isozakiaiの呟き置き場(旧:愛のカラクリ、AI日記)

彷徨ってますw ここにはツイッターおいときます。

10/12のツイートまとめ

isozakiai

“私の中のシルクカントリー” http://t.co/p5NNXx3ZBD #ひゃくねんれいぞうこ
10-12 23:22

“グンゼ - Wikipedia” http://t.co/2JvKN7lGK8
10-12 23:03

“沿革 | 会社情報 | 片倉工業” http://t.co/aX56ZPzzus
10-12 23:03

“沿革・歴史|企業情報|グンゼ株式会社” http://t.co/fRAOP4MpRk
10-12 23:01

“片倉財閥 - Wikipedia” http://t.co/32FK5wS2Sw
10-12 23:00

“グンゼ株式会社” http://t.co/C9Qy6iSc8O
10-12 22:59

“片倉工業 - Wikipedia” http://t.co/6fTVMlZUcI
10-12 22:58

“片倉工業ホームページ” http://t.co/0PvfVQpIR7
10-12 22:56

“10/26 池央耿さん講演会 | トピックス | 河出書房新社” http://t.co/83uQlRSSIJ #イベント・展覧会
10-12 22:34

RT @Kawade_shobo: 翻訳家・池央耿さんの講演会が専修大学で開催されます。一般参加も歓迎、入場無料、予約不要とのこと。10月26日(日)15時より専修大学神田キャンパス5号館・542教室にて http://t.co/sAxhQ0NLro
10-12 22:34

“映画『聖者たちの食卓』公式サイト” http://t.co/sZ6c909nYh #cinema
10-12 22:19

“世界遺産 - Wikipedia” http://t.co/4PpfdgRP8x
10-12 22:18

“フェルクリンゲン製鉄所 - Wikipedia” http://t.co/TlZFiZ0k81
10-12 22:17

@wacky0915  どうもありがとうございます~! 演奏によって曲って違うふうに感じられるものですね。そしてアルゲリッチ、若い!
10-12 21:37

RT @usaurara: 「たんたん短歌」更新しました ~秋 住吉川甲南小学校 https://t.co/wry4u7TP8M #crunchmagazine
10-12 21:11

@wacky0915  あ、別府じゃないですか? むかし出張したときに使ったホールがそこで、ここにアルゲリッチ来るんだーって羨ましくなったおぼえがあります。そうですか、探してみます!
10-12 20:07

@wacky0915  これ、気になりますよね~。コンサートに行ってみたいです!
10-12 19:55

RT @Kei_uzk: フィレンツェ市民botの出典一覧が一部文字化けしていたのをなおしてみました。スマホ等の端末でもこれで表示されるようになったのではないか...と思います。 http://t.co/SfdZFFykgZ
10-12 19:51

“映画『アルゲリッチ 私こそ、音楽!』オフィシャルサイト” http://t.co/i9XCLvU77F #cinema
10-12 19:46

RT @bubiwohanamura: 少なくとも小説においては、正論の残酷さに荷担したくない。
10-12 19:01

RT @201yos1: キリスト教にとって、悪の問題と苦しみの問題は、共に本質的な問題だが、悪と苦しみには決定的な違いもある。悪だと思っていたものが別の角度から考えると悪ではなかったということはありうるが、苦しかったことが後から考えると苦しくなかったということはありえない。苦…
10-12 16:46

RT @Ahondaraunk: 日本銀行本店などを設計し、日本近代を代表する建築家であった辰野金吾の息子の辰野隆は谷崎潤一郎と同級生であり、東大仏文科で小林秀雄や三好達治を育てるなど多くの文学者と交流があり、彼の結婚式でピーナッツを食べた夏目漱石は胃潰瘍を再発して死んだ。明…
10-12 16:20

二日酔いになってしまった https://t.co/FI3PmowGyw
10-12 16:17

RT @orionaveugle: 人のドロドロした内面それ自体がポジティヴな影響を与えることは少ないが、「作品」にまで昇華されていれば話は別。なので、そうしたドロドロした内面を、そこに淫するべきものに終わらさせず、「作品」にまで仕上げることができれば、新しい世界が拓かれうると…
10-12 16:12

RT @raurublock: さっきの @HighTaka との話だが、「日本人は有能な人より無垢な人の方に好感を持つ」てのが、政治家にしろアイドルにしろ会社内の話にしろ、割と普遍的に言えそうに思う
10-12 15:39

RT @coco_n: 昨日のどじっ娘ミツバチがえらい勢いでRTされているが、一番よく見かけるうっかりシーンは、こんな風に飛んでるときにおでこをぶつけるところ。だいたいこの後あわあわしながら急いで飛び去るが、何が起こったか理解していない模様。 http://t.co/WETqQ
10-12 14:37

@kyouko_chang  ういうい、楽しみにしてます~!
10-12 14:18

poeゴンクエスt! https://t.co/56Cnuc9UdB お、てんてーへいかの新作☆
10-12 14:14

@mundburg  はい、そのとおりかと。三島はあのラストで、精緻に、または絢爛に積み上げた砂曼荼羅を掌ひとつで薙ぎ払う手妻を見せました。「太陽と鉄」などというエッセイを書きながら、あれは黄金の書の普遍ではなく、月の海の名に相応しい白銀の書の美々しさを讃えたものと感じてます。
10-12 14:11

“「のさり」と生きる:番外編 「弱さ」ってすごい 高橋源一郎さんインタビュー - 毎日新聞” http://t.co/nhrG9vznTO
10-12 13:58

@mundburg  『火の鳥』という作品は恐ろしく、凄まじく、そしてとても美しい。キャラクターは時空間を超えて死と再生をくりかえす。バルザックの腕は、太いですね。抱きしめる力はとても強く、暑苦しいくらいかも。三島由紀夫がどこかで時代を描くということを書き残してましたねえ……
10-12 13:51

@mundburg  ああ、手塚治虫!! あのキャラクター・システムの魅力も底知れないです。あ、君はここにもいたのか、なんて笑っちゃったりします。体臭、いいですね。二次元じゃなくて身体に厚みがある感じがして。19世紀とあの時代の小説には汲めども尽きせぬ魅力があって、大好きです。
10-12 13:34

@mundburg  賛成ありがとうございます! バルザックのキャラは強烈なんですが極端であっても作り物めいた感じがまるでなくて、まさにごりごりと押されるようにして胸に迫るんですよね。馬力があると言いましょうか、深みにはまるように酔い痴れることができる作品です。
10-12 13:22

バルザックは面白いよね。キャラの立ち具合はらのべっぽいし。 / “バルザック『ゴリオ爺さん』:さすが元祖大衆小説。おもしろい! - 山形浩生 の「経済のトリセツ」” http://t.co/fkzkNj0D6p #バルザック
10-12 13:01

RT @cbfn: 「kyosaku=警策、曹洞宗が修道の修行に用いる棒」ってなピンチョンの一節に、警策使うのは曹洞宗だけじゃないだろうが、とツッコミを入れそうになって調べると「警策」は曹洞では「キョウサク」と読み、臨済では「ケイサク」と読むようで、ピンチョンの記述が正しい。教…
10-12 12:31

RT @horikawad: なんだこりゃ。 / 深海ドリーム 高井研 vs 深海マザー「マジでキミら何なん?」「何がでございましょう」突然の深海論争勃発! http://t.co/5G5xoC6K7O
10-12 00:46

RT @ken_nishizaki: 短歌で嘘もほんともたくさん言いましょうよ。そのなかで大体いいのが残ってくでしょう。判断は時間にまかせればいい。個人はまあその歌がいいと思ったらいいと言えばいい。それだけのことでは。いま結論は出さなくていい。
10-12 00:39

“断片的なものの社会学 第8回「笑いと自由」 | 朝日出版社第二編集部ブログ” http://t.co/MXBWKuLmbt
10-12 00:37

RT @modi_operandi: 「どうしても逃れられない運命のただ中でふと漏らされる、不謹慎な笑いは、人間の自由というものの、ひとつの象徴的なあらわれである。そしてそういう自由は、被害者の苦しみのなかにも、抵抗する者の勇気ある闘いのなかにも存在する。」http://t.…
10-12 00:36

わたしも、そうおもっていきてるなあ。。。 >RT
10-12 00:32

RT @ken_nishizaki: えーと、短歌は大体虚構ですから。ついでにいうと文章というものは大体虚構だと思います。さらについでにいうと人間というのも大体虚構です。
10-12 00:32

アクチュアリティーやら独自の視点といったもの等があるかどうか https://t.co/kyOuSeVmQO 今日わたしが編集S氏とはなしたことのメモ的に。
10-12 00:24

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ainokarakuri.blog42.fc2.com/tb.php/1601-843b250c

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
オリジナル小説サイト『唐草銀河』(R18一部例外あり)の管理人・磯崎愛です。
SFとファンタジーと世界文学とアート好き。
わんこ狂い。特に北海道犬!
甘辛両刀(ニヤリ)。
がらくた銀河』なんてのもやってたり☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
(0)
更新のお知らせ (30)
拍手レス (22)
ちったー☆まとめ (2472)
文学批評 (1)
映画 (1)
ロレンス・ダレル (1)
後藤明生 (0)
西行 (1)
アート (4)
デイヴィッド・ブリン (1)
ラクロ (1)
トマス・ピンチョン (1)
ドストエフスキー (1)
ジャン・ジュネ (1)
シオドア・スタージョン (1)
ジーン・ウルフ (2)
トマス・M・ディッシュ (1)
栗本薫 (2)
森鴎外 (1)
マーク・トウェイン (1)
太宰治 (1)
ジョン・バース (1)
R・A・ラファティ (2)
小説家の小説本など (1)
エッセイ (1)
コニー・ウィリス (1)
科学 (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
ミロラド・パヴィチ (2)
ライトノベル (1)
翻訳 (3)
アレクサンドル・デュマ (1)
ダンテ・アリギエーリ (1)
宿題 (2)
恋愛もの (3)
新倉俊一(仏) (2)
音楽 (4)
谷崎潤一郎 (2)
イベント告知 (2)
ベストもの (1)
ミケランジェロ (1)
ふぇみ (1)
鹿島茂 (1)
パスカル・キニャール (1)
神曲関連 (1)
みゅるみゅる(つぶやき) (0)
お知らせ (4)
ヴァージニア・ウルフ (1)

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示