:03

RT @zakumukusani: https://t.co/reNSakZchW
10-22 20:02

いちおブクマっとく / “でもって、そっか、イリイチでサン・ヴィクトールのフーゴーと繋がるのね デ... - florentine(磯崎愛) - florentine(磯崎愛) - はてなハイク” https://t.co/C1MpsoQIFT
10-22 19:59

その後だから『シャドウ・ワーク』は読みましたですよ、はい。わたしにとって小説を書いて発表するというのは「あなたのおはなし聞かせて」「わたしこういうこと考えてるんだけどあなたどうおもう?」なので、それについてはこれが詳しいとか自分はこう思う!て言われたら遅くなってもちゃんと読むよ
10-22 19:58

ひつじのさんのブログ冒頭ではっとした。matsuiismさん、どうしてらっしゃるかしら。「王と修道士」を書いた当時教えていただいた [サン・ヴィクトールのフーゴー] https://t.co/64o7tliYwI  発端になったメモ https://t.co/lspZzXKPlT
10-22 19:54

@tutai_k  つたゐさん、書いてくださいね、かきつづけてくださいね!!! 生きてくのはたしかに楽じゃありませんが、それでも小説をずっと書いてくださいね。
10-22 19:41

Last Odyssey | 孤伏澤つたゐ #pixiv https://t.co/ZjnR86SZLj 『幼神』が切なくてエロくてもう最高にわたし的にツボって大好きすぎたので新刊も予約したよv
10-22 19:35

RT @sechanco: 『現代詩100周年』(TOLTA)『片隅(かたすみ)』(伽鹿舎)に詩を掲載して頂きました。ありがとうございます!「100周年」に「九州発!」どちらも作り手の心意気が伝わるよい仕事・よい本です。東京文フリ・福岡文フリで初売りとのこと。 https://…
10-22 19:27

@tutai_k  風邪おつらそうで心配です・・・ありがとうございます。わたしも寒くなってきたので気をつけますね。
10-22 19:22

@tutai_k  勝手ながら、つたゐさんが自分と向き合って書かれてるごようすがうかがえます。わたしは、そういう小説が好きなんですよ。いまは上手に書けるひとが持て囃されるような時代だけど、小説は苦しんで書くひとや不器用なひとの味方だとわたしは思ってるんですよ。
10-22 19:22

@tutai_k  そう言っていただいて嬉しいです。何よりもサンドロよかったねっておもってます。わたしも書いて本当によかったです。なんかもう、ちょっと感極まっちゃいました、ヤバイです><
10-22 19:19

@tutai_k  楽しみにお待ちいただいたことにも御礼申し上げますね。変な話し、す名画や傑作小説てこの世でひとりでに出来上がっているみたいで、そしてもちろんすでに世界というか歴史に組み込まれてしまってるので、そんな受け止め方になりますよね。
10-22 19:17

お、ひつじのさんだv(はてなーだよ)
10-22 19:10

RT @asa_co: 少数派には名前がある(ベジタリアンをめぐって)。 - hituziのブログじゃがー (id:hituzinosanpo / @hituzinosanpo) https://t.co/NO1pCK5hro
10-22 19:09

@k405_r  ありがたきしあわせと後でメールしときます~~~
10-22 19:02

@tutai_k  それから、新刊予約一部お願いいたします!!! すごい愉しみにしておりますね。体調が芳しくないようで心配ですが、どうぞご無理のないようにお大事になさってくださいね~
10-22 18:55

@tutai_k  わたしのしてることは小説や美術や建築その他、歴史の出来事や作品と「出会う」ひとの仲立ちとしてじぶんの小説があることが理想というか野望というか、でもそれができたらもう言うことは他に「あなたのおはなし聞かせて」以外ないんです…本当にどうもありがとうございます!
10-22 18:53

@tutai_k つたゐさん、こんばんは! そんなふうに言っていただいて本当にとても嬉しいです! おっしゃるとおり、教科書に必ず出てくる有名な絵が「作品」としてたちあがる、ほんのささいなときの一部を切り取ったつもりです。何よりも、絵を探してみていただけたのが嬉しくてうれしくて!
10-22 18:49

RT @tutai_k: 【宣伝】来月の東京の文フリにて頒布予定の新刊の試し読みをぴくしぶに掲載いたしました。Last Odyssey | 孤伏澤つたゐ #pixiv https://t.co/kIrWw6HM71
10-22 18:43

RT @camomille0206: 小西甚一『日本文学原論』を再読。ほぼ日課となっている。未完の書だが、自分としては学問としての文学について多くを教えられている。多くの人が読み飛ばすだろう第一部の「事実の次元」がきわめて刺激的。自分自身の研究にも跳ね返る。
10-22 01:29

RT @kome_17: 刀剣男士機動力強化プログラム【星】:同田貫正国#RTされた数だけ好きなキャラの周りに星を降らせる 64で〆させていただきました。ありがとうございました。 https://t.co/JXb6ChfzjS
10-22 01:26

@k405_r  ほんと素敵、よく映えますね~~~
10-22 00:42

@k405_r  あ、ロゴですロゴ!
10-22 00:39

@k405_r  ういういv それは期待☆ そういえば彼がマークがとてもいいと褒めてましたよ~
10-22 00:33

@k405_r  あははははwww 論文だと読むひと限られますものねえ、頁の分け方(御菓子へ)のあたりもよかったですよ~
10-22 00:26

@k405_r  もーおおよろこびです~~~~~~!!! ありがとうありがとうv ていうか本届きましたのお礼を! あとお振込みもしました~
10-22 00:24

嬉しいなあ。もちろん、小説では故意に「ずらす」してインパクトを狙うことや煩雑さを避けて史実どおりに書かないことはいくらでもあるんだけど、ね。ただ知らなくてヤルのはいやなんだよなあ、わたし。ていう至極当たり前のことなんだけど。ていうかいつかたぬきさんと細川組について書きたいなあ……
10-22 00:14

あー、これほんと面白いなあ、青木さんのディープなおはなし聞きたい! 文献をきちんと読む、モノをちゃんと見る、すべて繋がってるなあ。えーとね、その当時それが何て呼ばれてた、またどんな姿だったとか知らないと歴史小説書けないじゃんねえ、ていうことの「基本」を教えてもらうかんじで、
10-22 00:10

さいきん気がついてしまったんですが、わたしは日本のお城をほとんど見てなくて。寺社仏閣はともかくも、お城にいったことホントにないんですよ。フランスやイタリアでお城や宮殿見た数のほうが圧倒的に多いのだ。「観光」て凄いね。ちゃんと見るもんね。イタリア3回いってるしなw てことで、
10-22 00:05

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ainokarakuri.blog42.fc2.com/tb.php/1966-79c677ef

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
オリジナル小説サイト『唐草銀河』(R18一部例外あり)の管理人・磯崎愛です。
SFとファンタジーと世界文学とアート好き。
わんこ狂い。特に北海道犬!
甘辛両刀(ニヤリ)。
がらくた銀河』なんてのもやってたり☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
(0)
更新のお知らせ (30)
拍手レス (22)
ちったー☆まとめ (2414)
文学批評 (1)
映画 (1)
ロレンス・ダレル (1)
後藤明生 (0)
西行 (1)
アート (4)
デイヴィッド・ブリン (1)
ラクロ (1)
トマス・ピンチョン (1)
ドストエフスキー (1)
ジャン・ジュネ (1)
シオドア・スタージョン (1)
ジーン・ウルフ (2)
トマス・M・ディッシュ (1)
栗本薫 (2)
森鴎外 (1)
マーク・トウェイン (1)
太宰治 (1)
ジョン・バース (1)
R・A・ラファティ (2)
小説家の小説本など (1)
エッセイ (1)
コニー・ウィリス (1)
科学 (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
ミロラド・パヴィチ (2)
ライトノベル (1)
翻訳 (3)
アレクサンドル・デュマ (1)
ダンテ・アリギエーリ (1)
宿題 (2)
恋愛もの (3)
新倉俊一(仏) (2)
音楽 (4)
谷崎潤一郎 (2)
イベント告知 (2)
ベストもの (1)
ミケランジェロ (1)
ふぇみ (1)
鹿島茂 (1)
パスカル・キニャール (1)
神曲関連 (1)
みゅるみゅる(つぶやき) (0)
お知らせ (4)
ヴァージニア・ウルフ (1)

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示