isozakiaiの呟き置き場(旧:愛のカラクリ、AI日記)

彷徨ってますw ここにはツイッターおいときます。

05/26のツイートまとめ

isozakiai

@natunoneko  短編の連なりなので確かにさりげない感じですが、ほんとに凄くいいですよね! 嬉しいです、あんまりタニス・リーであれをあげるひといないので。
05-26 23:53

@mikumari0314  個人的には、硬派(?)なイメージでいてほしかったです。わたしのTLはSF寄りなのでいちおう耐性(?)はあるつもりなんですが、訃報ばかりは慣れることがありませんね……作者は亡くなってもこうしてお話しは生き続ける、て思って読み返したりするつもりです……
05-26 23:52

RT @QB_MARUYA: 【夜の語り部よ、さようなら】タニス・リー(Tanith Lee)1947/09/19〜2015/05/24アズュラーンよ、ウールムよ、チャズよ!http://t.co/s4vNhSqH57 http://t.co/N0Fbwo9goK
05-26 23:47

@natunoneko  あ、そういうかたが! あれ、いいですよね!!
05-26 23:47

(あと、あれだよね、じぶんが年取ってるんだよ、うひーーーー)(精神年齢がチュウニなままで!!!)
05-26 23:45

わたし、でも、もしかして一冊選べって言われたら『闇の公子』じゃなくて『タマス・ターラー』のような気もした。たぶん、少数派なような気がする。どうだろう?
05-26 23:43

@mikumari0314  あ、やっぱり同じように思ってらっしゃった方いらした!変な言い方ですが、じぶんも年取ったので当たり前ですけど、十代二十代くらいにハマった作家さんがこうしてこの地を離れられると、なんか、わけのわからない気持ちになります……
05-26 23:42

@mikumari0314  あ、わたしも最近は戻ってきましたが、一時期の早川の表紙はちょっと苦手でした。『タマス・ターラー』なんかも好きでした。いまタニス・リーは創元や河出からも出てますね。そちらは未読のも多いので再読しながら読みたいです。しかし、ほんとにショックです……
05-26 23:36

@mikumari0314  びっくりしました。わたしも平たい地球シリーズとかもう無茶苦茶大好きで(萩尾さんの表紙でもってます)。あの艶麗な浅羽訳が凄く好きで、浅羽さんが亡くなられたときもショックでしたが、ああ……
05-26 23:29

RT @RASENJIN: RIP Tanith Lee http://t.co/FJcFncjUyM @wordpressdotcomさんから えッ
05-26 23:21

(ちと甘えたものいいをしたやもしれんがたまにはいいか)(←いつもですw)
05-26 23:20

↓そういえば、この国の美術解剖学の祖も鷗外でしたね。世間様は存じませんが、昔からわたしは鷗外谷崎三島が大好きですし、死ぬまできっとそうでしょう。 / “はてなブックマーク - Les murmures de la florenti…” http://t.co/c23kcxwvIh
05-26 23:16

“青銅器時代の若い女性のグローバルな生き方が判明 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト” http://t.co/2zYTnFvDaI
05-26 22:35

“莫里斯·布朗肖 作品集 (南京大学出版社) The Collection of Maurice...” http://t.co/SeX7Lf9Ksw #ブランショ
05-26 22:21

RT @HAYASHI_twit: 去年から今年にかけて『布朗肖 作品集』が南京大学出版社から出版され続けている。モーリス・ブランショの中国語表記は「莫里斯·布朗肖」で、『望みのときに』『私についてこなかった男』『最後の人』『死の宣告』などのレシの中国語訳が揃ってきた。http…
05-26 22:20

RT @nanai_komusai: ポッドキャスト講談レコンギスタ第44回『まさかの富士山!?Gレコ大感想会でギスタ!前編』 http://t.co/zIYDzh9hgp http://t.co/yyu0cXKHcy
05-26 22:07

“真紅の革紐 : ルネサンスのセレブたち” http://t.co/uhHxZmydJg
05-26 20:26

RT @magonia00: 熊楠ニキと岩田準一の10年間に及ぶ熱い男色文通書簡はたとえば『南方熊楠男色談義―岩田準一往復書簡』(八坂書房 1991)にまとまっているが、南方熊楠コレクションだと三巻の『浄のセクソロジー』がこの辺りを扱っていた記憶が(熊楠コレクションの方はもう手…
05-26 20:24

RT @magonia00: 『南方熊楠男色談義―岩田準一往復書簡』(八坂書房 1991)は冒頭、中山人間グーグル太郎さんの元を訪れた熊楠ニキが「岩田準一君と男色について語り合いたいので連絡先を教えてくれ」と頼み込んだというエピソードからして面白い http://t.co/Om
05-26 20:24

RT @fujiwara_ed: レオ・ペルッツ『第三の魔弾』(白水Uブックス)再校が出る。7月上旬刊行予定。「一発目はお前の異教の国王に。二発目は地獄の女に。そして三発目は――」 絞首台に上る男が三発の弾丸にかけた呪いは果して成就するのか? コルテス軍の侵攻にさらされたアステ…
05-26 20:24

RT @mikumari0314: 「死と生は、毒された花々だ。それらの根は、展開と存在の泥に埋もれている。どんな雨でも魂にとっては恵だが、生と死を厄介払いした永遠には毒になる。大気である永遠にとっては」 っていうエドモン・ジャベスの言葉がめっさ好きで、たまに使いたくなる……
05-26 20:11

そうそう、今日の展覧会、なんていうか、政府と企業が戦争前にウンタラみたいなはなしも当然あって。なんかこう、あーってなった。あーって。
05-26 20:08

「世上乱逆追討耳ニ満ツト雖モ、之ヲ注セズ。紅旗征戎吾ガ事二非ズ」
05-26 20:06

なんかここずっと、もう何年も、三島に死なないでほしかった、て言ってる気がする。辻邦生さんも。ふたりともせめて新古今の時代を書いてから逝ってほしかった。ほんとに。
05-26 20:04

船中ひとりのラスト(冒頭)を宙ぶらりんに留め置いた状態であると読むひとなし、か。三島に死なないで書き続けてほしかったよ、ほんとに。 / “高校教科書に『舞姫』は要らない ~ 明治のクズ男太田豊太郎 - Togetterまとめ” http://t.co/bgsb9K2tS3
05-26 20:03

はてなブログに投稿しました #はてなブログ「三井の文化と歴史(後期) 日本屈指の経営史料が語る 三井の350年」行ってきたよん♪ - がらくた銀河http://t.co/pL5tVHr4pm http://t.co/Cb6xvwS2dQ
05-26 19:34

RT @plginrt: 本日から:【日本初公開】東京富士美術館で開催される「レオナルド・ダ・ヴィンチと『アンギアーリの戦い』展」は見逃せない!! ⇒⇒⇒ http://t.co/ws6ys56Nuu http://t.co/eQh1TEqrMe
05-26 18:05

“T-BOX通信 : 今週の光内ー132、今週のフルイー27 過去の未来都市” http://t.co/eJk0n3YVoZ
05-26 18:01

RT @Tbox_tokyo: T-BOX通信 : 今週の光内ー132、今週のフルイー27 過去の未来都市 http://t.co/UdwUFsxk1C
05-26 18:00

ほんとだ。。。 >RTていうか文庫になるんだよねえ、いやサイン本もってるからいいけど。わたしホントは文庫が好きだったりするのでいつかゲットしたい。
05-26 13:31

RT @dempow: こ、これは… https://t.co/1E7pxXVR1Z
05-26 13:29

RT @Fukuokacity_pr: 福岡市博物館オリジナルグッズの絵はがき、国宝 刀 名物「圧切長谷部」、国宝 太刀 名物「日光一文字」、大身槍 名物「日本号」は、5/28(木)から販売再開 http://t.co/4SsdtX8QQM #福岡 #軍師官兵衛 #博物館 h…
05-26 13:13

“真・立ち読み師たちの街” http://t.co/C5sGk6jDPh
05-26 12:09

RT @Taka_KOMAI: デイリー El Che is out! http://t.co/qdlq1sCerV Stories via @isozakiai
05-26 11:55

RT @miyokosroom: 『発掘!歴史に秘めた恋物語』第11回「谷崎潤一郎と女たち~後篇・芸術の女神を求めて」の再放送を観て、谷崎潤一郎研究のつぶやきを更新しました。https://t.co/ZQa0AKKmhk
05-26 11:40

@golden_wheat  現代でもいらっしゃいますか。定家卿は和歌が相聞消息文、または政治的ツールであることを無視してるようなので完全に別枠にいるな感じです。全身之神経! みたいな風体ですよね、大好きですけど極限にいすぎてなんかもうわけわかりません。
05-26 01:16

@golden_wheat  自分が好きなので印象深いだけかもですが(汗)。かきやりしその黒髪のすぢごとにうち臥すほどは面影ぞたつの本歌が和泉式部の黒髪のみだれもしらずうちふせばまづかきやりし人ぞ恋しき。定家卿は共感覚ありそうです。飛びぬけすぎてると個人的にも思います。
05-26 01:06

定家卿についてならブログその他でいつもうるさいくらい言ってる堀田善衛の『定家明月記私抄』とその続き。和泉式部なら、沓掛良彦『和泉式部幻想』なのかなあ。すみません、和泉式部は未読ですが『西行弾奏』と『式子内親王私抄』が大変素晴らしかったので。
05-26 01:01

@golden_wheat  いえいえ。いまどう教わるのかわからないですが教科書で幽玄(古今)と有心(新古今)みたいな例のあれは確かにそれっぽいんですよ。定家卿はヴァーチャルな歌人だと思ってます。定家卿は和泉式部の歌をとりあげてるのでそのへんなのか、それとも? みたいな?
05-26 00:55

RT @sonesuguru: SFマガジン91年11月号より、ラファティ「ファニー・フェイス殺人事件」読了。うーむ。事件が起こるまでは分かったけれど、解決のくだりは謎に満ちている。
05-26 00:43

@golden_wheat  和泉式部は平安中期かと、紫式部のころです。ただどちらも歌詠みに愛されてる歌人ですね。私見では万葉集好きと新古今が好きなひとはたいてい相容れないんですがそこで合う場所があるのが金槐和歌集の実朝だったりするので。彼らの歌の何が好きか、になるんでしょうか?
05-26 00:42

@golden_wheat  活用はともかく、えーと、古今新古今がさほどなら万葉へ行ってみるのも手かもです。平安後期なら新古今にハマれるはずですがそうじゃないなら、たしか実朝がお好きでしたよね? そしたら万葉のほうがイイ可能性もあります。
05-26 00:31

古文が身についてるわけじゃないけど決して怖くないのはこのへんを若いときに面白く読んでたからだと思う。小学館の『日本古典文学全集』 http://t.co/9wp6p1dkIV 注・原文・現代語訳の三段組だから一度にわかって楽だった。
05-26 00:27

@golden_wheat  古語の文法はこないだの本でどうにかなるでしょうが語彙増やすのはもう古典よむしかないと思いますが、ただどこの時代のが合う合わないも実はあるような気もします。
05-26 00:20

@golden_wheat  すごいすごい! さらに増やして1000首あるとかっこよくないですか???(←ひとさまのことだとおもって気楽にいってます、すみません><) それっぽければどうにかなります!(断言してみる)
05-26 00:14

@golden_wheat  どんどん増えて、それこそ百花繚乱ミルフルールのようになるときを! 「千五百番歌合せ」みたいな(←それは多いけど)
05-26 00:07

RT @quiriu_pino: 追加のしたのは以下の通り。Ōei sanjūninen guchūreki (応永三十二年具注暦) 紙背は「元徳二年後宇多院七回忌曼荼羅供記」で、仁和寺勝宝院主道意が法会を勤仕した記録。http://t.co/7M8AOdHHJQ
05-26 00:02

RT @quiriu_pino: というのも、Treasures from Japan in the Yale University Libraryという今年アメリカでやった展示の図録をいただいて、中世文書が出てたのを知ったからなんだけど。 http://t.co/H8q66
05-26 00:02

RT @quiriu_pino: 更新!イェール大学バイネキ稀覯書・手稿図書館のサイトで「古文書張交屏風」以外の画像も見れることがわかったので新追加しました。【中世古文書の画像が見れるデータベースまとめ稿 ―あとがき愛読党ブログhttp://t.co/foah0AxxLl
05-26 00:02

花と刀(刀剣短歌・花と刀剣男士企画) | ほさき #pixiv http://t.co/tAIB26XC47 楽しみにしてます☆
05-26 00:01

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ainokarakuri.blog42.fc2.com/tb.php/1818-47923cdd

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
オリジナル小説サイト『唐草銀河』(R18一部例外あり)の管理人・磯崎愛です。
SFとファンタジーと世界文学とアート好き。
わんこ狂い。特に北海道犬!
甘辛両刀(ニヤリ)。
がらくた銀河』なんてのもやってたり☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
(0)
更新のお知らせ (30)
拍手レス (22)
ちったー☆まとめ (2472)
文学批評 (1)
映画 (1)
ロレンス・ダレル (1)
後藤明生 (0)
西行 (1)
アート (4)
デイヴィッド・ブリン (1)
ラクロ (1)
トマス・ピンチョン (1)
ドストエフスキー (1)
ジャン・ジュネ (1)
シオドア・スタージョン (1)
ジーン・ウルフ (2)
トマス・M・ディッシュ (1)
栗本薫 (2)
森鴎外 (1)
マーク・トウェイン (1)
太宰治 (1)
ジョン・バース (1)
R・A・ラファティ (2)
小説家の小説本など (1)
エッセイ (1)
コニー・ウィリス (1)
科学 (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
ミロラド・パヴィチ (2)
ライトノベル (1)
翻訳 (3)
アレクサンドル・デュマ (1)
ダンテ・アリギエーリ (1)
宿題 (2)
恋愛もの (3)
新倉俊一(仏) (2)
音楽 (4)
谷崎潤一郎 (2)
イベント告知 (2)
ベストもの (1)
ミケランジェロ (1)
ふぇみ (1)
鹿島茂 (1)
パスカル・キニャール (1)
神曲関連 (1)
みゅるみゅる(つぶやき) (0)
お知らせ (4)
ヴァージニア・ウルフ (1)

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示