isozakiaiの呟き置き場(旧:愛のカラクリ、AI日記)

彷徨ってますw ここにはツイッターおいときます。

08/09のツイートまとめ

isozakiai

おっちゃんの色メガネ ~ お盆なんで歴史ある旧い街について https://t.co/aZIavpPYsV
08-09 23:43

ラノベの次 https://t.co/1kFF16OXkB
08-09 23:42

“キャピタル・タワーと雷について | ひびのたわごと” http://t.co/Ee6eIBsgLa
08-09 22:34

“原子炉破損で燃料のウラン飛散か NHKニュース” http://t.co/HGdNrpvrjp
08-09 22:32

“営業女子、業種を超えて結束 「男」の世界に風穴  :日本経済新聞” http://t.co/4OH3Wg07bD
08-09 22:01

@usaurara  ういうい、しましたー☆ マジレスで、ペットがいるって作品的にけっこうな重要事なので、好い展開だとほくそえんでまする!
08-09 20:48

RT @usaurara: @isozakiai https://t.co/IE1Wjk2TJt #crunchmagazine お返事かたがた^^
08-09 20:43

@usaurara  わはは、お待ちしてました! 黒猫の「マジうざい」、サイコ―ですwww 
08-09 20:43

小咄「猫と花火と膝枕」 https://t.co/eF43BxTZVJ ごめん、また浮気してるw うささんのhttps://t.co/Xn8v1FEkT4への返歌みたいなもの。
08-09 19:34

@literaryace  いえいえ~☆ 「度量」大事っすよ!
08-09 17:58

たとえば、 https://t.co/yqo6easmct 「でもそれも受け入れられるくらいの度量はほしい」はげどー☆
08-09 17:54

RT @koikekazuo: だから、今のサイクルの速い時代の作家は、自分の作品を作るリズムと成熟を常に意識していなくてはならない。しかし、一旦駄目にならない作家などいない。書けない時期があって当然なのだ。心配はいらない。過去の作品は、必ず次の作品を呼ぶ。(小池 一夫)
08-09 16:52

RT @koikekazuo: 昔の作家の年譜を読ンでいると、作品を発表していない時期が、5年10年とあったりする。しかし、次に出す作品は、スケールが大きく深みを増している。今は、移り変わりが速すぎて、世間は作家の成熟を待ってくれない。このサイクルの速い時代に対抗出来るのは、本…
08-09 16:52

RT @12556295: @kyouko_chang 万延元年もいいですね。ぼくは、偏屈なので、評価が悪かった、安部公房にダメだと言われたSF「治療塔」が好きでしたな。あとは「取り替え子」とかも。
08-09 16:43

RT @kyouko_chang: 飼育と死者の奢りしか読んだことないけどどっちも好きだった*\(^o^)/*
08-09 16:43

お、なにげに大江さんTLになっているw まだ読んでない作品いっぱいあるけど、『~フットボール』は忘れがたいなあ。
08-09 16:42

@HAYASHI_twit  くらーい森の奥とは逆に、ひらかれた海を臨みながら、というのもよかったのでしょうね☆ 
08-09 16:41

@HAYASHI_twit  学生時代に『死者の奢り』を読んだきり十数年ぶりの大江さんでしたが、子どもが冒険譚にハマる感じで一気読みでしたね~。そうです、外房の海の見える部屋で。
08-09 16:25

RT @nuryouguda: #Gレコ http://t.co/1nEHNAjYDK 海賊Tシャツとリストバンド、あと「元気のGだ!タオル」カッコいいな。絵コンテだけでなくグッズも購入決定だな。Gレコ課金のために秋までには就職したい!(生きる意志を高める富野
08-09 15:24

『万延元年のフットボール』は御宿の籐椅子で一気読みした。手に取ってから、ひたすらずーーーーっとそれ以外のことは何もしないで読みまくった。ムチャクチャ面白かったなあ。子ども時代の夏の読書みたいな体験が出来た気がする。
08-09 15:21

RT @HAYASHI_twit: 大江健三郎は自分にとっては決して特別な存在ではないのだけれど、『万延元年のフットボール』は特別な作品。あの張りつめた緊張感は、大江という作家個人を超えて、おそらく1967年という時代が産み落とすことができた類稀なる作品だという気がする。#60…
08-09 15:16

RT @denden_fish: 初期の作品からは、『芽むしり仔撃ち』と、全作品中もっとも緊張に満ちた『万延元年のフットボール』を。中期の長編小説群からは『洪水はわが魂に及び』と、不遇だが間違いなくこの作家の代表作である『同時代ゲーム』を。私小説と対峙する後期の作品からは、みず…
08-09 15:16

RT @denden_fish: 好きな小説のタイトルを挙げよという問いなら、その時々の気分に応じてどうとでも答えられる。しかし、人生を変えるほど深い影響を、著作全体を通じてあ なたに与えた作家を挙げよ、と言われたなら、答えはもちろん一つだけだ。何ら躊躇うことなく、その名を断言…
08-09 15:16

RT @HAYASHI_twit: #60年代後半 演劇や映画だけでなく、そこに小説を加えたらと思い資料を見ると、66年に遠藤周作『沈黙』、67年に安部公房『燃えつきた地図』や大江健三郎『万延元年のフットボール』、68年に金井美恵子が『愛の生活』でデビュー、『火垂るの墓』『骨餓…
08-09 15:16

RT @HAYASHI_twit: 普段はテレビをほとんど見ないのだけれど、昨日はEテレ「ニッポン戦後サブカルチャー史」を観ていた。#60年代後半 の新宿を舞台に繰り広げられた、大島渚、寺山修司、唐十郎らの時代。番組サイトに年表があって便利。68年新宿マップも。http://t…
08-09 15:16

2 https://t.co/v62SN0xZcX
08-09 15:13

“スロースターター - 欠けた月と骨” http://t.co/q9B8bNcUMW
08-09 15:05

RT @gonnakill_uta: 今月はこんなプレゼントをやっておりますーん!よかったらRTお願いしますー!https://t.co/y7fYknnnjX
08-09 14:31

RT @prof_butterfly: だから保存はするにしても中々難しいのではないかな。ある意味とても貴重な体験となっている。今日は15時からアーティスト・トークも開催。 http://t.co/itwMDXV5r4
08-09 14:17

RT @prof_butterfly: 李禹煥 展(Kaikai Kiki Gallery) 一番初めに遭遇する作品≪Relatum-Excavation≫についてはギャラリーの地面にそのまま描いてるそう。考古学的に「絵が発掘された」ような形を思いついたのだとか。 http:/…
08-09 14:16

“続きが観たくなるG-レコ1話冒頭10分公開! | ひびのたわごと” http://t.co/YUwvHoPpNw
08-09 14:12

“ガンダム Gのレコンギスタ第1話冒頭10分+富野監督メッセージ - 玖足手帖-アニメ&創作-” http://t.co/joyGAlCNao #ガンダム #_富野由悠季
08-09 14:11

“藤原書店” http://t.co/xTXuIzzgZK
08-09 13:57

RT @nefou55: 藤原書店 http://t.co/e10q6ssrVc コルバンが鐘の音について書いてたような…と思ってサーチ。値段んんん! おとなしく借ります(あれば
08-09 13:56

期待☆ / “富野総監督メッセージ付「Gのレコンギスタ」第1話冒頭10分映像” http://t.co/jFxvVWonwM #ガンダム #富野由悠季 #anime #軌道エレベータ
08-09 13:53

海いけないんだよん><(リズム感とうねりのはなし) https://t.co/7FjUaSxkNx 『ラフカディオ・ハーンの耳』西成彦、『怪談』ラフカディオ・ハーンとヤン・シュヴァンクマイエル
08-09 12:41

RT @kyouko_chang: 久し振りに自分の書いた訳わかんない小説(『小説まで三千里(とちょっと)』すっごい面白かったから続き書こうっと*\(^o^)/*めくるめくくるくる弍杏ランドにようこそ*\(^o^)/*『小説まで三千里(とちょっと)』https://t.c
08-09 11:37

RT @nefou55: [MM引用] サベリ族の間では「神聖な春」という名の下、共同体の人間の一部を故国から追放することは宗教的な行為として定期的におこなわれていた。こうした追放民、… (P210) http://t.co/oKwJYUtuSI フランス史 1 〔中世(上)〕…
08-09 11:37

RT @nefou55: [MM引用] 矛盾した性質を合わせもつ、悪魔的創造の母であり娘である、本当のメリュジーヌとは、エレオノール・ド・ギュイエンヌである。彼女の夫は、あれほど多くの… (P319) http://t.co/oKwJYUtuSI フランス史 1 〔中世(上)〕…
08-09 11:36

RT @t_trace: なつこん記念アンソロジー 『夏色の想像力』の通信販売が始まりました。 http://t.co/L94A6ls1ra
08-09 11:35

運営が変わりましたねえ https://t.co/te3fV6LHox
08-09 11:28

@jun_ka  いいね!!! お待ちしてまするーん☆
08-09 11:27

ポーランド脱出 https://t.co/JncWRj6USv あー、なんか、ここまでの体験はしたことがないけど、ちょっとだけ、こういう感じはツアーじゃなくてヨーロッパ旅行したことあるからワカル~。
08-09 11:26

@jun_ka  りょーかいーーーーーーv かたすみだとかわいいかんじがするけどえっじだとクールで限界ギリギリ挑みますっぽくてイイわv
08-09 11:20

おっちゃんの色メガネ ~ 運気はクスブリと好機の繰り返し https://t.co/oVUnke2Iuj
08-09 11:19

@jun_ka  わーいわーわーい、お待ちしてます――――――――――!!!!!
08-09 11:18

RT @SidaNaomasa: 良質なネット小説に関する情報提供をお待ちしております。これ面白かったから読んでみなよ、から紹介記事の投稿まで、何でも待ってます! 第1回の記事は、井野裕著『インサイド/アウトサイド・ナラトロジー』です。『しだなお、ブログ活動報告』 https:…
08-09 11:14

物語るための技術と、その技術を捨て去るということ https://t.co/HosRFjr7zx
08-09 11:13

@jun_ka  はやっはやっ><
08-09 11:00

「白い結婚」とかhttps://t.co/X8TYwxyidH
08-09 11:00

捨て子養育院とか『女の歴史』とかアレコレ https://t.co/SYeIfRbQhh 高橋友子『路地裏のルネサンス―花の都のしたたかな庶民たち』 (中公新書)同上『捨児たちのルネッサンス―15世紀イタリアの捨児養育院と都市・農村』(名古屋大学出版局)とか
08-09 10:59

“八坂の神様が、京都の町を守ってくれる - jkondoのはてなブログ” http://t.co/VmNZNnKAjd
08-09 10:43

RT @usaurara: はてなという会社のオリジナリティを形成する大事な要素「京都」。良い記事でした。八坂の神様が、京都の町を守ってくれる - jkondoのはてなブログ http://t.co/CUnDFvYfSg
08-09 10:37

RT @usaurara: はてなハイクって何?というひとへ紹介☆ 311のあとの数日は危機的状況が続き自分も周囲も疑心暗鬼になっていました。その状態から少しでも脱するためになにか没頭する作業をひとつ作ろうと、「星の王子様」の朗読をはじめました。24話完結です。http://…
08-09 10:37

@jun_ka  それ絶対に楽しいし面白いの作れそうだから大賛成です☆
08-09 10:36

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ainokarakuri.blog42.fc2.com/tb.php/1537-6a94cf39

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
オリジナル小説サイト『唐草銀河』(R18一部例外あり)の管理人・磯崎愛です。
SFとファンタジーと世界文学とアート好き。
わんこ狂い。特に北海道犬!
甘辛両刀(ニヤリ)。
がらくた銀河』なんてのもやってたり☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
(0)
更新のお知らせ (30)
拍手レス (22)
ちったー☆まとめ (2529)
文学批評 (1)
映画 (1)
ロレンス・ダレル (1)
後藤明生 (0)
西行 (1)
アート (4)
デイヴィッド・ブリン (1)
ラクロ (1)
トマス・ピンチョン (1)
ドストエフスキー (1)
ジャン・ジュネ (1)
シオドア・スタージョン (1)
ジーン・ウルフ (2)
トマス・M・ディッシュ (1)
栗本薫 (2)
森鴎外 (1)
マーク・トウェイン (1)
太宰治 (1)
ジョン・バース (1)
R・A・ラファティ (2)
小説家の小説本など (1)
エッセイ (1)
コニー・ウィリス (1)
科学 (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
ミロラド・パヴィチ (2)
ライトノベル (1)
翻訳 (3)
アレクサンドル・デュマ (1)
ダンテ・アリギエーリ (1)
宿題 (2)
恋愛もの (3)
新倉俊一(仏) (2)
音楽 (4)
谷崎潤一郎 (2)
イベント告知 (2)
ベストもの (1)
ミケランジェロ (1)
ふぇみ (1)
鹿島茂 (1)
パスカル・キニャール (1)
神曲関連 (1)
みゅるみゅる(つぶやき) (0)
お知らせ (4)
ヴァージニア・ウルフ (1)

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示