isozakiaiの呟き置き場(旧:愛のカラクリ、AI日記)

彷徨ってますw ここにはツイッターおいときます。

05/31のツイートまとめ

isozakiai

RT @hahaguma: 今日のPDで印象に残った議論の1つは、日本の人々が自分の意見や権利を表明することを総じて苦手としており、そうすることを「わがままだ」と感じている理由について、初中等教育の1学級あたり生徒数が多いため無秩序状態にならないよう自己主張的な行動が抑制・排除…
05-31 23:54

“forum097” http://t.co/wo5YCYyJUA
05-31 23:54

ちょ、町人孝見録をぐぐったらえぬぴーおーほうじんえどしぐさがでてびびった>< やだ、そんなことになってるの?
05-31 23:52

“印地 - Wikipedia” http://t.co/Az6oJ2rbAR
05-31 23:19

“石合戦 - Wikipedia” http://t.co/TVYmSnpIj0
05-31 23:18

RT @ohyatsu: ありがとうございます! まんだらけ秋葉原様に、今年と来年のSF大会のチラシを置いて頂いています! https://t.co/8yt3ebyIjC
05-31 23:14

RT @mizcohol: 「すぺるむ・さぴえんすの冒険」と「皆勤の徒」http://t.co/2J1zT1P3Bx
05-31 23:12

RT @golden_wheat: 刀剣短歌はそろそろ、事前打ち合わせをした二人が任意の刀のお兄さんになりきって相聞歌を送りあうとかしてもよいのではなかろうか。わたし横で見てますね。
05-31 23:10

RT @deadpop: 鳥獣戯画展は、重要文化財である木彫りの「神鹿」像がいちばんよかったんです。完璧なライティングが命を吹き込んでいて、潤んだ眼がこちらの知覚にまっさきに飛び込み、魂をそなえた物体のオーラがこちらの精神スイッチを全押しする強度でした。かわいかった。あと子犬(…
05-31 23:09

RT @jazzrou: 藤田嗣治が4番目の妻マドレーヌを描いた装丁は繊細で、なかなか良い状態のものがないかと思います。右上端の書誌情報も他の号より細かい字。1934年8月。 http://t.co/6EP08EHLms
05-31 23:08

“フユアオイ - 歴史公文書探究サイト『ぶん蔵』 BUNZO” http://t.co/yUxbW2riq6
05-31 23:03

“フユアオイ - Wikipedia” http://t.co/SiyUrlGDsJ
05-31 23:00

“卯月八日 - Wikipedia” http://t.co/MXHcyiSnR0
05-31 22:54

RT @PQuignard_Bot: 書くこと、それは失われた時間を工面すること、失われたものの回帰と連携することだ。そのとき感動は記憶をよみがえらせる時間を得る。記憶は戻ってくる時間を得る。言葉は見つけられる時間を得る。
05-31 22:40

RT @caitsith0215: 今日一番輝いているウミウシさん ここの写真すごい、、、、http://t.co/uN5rffjheZ http://t.co/3ioq6L3ngr
05-31 22:14

RT @jack1972frost: RT、嵯峨本といえば辻邦生氏の『嵯峨野明月記』(中公文庫)。高校の頃刊行されて、すぐに各新聞で好意的な書評が続出、話題をさらっていたのを覚えています。その数年後に読んで感激。今でも二年に一回くらい読み直します。最も好きな登場人物は俵屋宗達。
05-31 22:09

“明 治 大 学 教 養 論 集 通 巻 二 六 一 号 ( 一 九 九 三 ・ 十 二 ) 一 一 七 ー 一 六 一 頁 ﹃ 山 上 宗 二 記 ﹄ の 諸 写 本 の 比 較 研 究 (2 ) 渡 …” http://t.co/VHsHNpgdcW #あとで読む #お茶関連
05-31 21:52

これとか http://t.co/UQEDCg1TAq … このへんか http://t.co/jXkVUrJ4Rn … いずれにせよ、流れは幾つかある。その何処に自分が位置するか、また過去の人物がいたか、だよな。自分メモとしても。
05-31 21:37

「茶すき」「茶のみ」「茶くらひ」、なんかけっきょく「:花は盛りに、月は隈なきをのみ、見るものかは。雨に対ひて月を恋ひ、垂れこめて春の行衛知らぬも、なほ、あはれに情深し」に集約されるというのでもうイイかもしらん的な何かがわたしのなかにw
05-31 21:35

RT @golden_wheat: 苞山伏、あらすじこれですね。→http://t.co/HqfbFIJ2Xq……侍は和泉守で再生されました笑
05-31 21:33

RT @Emi_55: 苞山伏の山伏がとっても山伏国広兄さんなんです…!三人の男が寝ているうちに消えた弁当の謎に、山伏探偵の推理が冴えわたる!!#刀剣男士演能番組http://t.co/i63yIkQd1U
05-31 21:33

“インドの熱波、死者2000人超える 南部2州で大きな被害 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News” http://t.co/j3vWCnhtR8
05-31 21:18

RT @golden_wheat: お能の小鍛冶はみやねね子さんの刀剣短歌とEm.さんのイラストのまんまだ……! と感動してました。白頭の狐でした。「ものがたりせよ」もお能からかな? (https://t.co/tCpUsbDHnR)
05-31 20:55

RT @golden_wheat: 狂言とお能見てきました。「蝸牛」という狂言が山伏ものなんだけど(こんな話→http://t.co/jYmdXqRIIh)、国広兄弟でやったら凄いかわいいなあと思いつつ爆笑してました。三人ででんでん虫を踊るのだ……太郎間者は堀川君でもやまんば君…
05-31 20:55

“お着物の寸法について(基本編)/きものと帯の山善小林” http://t.co/JKW7tvCWoG
05-31 20:46

RT @mundburg: #言うだけタダだから欲しいアンソロ呟く 『ネイティヴ・アメリカン詩集』ラファティ・選
05-31 20:42

着物をじぶんの寸法で誂えること自体がもう、そんなにないことなんだなあってことなどを。
05-31 20:37

“着物の寸法と割出方法について | 和裁教室・着物の販売「岩佐和裁」” http://t.co/0wNPbeit0w
05-31 20:35

あとで遊ぶ / “ことば社会年表” http://t.co/jCKC8uqkLx
05-31 18:07

1970年代 / “サイバーシン計画 - Wikipedia” http://t.co/073iOrycej
05-31 18:06

RT @nuryouguda: pixivに投稿しました 第4話 [そらに響く歌声]第1節 #pixiv http://t.co/t5VrSod9gq バリバリ更新していきますよーっ!
05-31 17:21

RT @Niccolobot: 思慮に富む武将は、配下の将兵を、やむを得ず戦わざるを得ない状態に追い込む。同時に敵に対しては、やむを得ず戦わざるを得ない状態に、なるべく追い込まないような策を講ずる。
05-31 17:16

わたしもプリンテックさん大好きだし今まで大変お世話になってる! >RT
05-31 17:15

RT @k_rara: プリンテックDIY、紙ガンガン選んで2cコピーガンガンして長尺印刷もガンガンやってあの値段で、裁断機も使い放題で、みせのなかにもふもふの猫がいる(迷い猫保護中)とか素晴らしすぎるよ…用賀に引っ越したい
05-31 17:15

RT @m_yasuna_m: 今日のケンミンショーで、大阪は京都・兵庫が好きでならを見下してて、京都は兵庫が好きで大阪が苦手で、兵庫は京都が好きで大阪が苦手で、奈良は大阪が好きでっていう話をしてたが、昔まとめたこれが結構関西人の関係を的確に現してると思う。 http://t.…
05-31 17:02

“権力と芸能の結びつき、史料交え議論 糺勧進能でシンポ : 京都新聞” http://t.co/lIcpY8cqKD
05-31 16:03

RT @tenkijp: 【都心は32度2分 5月の最高気温更新】 http://t.co/ccQh6CzxID きょう5月31日、都心の最高気温は32度2分まで上がり、5月としては過去140年間で最も高い気温にな.. http://t.co/PbnCAbjtyL
05-31 15:25

“» お月さまいくつ 北原白秋 || WEB文芸誌 片隅-かたすみ- 伽鹿舎” http://t.co/eyZOg8G2hI
05-31 15:03

RT @kajikasha: 【読書尚友】お月さまいくつ 北原白秋 - http://t.co/mKcvkpzOYt お月(つき)さまいくつ。十三(じふさん)七(なな)つ。まだ年(とし)や若(わか)いな。あの子(こ)を産(う)んで、こ ... #片隅 http:/…
05-31 15:01

必殺仕事人乱舞 | 2bit #pixiv http://t.co/pvMqo2RZtK これ、必殺好きにはたまらん!
05-31 15:01

キャラ被りはさせないだろうしなあ。
05-31 14:34

勅命香のいちばんの興隆はやはし後水尾天皇、ていうか、鬼丸国綱がお越しになったらある意味で歌仙さんの雅アイデンティティけっこう危ういことになるんじゃないかと思ってたりするのだがあちらは宮様方向のキャラ付けをされるのだろうかどうだろう?
05-31 14:34

“目  次” http://t.co/fQdp8gYIPl
05-31 14:23

RT @afpbbcom: 新マハラジャは米大卒の23歳、インド http://t.co/mQJPZQUIaT http://t.co/FEF2mQwCTn
05-31 14:17

RT @no_ra_0012: 玉名駅の近くにお店あるから寄ってみて文化財の保護にあてられるいうからつい買ってきたけどこの…最近の女子人気を鑑みない感じ…すきやで http://t.co/pIvKrfASdR
05-31 14:04

RT @kiseru_gs5: 芝村裕吏氏登壇「歴史的遺物とコンテンツ」自分用まとめ http://t.co/qIWDalR7tGすごい読みやすい…最後らへん涙腺がゆるくなっていく
05-31 14:02

おや、気になる。 >RT   ここから入るのがよさげかなあ。
05-31 13:44

RT @syenzaramasuma1: 読んで毒がまわる。そしてそれが心地よい。思考が花村萬月さんの松永久秀に侵されていく。悪なのに何故こんなに惹かれるのか、とても興奮しながら読んだ作品。「弾正星」花村萬月著小学館単行本 祝!170冊突破! http://t.co/oPgIq
05-31 13:43

RT @cbfn: ・・・いや、ここのところネットを開くたびにどこかに「龍馬の真実」とか「明治維新史の陰謀」とかいう大仰で物欲しげな広告が出るので鬱陶しいのだ。19世紀後半が「国際ビジネス」の夢想の跳梁する間抜けな政経冒険家の時代だったのは衆知のこと、その「隠された真実」のどこ…
05-31 13:15

RT @cbfn: 唐突だが、僕らの世代?が例えば坂本龍馬をどう思っているかと言えば、勤勉に暗躍しながら結局何の役にも立たず忘れられていた存在だったのが、旧土佐藩懐柔のために戊申以降に「思い出され」過大に神話化された男というイメージで、なるほど個体としてとても面白いキャラだがそ…
05-31 13:14

RT @ShindyMonkey: 第3回日経『星新一賞」の審査委員は――冲方丁、押井守、向井千秋、真鍋真、牧野隆(IHI)のみなさんです。ぼくは第1回・第2回に引きつづき、鏡明、大森望、山岸真の諸兄とともに中間審査を担当いたします。http://t.co/PYa4in1
05-31 13:07

RT @ShindyMonkey: 第3回日経『星新一賞」公式ウェブサイトが公開されました。http://t.co/PYa4in1ulB審査員の紹介、募集要項が発表されています。従来の「一般部門」「ジュニア部門」に加え、こんかいから「学生部門」が新設されました。
05-31 13:07

RT @KJ_0004: ちなみに青木本人は「そらーぁ語らせたら一日おなか一杯もうよかってなるごつ喋るよ?」だそうですので、みなさん頑張って聞きましょう(なんの会なんだ)
05-31 13:06

RT @holozkn: お題「悪戯」たぬ歌だと言い張る #歌仙受け版深夜のお絵描き60分一本勝負 http://t.co/x0qTbucMEf
05-31 13:06

RT @yazatom: ・「古今集・春歌上は鶯丸のキャラソン」・歌仙「三十六歌仙言えるかな?言えるよね????」・「雅ポイントが1上がった!!歌仙の信頼度が50下がった!!!」・「イデア界の鶯丸」・「なんであんなエセカソック野郎の為に一万も使ってるんだ?(資料代)」…
05-31 13:01

RT @sura_taro: 「中世イタリアでは、複式簿記による帳簿は健全な事業や政府の実態を表すと同時に、神の審判や罪の合計を表す宗教的な一面も備えていた」(序章より) 帳簿の世界史 http://t.co/57ApHQHh3r
05-31 13:01

RT @ertb_ertb: 分析美学の中でも僕が個人的に面白いと思っている点について駄文を書きました。素朴さとその整理―分析美学を特に - ertbhttp://t.co/ChsPm0VmUZ http://t.co/Dhz8qm0qAF
05-31 12:58

“石谷家文書 将軍側近のみた戦国乱世 - 株式会社 吉川弘文館 安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社” http://t.co/TIh38Iie8P
05-31 12:58

“長宗我部元親と信長、元は仲良し? 本能寺4年前の手紙:朝日新聞デジタル” http://t.co/Qum1ZNSoUk
05-31 12:56

RT @KJ_0004: 伽鹿舎青木の薀蓄をひたすら聴くウォーキング(現地集合現地解散) を秋ごろにやろうと思っているのですが、みなさんどこがいいでしょう? オーソドックスに水前寺成就園・熊本城・本妙寺・島田美術館とめぐる加藤・細川めぐりもいいですし、ディープ玉名で同田貫から西…
05-31 12:55

RT @KJ_0004: 同田貫正国の墓にも参りましたが、まさか彼も今更こんなことでおまいりする人が増えるとは夢にも思っていないことだろうと思うとちょっとおかしくなってしまいました
05-31 12:55

RT @KJ_0004: 朝6時から青木と待ち合わせて玉名に行って来ました。雨予報でしたが薄曇で、これはいいと思っていたところが晴天に。あっつい!!!! というわけで、写真も充実。1日のよしなごつ、楽しんでいただけるのではないかと思います #片隅
05-31 12:55

RT @hideoharada: 朝日新聞5/31:本能寺の変の4年前、土佐の長宗我部元親が信長の了解のもとで四国征服を進めていたことが、林原美術館が所蔵する石谷家文書からわかった。元親側から光秀側に宛てた手紙で、元親と信長の良好だった関係が浮かび上がり…→http://t.…
05-31 12:55

めだかさんが生まれてた――――――――――!!!
05-31 01:13

“石榴庵の世界 <花伝書等>” http://t.co/6w1f9lhqiO
05-31 01:08

“いけばなの成立 室町(前期)|いけばなの歴史|華道家元池坊” http://t.co/S7L7HCndRr
05-31 01:07

“源平交代思想 - Wikipedia” http://t.co/mB9NG6lmqp
05-31 00:46

RT @herenkera1: 映画版『サラゴサ手稿』(「サラゴサの写本」という題名はやっぱ嫌)について、日本でのネット上でのちゃんとした文章はやっぱこれが意を尽くしてるhttp://t.co/HXIlVrUnY2
05-31 00:39

(そういえば「ぽぴゅらりてぃー」なんてものはわたしに備わってないどころのはなしじゃないよw こないだ「いま読者10人でしょ!」て言われて、うん、それ中ってる数字だなあ、て。でもせっかくSFセミナーにいったから「30人」くらいに増えたらいいなあっておもったよ)
05-31 00:31

RT @an_bow: 富岡製糸場の初代工場長、渋沢栄一の従兄弟でもある尾高惇忠の生家。 http://t.co/CovqyuTnRg
05-31 00:23

RT @tekmacmayacom: 渋沢栄一の孫の1人が尾高朝雄で、彼はフッサールの元で学び、シュッツと仲良し。弟の尾高邦雄の妻は、和辻哲郎の娘。渋沢栄一と和辻が繋がるってのはすごく不思議な感じ。
05-31 00:21

RT @HOLLY_S3: 新たな刀剣を発見しました。 http://t.co/lTFDssDj3k
05-31 00:20

@isozakiai これとか http://t.co/UQEDCg1TAq このへんか http://t.co/jXkVUrJ4Rn いずれにせよ、流れは幾つかある。その何処に自分が位置するか、また過去の人物がいたか、だよな。
05-31 00:20

『日本の古典芸能 茶・花・香』より。ただしその一方で「遊興」方面のお茶してるひとたちもその当時はもちろんずっといるので。ていうあたりは、えーと、どの辺を探せばいいんだ。https://t.co/oVy76uasK4
05-31 00:16

遊興としてのお茶と求道としてのそれの両面があるからなあ、ことに現代だと恐らくは「礼法道理」のほうが強調されてるってことなんだろうな。わたしの師匠、講演をされた宗匠方は自適、遊興なほうだったしなあ。
05-31 00:14

秘伝と相伝があるしなあ。まあでも、わたし、このややこしいあたりが好きなんだけどさ。秘密結社大好きだからね!w
05-31 00:08

失礼をしてしまった。じぶんの習った流派ですらわからんのだから、まして他流のことなぞ、だ。すみませんです。
05-31 00:06

@complex_cat  あー、すみません。いま読んでる本に「茶湯の本意は「自適」の楽しみにあるのではなく、人に「礼法道理」を知らしめることにある」という思想、つまり「道徳性の昂揚」「世教」となって17後半18世紀前半あたりにあらわれるようです。家元制度の確立と無関係ではない
05-31 00:04

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ainokarakuri.blog42.fc2.com/tb.php/1823-c3c8a2eb

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
オリジナル小説サイト『唐草銀河』(R18一部例外あり)の管理人・磯崎愛です。
SFとファンタジーと世界文学とアート好き。
わんこ狂い。特に北海道犬!
甘辛両刀(ニヤリ)。
がらくた銀河』なんてのもやってたり☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
(0)
更新のお知らせ (30)
拍手レス (22)
ちったー☆まとめ (2469)
文学批評 (1)
映画 (1)
ロレンス・ダレル (1)
後藤明生 (0)
西行 (1)
アート (4)
デイヴィッド・ブリン (1)
ラクロ (1)
トマス・ピンチョン (1)
ドストエフスキー (1)
ジャン・ジュネ (1)
シオドア・スタージョン (1)
ジーン・ウルフ (2)
トマス・M・ディッシュ (1)
栗本薫 (2)
森鴎外 (1)
マーク・トウェイン (1)
太宰治 (1)
ジョン・バース (1)
R・A・ラファティ (2)
小説家の小説本など (1)
エッセイ (1)
コニー・ウィリス (1)
科学 (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
ミロラド・パヴィチ (2)
ライトノベル (1)
翻訳 (3)
アレクサンドル・デュマ (1)
ダンテ・アリギエーリ (1)
宿題 (2)
恋愛もの (3)
新倉俊一(仏) (2)
音楽 (4)
谷崎潤一郎 (2)
イベント告知 (2)
ベストもの (1)
ミケランジェロ (1)
ふぇみ (1)
鹿島茂 (1)
パスカル・キニャール (1)
神曲関連 (1)
みゅるみゅる(つぶやき) (0)
お知らせ (4)
ヴァージニア・ウルフ (1)

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示