isozakiaiの呟き置き場(旧:愛のカラクリ、AI日記)

彷徨ってますw ここにはツイッターおいときます。

10/02のツイートまとめ

isozakiai

RT @cm4vb: 北欧 14 http://t.co/CZXlhNab2Y #jugem_blog
10-02 23:55

RT @usaurara: 購読ブログから。敗戦処理なんかいいから、短歌やろうぜ(笑)  / 笑いを括弧で括るという修辞 - 走れヴィンセント!敗戦処理だ! http://t.co/I6UwkLHMuc
10-02 23:20

“blog 水声社 » Blog Archive » 9月新刊:ジョルジュ・バタイユの反建築 ” http://t.co/mE7W5uyXFf
10-02 23:19

魔術師ヴェルギリウスという語句を見てしまってはもう…… / “〈驚異〉 の文化史 « 名古屋大学出版会” http://t.co/BU8Dauj4zz
10-02 23:15

“江戸狂歌研究会編『化け物で楽しむ江戸狂歌――『狂歌百鬼夜狂』を読む』 - 白澤社ブログ” http://t.co/QKVWqcdPBe
10-02 23:13

“ビジネス・インフラの明治 « 名古屋大学出版会” http://t.co/Usu4kkfjlo
10-02 23:10

幼神 | 孤伏澤つたゐ #pixiv http://t.co/nmXWIOL1zw 凄くすごく面白くて、あととても艶めかしくて、切なくて、素晴らしかった! もったいなくて、残りの頁を確かめながら読んでました。同じ世界で紡がれる物語が他にあるならそれも是非読ませてもらいたいです。
10-02 22:42

「ラファティ「完全無欠な貴橄欖石」「つぎの岩につづく」、スタージョン「ゆるやかな彫刻」、ライバー「凶運の都ランクマール」、ウルフ「デス博士の島その他の物語」、デイヴィッドスン「どんがらがん」が載」!! / “創刊50周年記念「SF…” http://t.co/qAqzoRsNLO
10-02 20:25

RT @cakes_news: 大森望氏によるSFマガジン誌上の人気連載、cakes出張版!|創刊50周年記念「SFマガジン歴代ベスト号決定戦」|大森望の新SF観光局・cakes出張版|大森望 @nzm |cakes(ケイクス)| http://t.co/oKlcVvumEL
10-02 20:23

RT @UN_Press: 【近刊】山中由里子編『〈驚異〉の文化史――中東とヨーロッパを中心に』 アレクサンドロスも遭遇したという怪物から謎の古代遺跡まで、たえず人々の心を魅了した〈驚異〉。「黄金時代」中世以来の精神史を細やかかつ大胆に描く。⇒ http://t.co/zWzY
10-02 20:20

RT @PQuignard_Bot: 自己と、その性的欲望と、夢と、夢見られた世界と、その世界の地平と、文体と、異なった登場人物たちのあいだに、髪の毛一筋ほどの厚みもなくなるとき、すべてが混ざりあい、もうなにも見えない。ついに盲目となって、印刷=伝達 アンプリメ するものを譲…
10-02 20:20

遍愛日記『15』 http://t.co/9693mC4pzG 「私、その『守る』ってよくわからないのよ。誰から、何から私を守るっていうの?」 ミズキさんはすぐにはこたえなかった。一拍おいて、ため息になりそうな声音が返る。「その話は、またにしよう。車、乗って」
10-02 19:48

RT @3110niwatori: あのくっそ強い禍々しいうんたらの正体が戦いも終えて完全に神様に目覚めちゃっててもう影響力半端ないから里で隠居してくださいってされてる未来の自分達とかだったらコテンパンにされても「あざぁっしたぁ!!」って出来そうな気がしたんです https:/…
10-02 19:09

RT @tutai_k: つたゐの二つ名は『伝説の覇者(アルティメットサンダー)』です。 #中二病二つ名 http://t.co/cdRoLs7EKk
10-02 19:06

RT @rosia29: ああこれは主の顔がいつもよりよく見えますねえ http://t.co/s0lRItFz7H
10-02 19:06

RT @loli_jp: シモフリウミシダ@油壷マリンパーク。Iconometra japonica http://t.co/iOd2K7R0aN
10-02 19:06

RT @pub_snkn: 戦国武将、細川忠興(ほそかわただおき)が大徳寺を訪れた際に、出迎えた数人の僧の中の一人、希(き)という名の首座(高位の修行僧)をこの脇差で突然斬り捨てた事が号の由来。一説には希首座は忠興により滅ぼされた一色氏の生き残りであり、仇討ちを果たそうと忠興…
10-02 19:05

RT @pub_snkn: 本日の転入生はオカルト好きで前世の因縁にこだわりを持つ「首座のぞみ」(しゅそのぞみ)さん。ご縁を結んだ大和守藤原宣貞(やまとのかみふじわらのぶさだ)作の脇差「希首座」(きしゅそ)には恐ろしげな逸話がございます。#しんけん http://t.co/A
10-02 19:05

RT @PJ_Itoh: 【ハーモニー】12 /4 に公開を予定しておりました「ハーモニー」の公開を繰り上 げ、11 /13 より公開いたします。そしていよいよ明日は「屍者の帝国」公開です。今後も本プロジェクトを何卒宜しくお願い申し上げます。http://t.co/FAMos4
10-02 01:10

RT @PJ_Itoh: 【虐殺器官】11 月13 日の公開を予定しておりました「虐殺器官」は、制作体制見直しの為、公開を延期させて頂く事となりました。本作を心待ちにして下さった皆様、心よりお詫び申し上げます。チケット払い戻し方法等につきましては後日公式サイトで告知致します。#…
10-02 01:10

27  だからどうか生き延びておくれ - がらくた銀河 http://t.co/91N2yazsLp ゴンブローヴィッチ。そうだわたし、『ポルノグラフィア』読んでないんだよ。
10-02 01:08

うーにゃーーーー、はーーーーーーーかっこいいーーーー><
10-02 01:05

「ゴンブローヴィッチを「同時代人」とみなしうるかどうかに、私たちの治外法権的精神の健康はかかっている」西成彦『エクストラテリトリアル』(作品社)
10-02 01:04

「挑発に対する鈍感さ。現代世界を冒しているこの持病に対して、はたしてゴンブローヴィッチの挑発は、多少なりとも、特効薬たりうるだろうか。いまとなっては、これまた「古典作家」のひとりにすぎないゴンブローヴィッチではあるが、その挑発に対して鈍感であってはならない」
10-02 01:03

「ゴンブローヴィッチが苛立ったのは、いわゆる「古典作家」の挑発を真っ向から受け止める代わりに、ひたすらその名声にすがり、ただ彼らを崇拝するあまり、決して彼らを「同時代人」とはみなさない「二流」の「同時代人」の存在であった」
10-02 01:03

「ずばり、ゴンブローヴィッチは、シェイクスピアさん、ぼくならこうすると、シェイクスピアへの対抗意識をむきだしにして、たとえば『王女イヴォナ』を書い てみせた。君はどうしてこんなふうに書かなかったのか、と」西成彦『エクストラテリトリアル』(作品社)
10-02 01:01

や、ったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!! ごんぶろーヴぃっちごんぶろーヴぃっち、きたーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!
10-02 01:00

RT @michitani_edit: 【新刊】西成彦編、ポーランド文学古典叢書第5巻『ディブック/ブルグント公女イヴォナ』(S・アン=スキ/赤尾光春訳、ヴィトルト・ゴンブローヴィチ/関口時正訳)世界文学史上極めて重要なポーランド戯曲二作品。来週発売です! http://t.c
10-02 00:56

RT @Sunshine_Aqua: 特別展開催中は、見ることができない【リュウグウノツカイの標本】ですが、サンシャイン水族館では365日毎日もっとレアなペットボトルで作った【リュウグウノツカイ】を見ることが出来ます!! 探してみてね<゜)))彡 http://t.co/qc
10-02 00:04

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ainokarakuri.blog42.fc2.com/tb.php/1946-84e104ae

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
オリジナル小説サイト『唐草銀河』(R18一部例外あり)の管理人・磯崎愛です。
SFとファンタジーと世界文学とアート好き。
わんこ狂い。特に北海道犬!
甘辛両刀(ニヤリ)。
がらくた銀河』なんてのもやってたり☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
(0)
更新のお知らせ (30)
拍手レス (22)
ちったー☆まとめ (2414)
文学批評 (1)
映画 (1)
ロレンス・ダレル (1)
後藤明生 (0)
西行 (1)
アート (4)
デイヴィッド・ブリン (1)
ラクロ (1)
トマス・ピンチョン (1)
ドストエフスキー (1)
ジャン・ジュネ (1)
シオドア・スタージョン (1)
ジーン・ウルフ (2)
トマス・M・ディッシュ (1)
栗本薫 (2)
森鴎外 (1)
マーク・トウェイン (1)
太宰治 (1)
ジョン・バース (1)
R・A・ラファティ (2)
小説家の小説本など (1)
エッセイ (1)
コニー・ウィリス (1)
科学 (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
ミロラド・パヴィチ (2)
ライトノベル (1)
翻訳 (3)
アレクサンドル・デュマ (1)
ダンテ・アリギエーリ (1)
宿題 (2)
恋愛もの (3)
新倉俊一(仏) (2)
音楽 (4)
谷崎潤一郎 (2)
イベント告知 (2)
ベストもの (1)
ミケランジェロ (1)
ふぇみ (1)
鹿島茂 (1)
パスカル・キニャール (1)
神曲関連 (1)
みゅるみゅる(つぶやき) (0)
お知らせ (4)
ヴァージニア・ウルフ (1)

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示