isozakiaiの呟き置き場(旧:愛のカラクリ、AI日記)

彷徨ってますw ここにはツイッターおいときます。

07/04のツイートまとめ

isozakiai

RT @golden_wheat: きみとダンスを、もとは花言葉なのですよね。本の表紙がパステル調じゃなくて青みがかった銀なのが好きであります。<RT
07-04 23:13

RT @gundam_ten: ガンダム展の広告ですが、JRや東京メトロでも掲出始まりました!関東にお住まいの方は探してみて下さいね。いよいよ今月18日(土)開幕です! http://t.co/nqcokwOV1u
07-04 22:29

RT @asa_co: 『きみとダンスを』というタイトルは穂崎円ちゃんが出してくれた案のコンセプトが素敵だったのでそこからつけました。結構悩んだので「好き」と言っていただけると嬉しいです!(通販はこちらから http://t.co/Ass78PgvzE
07-04 22:08

RT @kakesunemu: 『きみとダンスを』は「恋愛とはきっと異なる性質の特別」も「恋愛以前」も「恋愛」も「恋愛以後」も含まれてる百合アンソロジーなのでぜひ読んでいただきたいですね
07-04 21:44

RT @hakata24toshiro: 黒田家から俺ば譲り受けた小笠原忠真は、細川忠利と義兄弟で、忠利は歌仙と小夜の持ち主だった細川忠興の三男ばい。忠真の正室亀姫は本多忠政の娘で、忠政は蜻蛉切の持ち主だった本多忠勝の長男。亀姫は徳川家康の養女で、忠真自身も家康の孫を母に持つ。…
07-04 21:40

RT @CoopAVITAS: “@inthemoodfortw: Bona de Mandiargues, 1955 © Man Ray http://t.co/6ZMVMv3zWf
07-04 21:04

人間無骨とか古今伝授とか来ないかなああああああ(←来ないよ)
07-04 20:26

“加藤清正 築城と治水 : 冨山房インターナショナル, 書籍 絵本 自費出版” http://t.co/x4MuFAUJNh #_あとで読む
07-04 19:50

ところで。『細川三代』を借りてきてもうすぐ読み終わるのですが(すみません買えなくて)、エゴイストプラティナムっぽい香りがして、誰なのこれ読んでたひとは!? てなってるw どういうことさどういうことさ?
07-04 19:03

なんか高校と大学教養課程やりなおしなさいと言われた意味がホントよくわかったというか、いや、やりなおしてるんですけど今!
07-04 18:52

「この合祀政策は、博物学者・民俗学者で粘菌の研究で知られる南方熊楠ら知識人が言論によって強い反対を示した」 / “神社合祀 - Wikipedia” http://t.co/8sKSgQj0P1
07-04 18:32

“地鎮祭 - Wikipedia” http://t.co/TABhE3Mg7T
07-04 18:30

“分霊 - Wikipedia” http://t.co/632DbH3XO5
07-04 18:30

茶のこころ 和のこころ 一服目 小田明子 http://t.co/xaaNraiKJv 熊本はお茶どころでもあるよね~。
07-04 18:17

@mmktn  いわゆる「女神」像として女性が描かれたときも、それはそれで作家のジェンダー観とかが興味深くてわりと面白く読めたりします。ありがとうございます。米川訳、好きなのです。
07-04 17:45

@mmktn  なるほど『パルムの僧院』の。ご専門でらっしゃると史料の扱いで作家の想像力、その翼のはためきの強さまでおわかりになるのですね! なにしろあのルックスですから、それはもう……興味深いですよね、おっしゃるようにあまりにも無邪気なのでいっそ清々しいと思うこともあります。
07-04 17:39

おすすめいただいたv 米川訳大好きなので探す~ん / “http://t.co/ZH252HY1S7: 背教者ユリアヌス―神々の死: 本: ドミートリイ・セルゲーエヴィチ メレシコーフスキイ,米川 正夫” http://t.co/naEJCznNQR #あとで読む
07-04 17:30

@mmktn  メレジコーフスキイ! 実はレオナルドの出てくる『神々の復活』しか読んだことがなくてですね。わあ、そんな素敵な架空の女性が出てくるとは知りませんでした。おすすめとても嬉しいです! どうもありがとうございます~。
07-04 17:28

@mmktn  はい、わたしも初読のときはその「残酷さ」をうっかりスルーしましたが年をとって強く感じました。でも、そこがおっしゃるように「純情部分」というのでしょうか、男性的な何か(?)があらわで面白くも思いました。スタンダールへのオマージュ的なものはきっとあると思います!
07-04 17:22

RT @JPNatArchives: 1054年7月4日、超新星爆発が世界中で観測されました。かに星雲がその名残とされるこの現象、平安時代の日本でも観測されています。後世、藤原定家が『明月記』に当時の記録を引用しています。http://t.co/pVeLQfgDp5 http:…
07-04 17:05

@mmktn  こちらこそ、どういたしまして! 『背教者ユリアヌス』はふつう歴史小説としてあげられるものでしょうけれど、辻さんの小説には年上の女性への憧憬が描かれるところが大変魅力的だと思っています。
07-04 17:02

(わたし、ほんとにパスカル・キニャールが心の底から、まさに気狂いのように大好き大好きーーーてなった瞬間てもしかしたら、彼のメルトゥイユ侯爵夫人がほんとうに美しくて素晴らしかったからかもしれない)
07-04 16:22

(あ、でも、『赤と黒』だと、えっと、わたし、マチルド嬢のほうが好きかもしれない。なんでだろ?)(『危険な関係』ならもちろんメルトゥイユ侯爵夫人だ!)
07-04 16:21

(わたしのオブセッションばればれですみませんwww でも源氏物語でも六条が好きだし、だって、だって、美しくて身分が高くて教養があって人妻って最高じゃないですかさいこうにエロいじゃないですか!!!)(←落ち着け)
07-04 16:16

あ、さっきのリストに辻さんの『背教者ユリアヌス』もどうぞ! ていうか自分の好きな恋愛小説あげてくだけの簡単なお仕事ってやつね、これw 年上の女性、麗しの、高貴な、年上の女性(むろん人妻)!!!(←わたしが言うと品位がさがるのでやめなさい)
07-04 16:14

RT @Saku_Gakushuin: 夏の学習院大学オープンキャンパス(8/1・8/2)まであと一ヵ月を切りました。おいらも準備を本格化させないと!
07-04 16:12

RT @kunio_mini: >RT 学習院大学史料館ミニ展示「辻邦生ー西行花伝」展は、日曜閉室ですが、学習院大学のオープンキャンパス日である8/2(日)は特別開室します!日曜でないと都合がつかない…という方はこの日に是非!オープンキャンパスに参加される方は学内見学のコースに…
07-04 16:11

@asa_co  そうなんですよ~、あれ凄いですよね!!! けっきょく書き手の非情ともいえる冷静さに踊らされてるみたいな?わたしも心掛けてるけど難しいですよねええ(嘆息)。
07-04 16:10

(さりげなくドーデーの「星」が入ってるところでわたしの少女趣味とロマンチストっぷりをご笑覧ください。あとラファティはその二作他「他人の目」あたりその他、わたし的には恋愛小説の名手といっていいとおもう。いわゆるフランス心理小説的な面白さがあるような)
07-04 16:08

@asa_co  わーいわーい!!(ハイタッチ) ですよね~。でも森茉莉自身は酔ってないとおもうんですよ、書くときは! 日常を非日常のようにノンシャランと生きてたとはおもうんですが、つねに冷徹な視線を感じる。あれがこちらを酔わす心得かなあって。
07-04 16:00

フローベールは恋愛小説という枠組みであげるのホントは厭。あと三島も。両方大好きだけど。
07-04 15:56

わたし正直すぎるよ!!!(←でも、ウソはつけない)(小説についてウソはつけない、つけないよ)(ていうか日常生活でもまるでウソつけないです)
07-04 15:55

(本音をいうとわたしの小説を読む時間がおありなようでしたら、『危険な関係』『アドルフ』『失われた時を求めて』『トリスタンとイゾルデ』とかアーサー王物とか『感情教育』『春琴抄』「星」『木のぼり男爵』「つぎの岩につづく」「みにくい海」他をおすすめする、未読なら)(わたし正直なので)
07-04 15:54

RT @nzm: 宮内「逆説的だが、取材旅行には視野を狭めるという効果がある。資料を読んでいるとどんどん視野が広がっていくが、現地で人と接すると、一方に肩入れしたりとか、思い込みが生まれて、視野が狭くなる。それがむしろ小説の力になる気がする」
07-04 15:38

@asa_co  書くときばかりは酔わないようにしたいと心掛けつつ、読むときはガッツリ酔って読むの大好きです!!!(←わりとロマンチスト) そして、そこで『枯れ葉の寝床』が出た時点でもう、いまわたしハイタッチしたくてたまらんですよ☆(←森茉莉好きすぎるひとw)
07-04 15:37

あまりにも長すぎるし下手くそなので読んで読んでと言いづらいのですが、拙作『遍愛日記』http://t.co/Gw9aNc9Hxw を読んでいただきたいとおもう瞬間はけっこうある。いちお完結。しかも読み返してないという体たらくですが。
07-04 15:34

@asa_co  感情移入型だからこそ、そういうDV型の恋愛小説にずっぽりハマるひともいるとは思うんですよね。それこそ自分を重ねあわせて酔う、というひとも。それから、嫌悪と陶酔と容認と批判等それぞれがあって面白いのが「読み」の醍醐味とおもってます!(ずれてないと思いますよ~)
07-04 15:28

@cm4vb  ですねえ。二次を離れると、こういう時代、解釈の問題だけですまないことでもあるかもしれませんが。だからこそ余計に好きに読み書きしますけど!!
07-04 15:21

RT @nzm: 宮内悠介「越境する主人公に引かれる。バラード『コカイン・ナイト』の書き出し「私の仕事は国境を越えることだ」が一番好き」次回作について「中央アジアが舞台。干上がったアラル海にアラルスタンという国ができて、そこの後宮の女たちがバンドやろうぜ!という話です」
07-04 15:13

RT @PQuignard_Bot: 読むことのなかには、到達を求めない待機がある。読むことはさまようことだ。読書とは彷徨だ。
07-04 15:11

RT @JAMSTEC_PR: 【プレスリリース】JAMSTECが全面協力!「連続ドラマW 海に降る」 ~「しんかい6500」女性パイロット主人公の物語が10月放送予定~取材・撮影等に全面協力していますhttp://t.co/2J303wk95l http://t.co/
07-04 15:09

@cm4vb  あ、すごい、すごい今、腑に落ちたましたよ何かが!!!!
07-04 15:07

わたし幼少期から三角関係やらファムファタールものやらが大好きすぎてたまらんのですが、20世紀は寝取られた(かもしれない?)男の述懐が小説になるのが流行で、21世紀は好き放題した女のそれが書かれるに違いないと期待してるので誰か。
07-04 15:02

(らぶえっち小説の俺様系ヒーローのほとんどはDVで出来てるとおもってる。そこがイイので、べつにイイのだ。それこそフィクションの楽しみですからね。まあしかし、それをわりとしっかり書いたのがひふてぃーうんたらなんだろうな、とおもってるので読まないととずっと言っててまだ読んでないw)
07-04 14:57

基本ずっとROM専できてるのでアレだけど(おかげで生まれてはじめて無謀なことしてるのが今!)、ブクマにはそれも書かれてたので、うん。
07-04 14:45

“気に入らない二次設定が流行する同人世界を生き抜く方法 - むぎょっていこう” http://t.co/2EiiiyVd0A
07-04 14:40

RT @takamine108: 「気に入らない二次設定が流行する同人世界を生き抜く方法 - むぎょっていこう」 http://t.co/V6mKtz8srV /月日が経ってから再び原作が読み返されたとき、昔と読み解きの傾向や流行りが全く違う! ということもよくあるよね。いつか…
07-04 14:28

RT @japansfconbd: 【告知】本日7月4日(土)21:00~来年行われる「第55回日本SF大会 いせしまこん」の会場となる三重県鳥羽市の温泉旅館「戸田家」からの配信です。いせしまこんレポート No.01 戸田家下見編http://t.co/y89kPK
07-04 14:04

RT @PQuignard_Bot: 彼が惜しんだのは、原初の絆を伝えようとする芸術だった。手仕事の職人との間に切り結ばれた芸術の絆、すなわち芸術がこの世に付加する品々の単一性と切り結ぶ絆のことだ。彼が愛したのは、黒っぽい椀だった。彼が愛したのは、砂の壁だった。
07-04 14:02

RT @l6v6locota: 小夜の本音をバシバシ言ってく2Pカラー小夜左文字 http://t.co/POZI94nGcV
07-04 13:47

RT @usaurara: 参加したアンソロの主宰くまっこさんのブログ更新 「ディスプレイがだめだったとか、配置が悪かったとか、お隣さんが派手だったとか、風が吹いたとか、桶がころがったとか、言い訳できない」面白さ 新潟コミティアと北海道コミティア委託したよ報告 http://…
07-04 13:36

RT @kawasusu: 『海の本屋のはなし 海文堂書店の記憶と記録』。海文堂を知らない読者にこそ、この本を手に取ってほしいと思う。7月5日(日)16時~ 神保町・東京堂書店で平野さんと柴野京子さんのトークあり。私は別の予定が入っていたが、後半だけでも聴きたいので顔を出すつも…
07-04 13:36

RT @kawasusu: 『海の本屋のはなし 海文堂書店の記憶と記録』。ただ、本書を神戸にあった「伝説の書店」の物語と持ち上げたり、自分は行ったことないから関係ないと素通りするのはもったいない。一つの書店が消えるまでの「記憶と記録」のなかに、いまある書店の未来につながる手がか…
07-04 13:36

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ainokarakuri.blog42.fc2.com/tb.php/1856-e31dcf92

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
オリジナル小説サイト『唐草銀河』(R18一部例外あり)の管理人・磯崎愛です。
SFとファンタジーと世界文学とアート好き。
わんこ狂い。特に北海道犬!
甘辛両刀(ニヤリ)。
がらくた銀河』なんてのもやってたり☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
(0)
更新のお知らせ (30)
拍手レス (22)
ちったー☆まとめ (2529)
文学批評 (1)
映画 (1)
ロレンス・ダレル (1)
後藤明生 (0)
西行 (1)
アート (4)
デイヴィッド・ブリン (1)
ラクロ (1)
トマス・ピンチョン (1)
ドストエフスキー (1)
ジャン・ジュネ (1)
シオドア・スタージョン (1)
ジーン・ウルフ (2)
トマス・M・ディッシュ (1)
栗本薫 (2)
森鴎外 (1)
マーク・トウェイン (1)
太宰治 (1)
ジョン・バース (1)
R・A・ラファティ (2)
小説家の小説本など (1)
エッセイ (1)
コニー・ウィリス (1)
科学 (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
ミロラド・パヴィチ (2)
ライトノベル (1)
翻訳 (3)
アレクサンドル・デュマ (1)
ダンテ・アリギエーリ (1)
宿題 (2)
恋愛もの (3)
新倉俊一(仏) (2)
音楽 (4)
谷崎潤一郎 (2)
イベント告知 (2)
ベストもの (1)
ミケランジェロ (1)
ふぇみ (1)
鹿島茂 (1)
パスカル・キニャール (1)
神曲関連 (1)
みゅるみゅる(つぶやき) (0)
お知らせ (4)
ヴァージニア・ウルフ (1)

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示