isozakiaiの呟き置き場(旧:愛のカラクリ、AI日記)

彷徨ってますw ここにはツイッターおいときます。

02/24のツイートまとめ

isozakiai

んじゃ、離脱!
02-24 23:05

まあしかし、いろんなおもしろいひとがたくさんいて、わたし個人は怪我してウツウツしてますが、それでもつまんないわけではありませんw
02-24 23:04

RT @ukatujyu: 安彦さんでクラッシャージョウの新作漫画が読みたい! コミック一巻分くらいの分量で!読みたい!
02-24 23:03

@mizcohol  お知らせどうもありがとうございます! 噂には聞いたことがありますが未読ですのでちゃんと読んでみます。
02-24 22:46

RT @KJ_0004: この本の美しい佇まいが気になって仕方がないのです。余りにも美しいので、何が書いてあるのかがわからなくなりそうなのです。無論、書いてあるものごとなど、私に読めるわけもないのですが。それにしても、その佇まいは美しい。作品社さんの本です。『パレスチナへ帰る』…
02-24 22:26

RT @KJ_0004: 「なかにあったのは幾片かの骨と聖書だけでした!」 エドワード・サイード『パレスチナへ帰る』 わたしは、他に何があると思っていたのかと尋ねようとして、やめた。
02-24 22:26

@KJ_0004  S氏、熊本は行く可能性があるって言ってたのでその時には必ず!そして、ありがとうございます~。ほんともう、ね、出掛けるもなにも、ていう状況なので。養生いたしますー!
02-24 22:25

“禅語「無事是貴人」: 臨済・黄檗 禅の公式サイト” http://t.co/dMgqr0WnAK #お茶関連
02-24 22:20

@KJ_0004  あ、そのうちS氏からもしかすると連絡あるかもですがw(←話しはしてあるから機会があったら連絡してみたらと言ってある)いや、それ、それ、ね・・・(わらわない)わたしもマジでどうにかしたいです(真顔)
02-24 22:15

@KJ_0004  あ、それイイですね! >図書館から自動的に是非ぜひお願いいたします! わたしのほうからは編集S氏を加地さんにお引き合わせいたしたい。
02-24 22:11

澁澤の『イタリアの夢魔』が出てこないよー><
02-24 22:08

本を呼ぶとお返事してくれる、または自ら這い出てくれる魔法を心の底から募集中!!!
02-24 22:08

@KJ_0004  またですかwていうか、誰かホントに本を呼ぶとお返事するシステムっていうか魔法っていうか作ってほしい!!!
02-24 22:07

そして、澁澤のその本が見つからない!!!!!(←いつもこんなだな、わたしw)
02-24 22:03

RT @100nen_: (……きこえますか…きこえますか…百年前新聞を…読んでいる…みなさん…未来から…今…あなたの…心に…直接…呼びかけています……まだ20歳の…伊藤野枝は…『青鞜』15年1月号から…編集権を…握り…堂々と…不倫をする…女性解放運動家として…有名に…なってい…
02-24 22:00

RT @CulLab: むせる最低野郎に捧げる逸品 ボトムズ「スコープドッグ」を再現した腕時計が渋すぎてむせる | カルラボ -Culture LAB.- http://t.co/F8fWNc9U54 #ボトムズ http://t.co/7n6rxCd0be
02-24 22:00

澁澤はなんのかんのと甘美なイタリアに触れてしまったから。あの美しい、生きる歓びに満ち溢れた土地を歩いたから。
02-24 21:58

澁澤が渡欧する際の三島の見送り、あの制服でいったらしいから、なあ・・・
02-24 21:56

RT @mitragyna: 「刀の写真」をGoogle画像検索でお探しの方へ。・検索キーワードに「(刀名) 刀」・検索ツールから「種類:写真」「時間:期間を指定→2010年12月31日より前」で検索すると、擬人化イラストやコスプレ写真を回避できるのでオススメ。
02-24 21:52

RT @herecomethewar1: はじめて渡欧する澁澤龍彦を空港に見送った三島由紀夫。澁澤はその旅行で訪れたかってのサドの居城で一心に野草を摘んだそうだ。それはその見送りが最後となり、これから自決する三島の未来への供花だったのか知れない。写真はラコストにあるサドの像。 …
02-24 21:51

“Lars Andersen: a new level of archery” http://t.co/S9BsQK14t5
02-24 21:49

“【生ける伝説】弓術5千年の歴史「ロビン・フッドをも超えた」現代の射手ラース・アンダーセンが凄すぎる:DDN JAPAN” http://t.co/ZWTqtfSQvE
02-24 21:48

RT @redswift500: 【生ける伝説】弓術5千年の歴史「ロビン・フッドをも超えた」現代の射手ラース・アンダーセンが凄すぎる http://t.co/sTNlbWkwiyこれはTRPGでの弓の理解が変わるな。弓での接近戦や連射など、映画やアニメの世界だろっていう否定…
02-24 21:41

RT @nanori_nigatsu: 二十代の頃行ってた着付教室の浴衣パーティで、遠州椿のオレンジ色の浴衣の女の子がいて、そんな柄初めて見て、それがもう本当素敵で忘れられなかった。蝶々みたいで可愛いの。その後椿が気になってあちこちの椿園で椿の写真撮りまくってた。その後ばら園巡…
02-24 21:34

RT @100nen_: 【社主のニュース解説】《社会》女流文学団体、青踏社の伊藤野枝(いとう・のえ)女史(20)が今月号の『青鞜』に「貞操についての雑感」を寄稿しました。曰く、女性の貞操ばかりが取り沙汰されて、男性の貞操は問題とならないのがおかしいと、過激にすぎる論調を展開し…
02-24 21:31

RT @yk_sales: 【新刊見本入庫】日本史史料研究会監修•苅米一志著『日本史を学ぶための古文書•古記録訓読法』 http://t.co/cdilhm33UN なぜ、そう読めるのか?変体漢文を訓得するための、はじめてのガイドブック。2/27出荷開始! http://t.c
02-24 20:57

“漆掻き道具:職人は町の宝 「唯一」71歳の後継者大募集−−青森・田子 - 毎日新聞” http://t.co/JKoDH1W0hi
02-24 20:56

“寺倉弓恵 写真展「御蚕様と」 | コニカミノルタ” http://t.co/FO11GNsErT #きぬ
02-24 20:56

RT @mainichiRT: 漆の木から樹液を採る道具を作る技術が存続の危機にあります。作れるのは青森県田子町の鍛冶職人、中畑文利さん(71)だけです。 http://t.co/pWCiku7YbE 町では「中畑さんの技術は宝。何とか残したい」と、27日まで後継者を全国から募…
02-24 20:54

RT @herecomethewar1: 木地師(きじし)、近江を本拠地として良材を求め全国の山中に二十年三十年のスパンで流浪した民。彼等は木を伐るとき「あてみ」といって鉈で木皮を少し削り、森のために残すべき木と伐る木とを選別した。轆轤を使い栃などの木地のままの器を作った民。 …
02-24 20:54

RT @round_your_land: 寺倉弓恵 「御蚕様と」@コニカミノルタプラザ〜3/2http://t.co/TJNuWguQha廃業の増える養蚕農家。"祖父も養蚕農家だった。無くなっていくものを残したいという、義務感に似た願望が芽生え、撮り始めました"と。 …
02-24 20:54

@cm4vb  うはははははw ラコンブラード学院! あそこ南仏設定なのもよかったなあ
02-24 20:52

@cm4vb  ああ、なんか、はい、わかります。あそこまるまるほんとに正統派のフランス文学ぽい。オーギュ、詩人ですもんね!
02-24 20:49

@cm4vb  ですよね~。わたし、あのはなし、オーギュとアスランの関係がなかったらここまで好きじゃないです、たぶん。
02-24 20:40

“Location Scout III: Sparkle and shine | Victoria and Albert Museum” http://t.co/M2CLc8fMfz
02-24 20:37

RT @V_and_A: Embellishment is central to The #FabricofIndia. Guess what this border is decorated with? http://t.co/M9YVlvKBn4 http://t.co/
02-24 20:35

RT @Artssoy: ヴィオールの師匠、志水哲雄先生の最終講義が2月26日の16:30より昭和音楽大学南校舎A411教室で行われます。「人生に無駄な経験はない!~ヴィオラ・ダ・ガンバ、そして音楽療法~」と題した講義で、マラン・マレの曲も数曲演奏なさるそうです。入場無料との事…
02-24 20:33

“冬から春にかけて咲く椿――「花ごしらえ」や『椿姫』、茶花など - がらくた銀河” http://t.co/mNHbfp3MeI #古典よむ部 #お茶関連 #きものまわり
02-24 20:33

RT @nishinomiyakei: 西宮で「香櫨園・夙川」写真展-春樹や谷崎ゆかりの風景もhttp://t.co/7vDVp8YoFE http://t.co/Dt5JTvzn9o
02-24 20:22

RT @ogawads: 国立競技場、夜の足場。弱い明かりに照らされる足場も良いものです。 http://t.co/fdJPDi3ruY
02-24 20:18

RT @KJ_0004: 伽鹿舎に参画してくれることになった室町時代が専門の研究者が『「伽」は室町期の「御伽草紙(おとぎそうし)」に通じて侘びた古語に通じ、「御伽草紙」のように時代を超えて読み継がれてほしいとの願いが込められるので僕は好きです。』と言う。ああ、伝わってるなと嬉し…
02-24 19:37

@tatsurokashi  あ、それ、確実に心配フラグたちますね!w フィルムが残ってないの残念です。しかし、男のひと(主語大きい)というのは何故恋人やら愛娘やらを写真(映画)におさめたくなるのですかねえ。いや、わからなくはないですが。
02-24 19:36

@tatsurokashi  まんま、ですね! あー、そういうの見たかったなあ。お雛様っていうのがこれまた優美で妖しくていいじゃないですか!
02-24 19:22

はてなブログに投稿しました冬から春にかけて咲く椿――「花ごしらえ」や『椿姫』、茶花など - がらくた銀河http://t.co/ZTDejzh9sR http://t.co/EWlCKYAwWZ
02-24 19:19

@artkomoto  どういたしまして!
02-24 19:18

@KJ_0004  いやほんと、ですよねw すみません。。。
02-24 19:18

@tatsurokashi  タイトルからして、なんかこう、ぐっときますね!!! 監督・プロデューサーですか、さすがだなあ。浄瑠璃なんかとの関係も深そうで、人形を動かすあたりも興味深いですね。
02-24 19:17

RT @tatsurokashi: @isozakiai フィルムは残ってないんですが、「雛祭の夜」という映画では、人形を動かしたり、一部分を監督したりしてますので、原作・脚本だけじゃなくて、映画監督・プロデューサーの視点もあったと思います。
02-24 19:14

RT @sakuraeiga: 『世阿弥の能』DVD発売!――能の成立、世阿弥の生涯と足跡、初期から晩年の傑作までをじっくりご覧いただけます。http://t.co/kPzmiVKj9V http://t.co/03NjT7X5kc
02-24 19:07

RT @yuusakukitano: @tatsurokashi 私のは私小説でいいですよ。私小説であることとSFであることはべつに矛盾しないので。
02-24 19:06

@tatsurokashi  わあ、それは凄い楽しみです!! 谷崎と映画については外せないのは素人のわたしでも想像できますが、ソッチはもう全然わからなくて。さっきイコノロジーて書きましたけど、谷崎は目もイイひとなのでそのあたりの関わりについて教えてもらえるのはとても嬉しいです!
02-24 18:57

RT @tatsurokashi: @isozakiai 近年はYouTubeなんかのおかげで、谷崎=ナオミたちが観ていたと思われる映画についても、色々とわかってきたので、僕はそちら方面を補完したいと思っているんです。
02-24 18:52

@tatsurokashi  新潮は力いれてますね。こないだの話しではないですが、もう50年とか前になると当時の状況、注釈がないとわからないことも多いですからね。全集は千葉俊二さんのお名前が入ってるし新資料があるのが触れこみなので期待してます!
02-24 18:46

RT @KJ_0004: 『考える人』編集長・河野通和さんインタビュー 「編集者」を続けるということ|今月の特集1|みんなのミシマガジン http://t.co/j9uCEOFj1y この連載が沁みすぎて、じんわり何度も噛み締めています
02-24 18:18

RT @franceiine: 先週の土曜日、満潮時にモンサンミッシェルがまた島になりました。RT @Limportant_fr http://t.co/xUAQXeFnxS
02-24 18:18

(恩師が工作舎さんから出した本を買っていないことをふと思い出す夕べ。。。)
02-24 18:16

RT @7AChip: 工作舎だと書いておいて本の名前書いてなかった。『キルヒャーの世界図鑑」。表紙にパゴダがある。でもセフィーロートの樹の図版は小さいです。澁澤龍彦、中野美代子、荒俣宏という解説者の顔ぶれ。いかにも80年代ですね。 http://t.co/8nyU8jx4Dk
02-24 18:14

RT @kousakusha: 工作舎増刷情報:好評発売中の『賢治と鉱物 文系のための鉱物学入門』(加藤碵一+青木正博=著)、4刷ができました。宮澤賢治の言葉と、美しい鉱物写真で構成した本。ぜひご覧ください。http://t.co/FBt717rXag http://t.co
02-24 18:14

いいとおもいます! >RTさっきRTしたほう、色彩のはなしもあったあれ、ワカル。長文書いて消えたからもう書くきないんだけど、「少将滋幹の母」(今昔物語ネタ)のガジェットというか花やモノの配置(描写)の心得っぷりったらもうイコノロジーだなあと思いながら読んだのでなあ(遠い眼)
02-24 18:13

RT @tatsurokashi: うーん、結局は谷崎潤一郎もクロード・シモンも北野勇作も私小説、ということになってしまうんだが、それでいいよね
02-24 18:08

RT @tatsurokashi: シモンが私小説なのは、まあプルーストが私小説だから、で説明つくんですけど、谷崎の、方法としての私小説の取り込み方はちょっと巧妙すぎる。この技巧派めっ!
02-24 18:08

RT @bmrjp: ジェニファー・ロペスが制作総指揮、 同性婚カップルとその子どもたちを主人公に描く家族ドラマ『フォスター家の事情』が、BSテレビ局・ Dlifeにて27日(金)9:00より日本放送スタート。http://t.co/NSJrJWHMFP http://t.c
02-24 18:06

RT @hahaguma: #大学教員の何かのスイッチが入る瞬間 まとめ - Togetterまとめ http://t.co/njDhTLIGNi 「飲み会で真剣に説教してる最中に学生が鍋の火加減を調節したとき」(苦笑)
02-24 18:00

RT @okumura_d: おお、米澤編集長だ。聴きに行きたいな…。 RT @isozakiai: “祖父江慎+香山リカ+米澤敬+臼田捷治トークショー : BLOG : SUPER EDITION” http://t.co/KZW6Ki5sgw
02-24 17:59

“書評:古代の女性官僚―女官の出世・結婚・引退 [著]伊集院葉子 - 水無田気流(詩人・社会学者) | http://t.co/ExTzdTugYk:朝日新聞社の書評サイト” http://t.co/j7gWdC5b7b
02-24 17:44

“祖父江慎+香山リカ+米澤敬+臼田捷治トークショー : BLOG : SUPER EDITION” http://t.co/7cQdaeyzuo
02-24 17:40

RT @Na0oCo: 担当作の単行本発売日メモ……『重版出来!』5巻 4/10『王様達のヴァイキング』7巻 4/30『辺獄のシュヴェスタ』1巻 6/12の予定であります!
02-24 17:36

RT @miyokosroom: 少し前ですが、谷崎潤一郎著『瘋癲老人日記』の紅い沓について、こちらにまとめました。『細雪』も絡みます。よろしかったらどうぞ。https://t.co/QxYhQI56YX
02-24 17:35

@okumura_d  こちらこそ、本当にどうもありがとうございます。おはなし、とても楽しく有り難いものでした。「文士」でいらっしゃいますよ☆
02-24 16:36

@okumura_d  はい、わたしもそれに抗おうと小さな活動ですが、心掛けているつもりです。って、あわわわわ(汗)、なんの実績もないので今ホントにPCの前で小さくなってます……が、はい、ありがとうございます。奥村様も、御身体に気をつけて頑張ってくださいませ。応援しております!
02-24 16:21

@okumura_d  ほんと、そう思います。昨今の大学改革とか著作権のこととか憲法改正の動きその他色々とニュースを見ていると不安になるようなことばかりですが……少しでも残り続けられるよう踏ん張っていかないとなあって思ってます。
02-24 16:09

RT @okumura_d: 辰野隆、鈴木信太郎、渡辺一夫といった東大仏文黄金時代の学者たちから、慶応仏文の黄金期を築いた某教授に献呈された署名入りの本、大量に頂いて所有しているはずなのだけど、どこにいったかわからない。この間からずっと実家の書庫を探している。十数冊まとめて置い…
02-24 16:02

@okumura_d  ほんと格好良いですねえ。憧れます、なんかさっきから憧れますとかばっかり言ってますが(笑)。自分が文学が好きで失われつつあるものを愛おしむのがひとの業というだけにとどまらず、この国の行く末を思うときにも、そうした在り様が永く続くよう願っています。
02-24 15:51

@okumura_d  ああ……はい、その出来については容易に想像できます。研究者やディレッタントであることは必ずしも小説家としての力量を保証しないのです。でも「文学をやる」ていう言葉は凄く好きです。対象との距離の問題でなく生き方でもある。
02-24 15:37

@okumura_d  そのお言葉に勝手ながらとても楽しくなってしまいました。そういうの、イイですね。学問の世界にかぎらず、師匠と弟子の関係をもてる、というのは素晴らしい貴重な経験だと思います。しかも昔気質の師匠となれば余計に!
02-24 15:28

@okumura_d  文士がたまたま、はい。そうですよね、そういう感じです。折口とか吉田健一とか、いいですねえ、羨ましいです。うっかりっていうのがまた、とても洒落た感じで、いかにもって感じで素敵ですね。
02-24 15:23

@okumura_d  風雅や典雅、ああ、美しい佇まいですねえ。大学の先生方にも学問研究によって陶冶された魅力ある人格者、ていう趣がありましたよね。少し古い時代の小説家のエッセイなど読んでいますとそういう先生方との触れ合いが描かれていて憧れます。少なくなってしまったのは残念です。
02-24 15:10

お友だちにあげても喜ばれそう。 / “「岩波文庫ポーチ」進化中、試しに作ったら新製品まで 一番人気は… - withnews(ウィズニュース)” http://t.co/QzEV4zrSD6 #かわいい #プレゼント
02-24 14:55

RT @okumura_d: 「岩波文庫ポーチ」進化中、試しに作ったら新製品まで 一番人気は… - withnews(ウィズニュース) http://t.co/V2F4lxTABN #withnews
02-24 14:53

RT @miyokosroom: 辰野 隆著『忘れ得ぬ人々と谷崎潤一郎』 (中公文庫) 到着後の第一声をこちらに書きました。『細雪』についてです。よろしかったらどうぞ。https://t.co/jGvxpdXhP0 http://t.co/Zm8ZilCv9V
02-24 14:50

@okumura_d  おっしゃるとおりですね。それぞれに個性際立つ作家さんはいらっしゃいますが、「文士らしい風格」というのがそもそもなくなってしまったんだろうなあと。古めかしい価値観ではありますが、一徹や気骨といった文士に似合う言葉もまた失われつつあるようで残念です。
02-24 14:49

@okumura_d  あれは笑っちゃいますよね。羽織袴でパイプというお姿がさすがにきまってて、風格があってかっこいいなあって思いました。
02-24 14:26

@okumura_d  これ、オモシロイですよね。いくら家電メーカーのCMとといっても、なんか受けました。とはいえカラーで動いてる川端が見られるのはありがたいです。
02-24 14:14

106 超絶ひさしぶりに伴走メモを再開した。 - がらくた銀河 http://t.co/qxSDZiPvAp
02-24 13:57

RT @sounds_so_good: 夜中にたどり着いてしまったZiGGi STUDIOというムガル帝国風装束全面推し英国メンズファッションブランドのサイト見てるんだけど、変な声でるわ。http://t.co/Teu9ZDvSAr
02-24 13:55

“T-BOX通信 : 今週の光内、今週のフルイ、頑固者が居ない” http://t.co/TdzmX0mg3w
02-24 13:54

RT @Tbox_tokyo: T-BOX通信 : 今週の光内、今週のフルイ、頑固者が居ない http://t.co/QacW4y8FuW
02-24 13:53

http://t.co/ZH252HY1S7: 吉岡 幸雄:作品一覧、著者略歴” http://t.co/6rfQYRjVJT
02-24 13:35

http://t.co/a3P5bHN0djhttp://t.co/lXkLiuMrP4
02-24 13:34

“色の万華鏡” http://t.co/frohioKhWJ
02-24 13:32

“お水取り前に「花ごしらえ」 - NHK奈良県のニュース” http://t.co/hLdfhKSOUJ
02-24 13:28

RT @kojomrmt: 東大寺二月堂修二会。本尊・十一面観音菩薩の周囲には「椿の造花」約400個が供えられます。「お水取り前に『花ごしらえ』」 http://t.co/vjYvbsLJ2I #nara #shunie #修二会 http://t.co/vvgTi7imt7
02-24 13:27

“川端康成のカラーフィルム映像発見 NHKニュース” http://t.co/49Nc1eoaLN #川端康成
02-24 13:12

RT @artkomoto: 個展なびで、来週からの展示 自転車のある風景展4が紹介されています。皆さんのお出でをお待ちします。この私の作品は、たけくらべhttp://t.co/PEDPv2RaCO高円寺の純情商店街で見た光景の印象です。... http://t.co/
02-24 12:59

“湯川遥菜さんの所持品を返還/シリア反体制派幹部 | 全国ニュース | 四国新聞社” http://t.co/NXtCRuOE2Q
02-24 12:53

“「方丈記」の大地震跡、京大が発見 東山の植生に影響か:朝日新聞デジタル” http://t.co/HiIK1gtuD7
02-24 12:51

@1009alice 朱鷺さんもですか!なかなかインプットとアウトプットのバランスがうまくいきませんねえ(溜息)。どうもありがとうございます!!! ちょっとずつ書いてってるので待っててくださいね。
02-24 12:45

プリーモ・レーヴィ、神曲のところは号泣した。
02-24 01:04

RT @yasumi_: 多少のずるいことも含めて生き残る方法を考えました。私はこのことに非常にショックを受けました。考えてみると人間を構成しているのは、大変な思想であったり、芸術であったりするよりもまず日常生活なのです。日常生活こそが人間の文化をつくりあげているひとつの技なの…
02-24 01:04

RT @yasumi_: 知識人と比較しながら書いているのです。彼と同じくアウシュヴィッツにいた仲間の一人に知識人がいました。知識人はそこで生命とか存在とかの意味を考えてしまうのです。しかし、それでは生き残れない。人間であることを失ってしまう。犠牲になるだけなのです。プリーモ・…
02-24 01:04

RT @yasumi_: 私たち日本人とは違ってものすごい文学的教養を持っています。ダンテの『神曲』をすべて暗記しているわけですからね。普通の人間であるプリーモ・レーヴィは、日常生活をはぎ取られたときに人間は崩壊するのだと考えました。それを必死になって守ることこそが重要だったの…
02-24 01:04

RT @yasumi_: "私が日常生活の大切さを発見したのは、プリーモ・レーヴィの小説を読んでいるときでした、プリーモ・レーヴィは決して天才ではありません。抜群の天才が書いた小説ではないのです。普通の人なのです。私たちと変わらないまったくの普通の人です。ただ、イタリア人という…
02-24 01:03

RT @1009alice: 天女のように 8 憧憬 http://t.co/8FqsQQiOQC
02-24 01:01

100  「境界」と「距離」と - がらくた銀河 http://t.co/aerMjlVLEW ダニロ・キシュ
02-24 00:57

このころのほうがやっぱり読んでたなあ。いや、今も本は読んでるけ資料系が多くてじつは「小説」あんまり読んでないような、ていうことに気がついた。
02-24 00:55

2010年の10冊、ていうか、わたしはほんとにこういう夢を見ちゃうんです>< - がらくた銀河 http://t.co/yiYKYa9HRD
02-24 00:53

“大正時代の文房具、見たくない?―八重洲文具室で「大正・昭和 アンティーク文具展」開催 - えんウチ” http://t.co/AQaZ2Dgx9U
02-24 00:39

RT @TOSHIO_FURUKAWA: 今夜、怪獣酒場でご一緒させて頂いた西村誠芳先生の、『レンズマン』キムボール・キニスン @NISHINOB: 今日の一枚〜\(^o^)/ http://t.co/h1iYggP5G6
02-24 00:05

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ainokarakuri.blog42.fc2.com/tb.php/1727-4afb3697

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
オリジナル小説サイト『唐草銀河』(R18一部例外あり)の管理人・磯崎愛です。
SFとファンタジーと世界文学とアート好き。
わんこ狂い。特に北海道犬!
甘辛両刀(ニヤリ)。
がらくた銀河』なんてのもやってたり☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
(0)
更新のお知らせ (30)
拍手レス (22)
ちったー☆まとめ (2528)
文学批評 (1)
映画 (1)
ロレンス・ダレル (1)
後藤明生 (0)
西行 (1)
アート (4)
デイヴィッド・ブリン (1)
ラクロ (1)
トマス・ピンチョン (1)
ドストエフスキー (1)
ジャン・ジュネ (1)
シオドア・スタージョン (1)
ジーン・ウルフ (2)
トマス・M・ディッシュ (1)
栗本薫 (2)
森鴎外 (1)
マーク・トウェイン (1)
太宰治 (1)
ジョン・バース (1)
R・A・ラファティ (2)
小説家の小説本など (1)
エッセイ (1)
コニー・ウィリス (1)
科学 (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
ミロラド・パヴィチ (2)
ライトノベル (1)
翻訳 (3)
アレクサンドル・デュマ (1)
ダンテ・アリギエーリ (1)
宿題 (2)
恋愛もの (3)
新倉俊一(仏) (2)
音楽 (4)
谷崎潤一郎 (2)
イベント告知 (2)
ベストもの (1)
ミケランジェロ (1)
ふぇみ (1)
鹿島茂 (1)
パスカル・キニャール (1)
神曲関連 (1)
みゅるみゅる(つぶやき) (0)
お知らせ (4)
ヴァージニア・ウルフ (1)

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示