isozakiaiの呟き置き場(旧:愛のカラクリ、AI日記)

彷徨ってますw ここにはツイッターおいときます。

02/04のツイートまとめ

isozakiai

RT @ichimatsu_smith: 何故みなし子私生児が王子であったか、単にかわいそうだからではありません。一度、親より殺されてあるもの、親から子殺しされてその烙印を額におされた者が、それをはね返して酷い現実をひきうけて生きたからです。(中上健次「物語の系譜」)
02-04 23:31

RT @ichimatsu_smith: むしろここでは「私生児」という比喩に着目したい。「物語の系譜」において「すべての物語の主人公は子供」であると述べた中上は宇津保物語やオイディプス王を引きつつ私生児こそが「物語の正統な王子である」としている。その視点からカリブ海の島々で生…
02-04 23:30

RT @ichimatsu_smith: 実際のところ、一九四六年法はフランス領カリブを本土の県にしたのではなく、「海外県」に、つまりは二級の県に、継子のような存在にしたのである。この法律がもたらしたのは「県化」という私生児だ。(ダニエル・ゲラン『脱植民地期のアンティル諸島』※…
02-04 23:30

http://t.co/ZH252HGr0z: 世の初めから隠されていること 〈新装版〉 (叢書・ウニベルシタス): ルネ・ジラール, 小池 健男: 本” http://t.co/mAajn0ZeQy
02-04 22:34

“世の初めから隠されていること 〈新装版〉 « 法政大学出版局” http://t.co/GuTNwtuIVQ
02-04 22:31

@phantom_f61  まあ、じゃあそういうことにしておいてさしあげませうw 逆にいうと、そこが難しいから書かれないんでしょうけどね。小説巧者しかものにできない。殊能先生にならって、谷崎の「吉野葛」をおすすめしておきます。土地のはなしでもある。
02-04 22:29

RT @eigacom: 【NEW】「パプーシャの黒い瞳」予告編 http://t.co/g0Es0VBuqB http://t.co/WfXSFSqyL0
02-04 22:24

RT @PQuignard_Bot: 私たちは自分を許容してくれるひとつの帰属を告白するのだ。たとえば、低次元の多かれ少なかれ獰猛で、きわめて数の限られた機能の面から見れば、私たちはすべて動物のように思える。私たちは、もっとも共通した部分ではみな同類であると思うことで安堵を、さ…
02-04 22:16

@phantom_f61  近代小説ちゃんと読んでるはいりさんに今さら言うことじゃないのは承知で。長編の「物語性」や短編の「運動」にも寄りかからずに小説を成り立たせる中編で書き手が何をやれるのか、ていうのは面白いんじゃないかなあってだけのはなしです。
02-04 22:14

うん、わたしの認識であってるじゃん、ねえv >RT 中編
02-04 22:04

RT @phantom_f61: ちなみに、手元の国語便覧によると「400字詰原稿用紙で100枚ぐらいまでを短編、120~250枚程度を中編、300枚以上のものを長編とするが厳密な区別はない。10枚以下の短編はコントとか掌編小説とか小品と言って区別する」とあった。ううむ…。
02-04 22:02

@phantom_f61  いや、そのひとにはそのひとの得手不得手があるから無理強いはしません。でも中編を書いてみることは「小説」と「物語」について考えるひとには凄くイイ結果が出るだろう見通しはあるので。長編のストーリー性にも偏らず、ていうあたりの妙味はあるでしょう、というはなし
02-04 21:57

“骨折してなくても着けたい。最近のギプスが超カッコイイ - NAVER まとめ” http://t.co/lpWVLM2BDe
02-04 21:34

RT @cm4vb: なにげにケガ人多発なTL。なので。【骨折してなくても着けたい。最近のギプスが超カッコイイ】 http://t.co/jmdrY5onQd
02-04 21:33

RT @KJ_0004: 加地は鉄筆文庫さんの「創刊の辞」がすきなのです。渡辺さんの飾らないまっすぐな言葉が、奇をてらうことも背伸びをすることもなく、ただ素直に紡がれた言葉がすきなのです。「100年後も読まれる本の出版を目指す」それを心から応援し、尊敬しています。勿論「片隅」に…
02-04 21:32

RT @t_echizen: #翻訳書でしつこく繰り返される表現 というタグで、何度も出てきて気になることが多い表現を集めています。使ってはまずいというわけではありませんが、どういう表現が紋切り型や手垢にまみれたものと感じられているかがわかり、訳語選びの参考になるので、どうぞよ…
02-04 21:27

@phantom_f61  50枚は短編だとおもいます。30枚とさほど変わらない作法が通用するので。これが違うふうに対処しなきゃならなくなると「別物」と認識したほうがいい、というふうにわたしは考えます。まあ、「作法」なんてイロイロですけどねw
02-04 21:24

@phantom_f61  明確な基準はないでしょうが、たぶん100枚は越えて単行本にならない(300枚に満たない)程度の分量が相応すると思われる。じぶんで書いておもうのは短編長編それぞれの得手不得手を相殺しあうから難しいのだろうと。恐ろしく技巧が要るのが中編かなと。
02-04 21:22

“ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美” http://t.co/zB04lO2KCY
02-04 20:07

“ボッティチェリとルネサンス フィレンツェの富と美 | 展覧会情報 | ザ・ミュージアム | Bunkamura” http://t.co/pO6FsO1hNg
02-04 20:04

“【西宮】ラフカディオ・ハーンと小松益喜の描いた神戸クロニクルを訪ねる【西宮ブログ】” http://t.co/AufSZVeSku
02-04 19:49

RT @seitaro4: ラフカディオ・ハーンと小松益喜の描いた神戸クロニクルを訪ねる「わたくしの机は壁に面していたが、その壁の上に大きな窓があった。そこから通りをいくひとを眺めることができた。これまで日本において見てきた風景とはひどくかけ離れた光景が...http://…
02-04 19:48

@literaryace  ですね。ただし、駅はまだしも道端の地図は都内では更新されてないことがひじょうに多いんですよね、あれが困るのです。。。でもほんと、あのてのオシャレ地図撲滅は声高に叫びたいです!
02-04 19:44

@KJ_0004  わたしもです!!! 初めて行く画廊は先に調べてきますよ、銀座ならまあ区画整理されてるから番地でどうにかなる可能性がありますが、それ以外はわかりやすい地図にしてほしいと真剣におもいますね!(←語気荒く言い放つ)
02-04 19:40

ちなみに、大好きなひとに『恋する虜』のあの頁は先日写メして送ったところである。
02-04 19:34

そして、うれしい。。。ずっとジュネの言葉を自分以外のひとのツイートで読みたいとおもってたから!!!
02-04 19:33

@literaryace  そうなんですよ、と加地さんに返事してたらまさにの回答が!(笑)
02-04 19:32

@KJ_0004  いや、マジで。いまはスマホ等で検索できるとかいうひともいるけど、ギャラリーめぐりするひとはわりと高齢者多いし、ていってたら。
02-04 19:31

RT @b4mori1: ジャコメッティの芸術は、物たちの間に、ある社会的絆ー人間とその分泌物ーを樹立するような社会的芸術ではない。むしろ高等な浮浪者たちの芸術、彼らを結びつけうる物が、すべての人、すべての物の孤独の承認であるほどに純粋な、浮浪者たちの芸術であるだろう。ーージ…
02-04 19:29

RT @b4mori1: 彼:きれいだ(セ・ジョリ)!・・・きれいだ!・・・目を見開いた彼の微笑はかわいらしい。彼はテーブルの上一杯の、あらゆるガソリン瓶を覆っている埃の話をしていたのである。ージュネ『ジャコメッティのアトリエ』三三#埃
02-04 19:29

RT @b4mori1: (承前)永遠の現在のようなものにではなく、むしろ、ある過去からある未来へのめくるめくような、不断の疾走に、一つの極限から他の極限への、休息を阻止する振動になるように。ーJ. ジュネ『アルベルト・ジャコメッティのアトリエ』三二#静止なき運動
02-04 19:28

RT @b4mori1: 一つの物を孤立させ、そのなかへ、それ固有の、それだけが持つ意味の数々を流入させるあの能力は、見る者の歴史的廃棄によってしか可能にならない。おのれをどんな歴史からももぎはなすため、見る者は例外的な努力をしなければならない。(続く)ージュネ『ジャコメッテ…
02-04 19:28

RT @b4mori1: ジャコメッティが描いた顔は、余りに生命を蓄積したために、生きるべき時間がもう一秒も残っていないかのように、なすべき仕草がもうひとつも残っていないかのように見える。そして、(死んでしまったのではなく)とうとう死を知ってしまったかのように。ージュネ『ジャ…
02-04 19:28

RT @HAYASHI_twit: 「あなたにはどうすることもできないある必然に捕らわれている。私は私がそうであるところのものでしかないのだから、私は破壊されえない。私がそうであるところのものである、留保なしにそうであるがゆえに、私の孤独はあなたの孤独を知るのである」―ジャン・…
02-04 19:27

RT @HAYASHI_twit: 《言葉のありとあらゆるイマージュをかくまってこれを使うこと、なぜならこれらのイマージュは砂漠にあり、そこに探しに行かねばならないから》―ジャン・ジュネ『恋する虜:パレスチナへの旅』人文書院(死の直前に記された最終校正冒頭の注)
02-04 19:27

これ、ギャラリー関係者にほんとマジで言いたい! >RT
02-04 19:24

RT @asa_co: 隠れ家っぽいギャラリーにありがちな何の役にも立たないオシャレ地図まじなんとかして
02-04 19:23

“家を借りることがリスクの時代:檻のない「牢獄」と化した実家(藤田孝典) - 個人 - Yahoo!ニュース” http://t.co/Jjttent80v
02-04 19:22

「ぼくはね、無人島でだって書きますよ。誰もいなくても、うん、神様に向かって、書くと思う」 / “神様にむかって、書くと思う ──夢枕獏(作家) | pre-片隅” http://t.co/HXhK9OFvnX
02-04 19:18

RT @kajikasha: 神様にむかって、書くと思う ──夢枕獏(作家) http://t.co/1KNlEMokRf
02-04 19:17

RT @b4mori1: 私が理解するような孤独は、悲惨な状態のことではない。それはむしろ秘密の王国であり、深い伝達不可能性であり、それでいてしかし、難攻不落の単独性の多少とも晦渋な認識のことである。ーーJ. ジュネ『アルベルト・ジャコメッティのアトリエ』二四−五#孤独 #…
02-04 15:12

RT @b4mori1: あれは私だ。ある日、通りで、自分がこんな風に見えたんだ。私は犬だった。ーーJ. ジュネ『アルベルト・ジャコメッティのアトリエ』ジャコメッティ『犬』1951http://t.co/NQdSK7UNNn
02-04 15:12

RT @b4mori1: 一つ一つの事物がその無限の空間を創出する。…それは私に、絵画として、物のまったき孤独において現れる。…誰であれ、たえてこの孤独に驚嘆したことのない者は、絵画の美しさを知ることはないだろう。ーJ. ジュネ『アルベルト・ジャコメッティのアトリエ』十七#…
02-04 15:12

(いつでも誰とでも何でも話せるひとばかりじゃないよなあ、と・・・)
02-04 15:01

RT @tatsurokashi: 心を落ち着かせるために、細雪を読みます。恐るべき日本語。KING of 日本語。
02-04 14:31

“Madame Bovary - Official Trailer - YouTube” http://t.co/njFARKKiuu
02-04 14:31

RT @b4mori1: 死者たちの民に、ジャコメッティの作品は、一人一人の人の、一つ一つの物の孤独の認識を伝える、そして、この孤独こそが、私たちのもっとも確かな栄光なのだということを。ーJ. ジュネ『アルベルト・ジャコメッティのアトリエ』十六
02-04 14:31

RT @TomitaKentaro: 『ボヴァリー夫人』のトレイラーが。ミア・ワシコウスカなのか。http://t.co/PDG6lvsrhmちなみに、予告編だけどR指定なので、よい子は注意。
02-04 14:17

“小説家、山田風太郎のダットサン発見 兵庫 (産経新聞) - Yahoo!ニュース” http://t.co/HAahXD1sgz
02-04 13:41

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ainokarakuri.blog42.fc2.com/tb.php/1707-45eaf577

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
オリジナル小説サイト『唐草銀河』(R18一部例外あり)の管理人・磯崎愛です。
SFとファンタジーと世界文学とアート好き。
わんこ狂い。特に北海道犬!
甘辛両刀(ニヤリ)。
がらくた銀河』なんてのもやってたり☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
(0)
更新のお知らせ (30)
拍手レス (22)
ちったー☆まとめ (2471)
文学批評 (1)
映画 (1)
ロレンス・ダレル (1)
後藤明生 (0)
西行 (1)
アート (4)
デイヴィッド・ブリン (1)
ラクロ (1)
トマス・ピンチョン (1)
ドストエフスキー (1)
ジャン・ジュネ (1)
シオドア・スタージョン (1)
ジーン・ウルフ (2)
トマス・M・ディッシュ (1)
栗本薫 (2)
森鴎外 (1)
マーク・トウェイン (1)
太宰治 (1)
ジョン・バース (1)
R・A・ラファティ (2)
小説家の小説本など (1)
エッセイ (1)
コニー・ウィリス (1)
科学 (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
ミロラド・パヴィチ (2)
ライトノベル (1)
翻訳 (3)
アレクサンドル・デュマ (1)
ダンテ・アリギエーリ (1)
宿題 (2)
恋愛もの (3)
新倉俊一(仏) (2)
音楽 (4)
谷崎潤一郎 (2)
イベント告知 (2)
ベストもの (1)
ミケランジェロ (1)
ふぇみ (1)
鹿島茂 (1)
パスカル・キニャール (1)
神曲関連 (1)
みゅるみゅる(つぶやき) (0)
お知らせ (4)
ヴァージニア・ウルフ (1)

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示