isozakiaiの呟き置き場(旧:愛のカラクリ、AI日記)

彷徨ってますw ここにはツイッターおいときます。

04/22のツイートまとめ

isozakiai

@KoniMao17 @jun_ka  え? え?? だいじょーぶ、とまってるとおもいまするよ?
04-22 23:45

@KoniMao17 @jun_ka  えー?
04-22 23:20

@KoniMao17 @jun_ka  うむ
04-22 23:20

@erodori_midori  うーん??
04-22 23:19

@jun_ka  ご、ごめんなさい。いや、でも、たきざわさん怖くないのにねえ、て。。。
04-22 23:17

@jun_ka  わたしもそうしてるんですが、もともともらってるのが少ないですw あと、うーん、怖い、ねええええ??? うーん、まあ、はい。。。(意味不明)
04-22 23:12

@jun_ka  それが正解かも!! 働いたらポイント買いますよw あとはレビューを「感想文」に辞書変更するかだねw
04-22 23:08

採点が他の何よりも「大嫌い」なのでなああああorz (されるのはべつにかまいません)うん、でも、おぼえておきます。 >RTじぶんの「思想信条(!)」と「目的」はまた別問題だったりするのでw(←合理主義)
04-22 23:04

RT @jun_ka: クランチで、レビューとか出来ないから応援してる作家さんの作品にlikeする、という人は、それあんまり意味ないからせめて採点とワンセットにすると良いと思う。匿名ですし、やりやすいよ、ポイントと違ってただだし(そこか)
04-22 23:02

RT @QB_MARUYA: 国境が人を越えてゆく。実例→「私はオーストリアで生まれ、ポーランドで育ち、ハンガリーの学校に行き、ソ連で就職し、今ウクライナに住んでいる」「大変な人生でしたね」「いや、私は生まれてから今まで一度もこの街を出たことがない」http://t.co/zH
04-22 22:52

うみょーん・・・(ほんのちょびっとだけ日頃の行いを反省しているw)
04-22 22:41

あの、えっと、第二部終わっても誰からもlikeが押されてないってのはあれですか、第三部終わるまで安心できないってことですか、そうですかそうですか、そうですよね、わたしの書くものですものね・・・orz  いや、その、そのとーりですが、うん、わたしの書くはなしは安心できないよね?w
04-22 22:39

「で、おまえさん、そのまんまあいつに居座られてるってわけか」  店長が小机に座り、タバコに火をつけて話しかけてきた。エプロンを外してロッカーを閉めて振り返り、なんとこたえようか往生した。 / “第二部『階梯と車輪』 30 | CR…” http://t.co/U1bwv2lDZ1
04-22 21:29

@kyouko_chang  そう、ちょっとワンダーな感じ、わかります。
04-22 21:16

@kyouko_chang  あ、あらら。。。でも、素敵なレビューですよv ちょっと不思議なテイストをもった作者さんのようにかんじましたね。
04-22 20:54

静かな世界と静かな世界 https://t.co/A1SxF6ZkNC #crunchmagazine 
04-22 20:49

“深海を観る | 深海映像・画像アーカイブス JAMSTEC” http://t.co/AjYudaFGMv
04-22 20:30

“深海ワンダー | 文部科学省” http://t.co/hVIbz3Rttj
04-22 20:29

“深海生物についてもっと知りたい! 読んで・見て・食べて学ぶ「深海」の不思議 - はてなブックマークニュース” http://t.co/vnk68VMWbR
04-22 20:28

わたし、けっこうこのどれも好きだったりするので(特に②は好み)、ひとって面白いねえv / “文章としての「小説」 その特徴とは? | CRUNCH MAGAZINE クランチマガジン - 書き手と読み手をつなぐSNS” http://t.co/8UwhRgzaax
04-22 20:27

サン・マロ他 / “note ――つくる、つながる、とどける。” http://t.co/YXamEPoYig #シャトーブリアン
04-22 20:11

RT @nefou55: ノルマンディー周遊2(オマハ・ビーチ~アヴランシュ~モン・サン・ミシェル~サン・マロ~オンフルール) | 雨里 | note(ノート) https://t.co/3dQ2YJ61Ev
04-22 20:09

RT @nefou55: ノルマンディー周遊(カーン~ファレーズ~バイユー)- 2012年 | 雨里 | note(ノート) https://t.co/oe3qS5G0CI 2012年に里帰りした時の写真をアップしてみました。
04-22 20:09

RT @SidaNaomasa: 「こんな小説ヤダ」ネタからの~、真面目に「小説」を考察。誰かこのギャップに萌えてくれ。モテたい。  『しだなお日記NEXT』 https://t.co/uxAKjkq6HU #crunchmagazine
04-22 20:09

磯崎愛は「自分の命を、一人にだけ譲渡できる呪い」をかけられた、儚げな青年です。胡粉色の髪で、鮮やかな緑の瞳をしています。耳に、約束のピアスを付けています。 http://t.co/qkfaJ05MFO  昨日から儚げキーワードがw 
04-22 20:01

RT @jun_ka: 「即興小説は面白いか?」 https://t.co/xLCWNe9Ygf 「まあ、作者が過去に一度死んだかどうか、そんなことは知らないけど、「あ、この人死んだことあるな」と思わせる文章というのは、確かにある。」山田さんの言葉はやはり魔法だと思うのだ。すご…
04-22 20:00

@warawanaiouji  あ、いえいえ、こちらこそどちらも面白く読みました。どうもありがとうございます。ツイッターでもどうぞよろしくお願いいたします!
04-22 19:55

「どうしてそう思いたいのか、何によってそういう結論が導き出されるのか、君、自分でこたえを出せる?」  反撃は、思わぬ方向からやってきた。 「君には、出せないよね」 / “遍愛日記 - 181” http://t.co/tvfLWAvORp
04-22 19:50

@MANOharuka  RTどうもありがとうございます! そのせつはブログに感想いただきましてとても嬉しかったです☆ うじうじくんはその後も元気にうじうじしてまするv(あと、「受け」にもなってますw このひとたちリバなので)
04-22 19:43

“創元ファンタジイ新人賞 | 東京創元社” http://t.co/pPjQUME3ZS
04-22 19:31

RT @nzm: 東京創元社、全ジャンル制覇の野望に向けて着々と……。いや、さすがにホラーの新人賞は始めないだろうけど。http://t.co/8EGtLWcQVZ
04-22 19:31

あの、いろいろとなんか申し訳ないというかぶっちゃけ恥ずかしいので、出かける前においておいていいですか?【傍目八目】おかめはちもくいちもくさーん!!!んじゃ、いってきます♪
04-22 17:59

RT @jun_ka: どのくらい言って良いかと言うと、私の友人はこれなに、小説になってない、文章並べても描写にはならないよ、何のためにこの単語あるのいらないよね、削ったら三行で良いしつまらない。くらいは普通に言います。それは『普通』です。容赦ないよりだいぶ手前です。なお、私は…
04-22 17:53

@jun_ka  あら、また一本とられましたわね、おほほほほv
04-22 17:52

わたしがどんな辛口なダメ出しだしたのかってかんじじゃないのよ?w いや、でもたしかにいつでも辛口だけどさー >RT 
04-22 17:44

RT @jun_ka: 磯崎さんからは既にいただいたんですが、拙作『夏色金魚』https://t.co/SGJDnJDf0q ここが駄目だよな点を大募集します。なんでもウェルカム! 辛口辛辣お気になさらず!
04-22 17:42

「いっしょに暮らしてくれませんか」 「……寝た次の日にいきなり?」 「相性悪くないでしょう」 「そういう問題ですか」 「そういう問題以外に何かあるとしたら、それは世間の何とかじゃないですか」 真顔だった。 / “第二部『階梯と車輪…” http://t.co/xSFJTH7CDC
04-22 17:40

「わたしは総領様の従妹なのよ。もっとも血がちかい人間のひとりなの。しかもこの国の王女なんだから、わたしが一番、皇后の座につくのが相応しいでしょう?」 「う、ん」 / “6 | CRUNCH MAGAZINE クランチマガジン - …” http://t.co/099q0EnxAs
04-22 17:35

@3dokai こんにちは。すみません、DM2通いたしました。ちょっと出かけますが、夜19時くらいにまた連絡いたします~。
04-22 17:24

さすがあれっしあさん、手慣れてる感がスゴイv / “創作幻視小説版「夢兄妹寝物語」 2003年10月 第10話 第4節 - 玖足手帖-アニメ&創作-” http://t.co/igu5Mh1EXv
04-22 16:27

“ktgohan氏による『商船三井船舶差し押さえ』の裏にある戦時徴用船史の闇 - Togetterまとめ” http://t.co/wq2SBzkClF
04-22 16:15

@12556295  あーそれはそれは、時間かかっちゃいますねー。。。
04-22 15:52

@12556295  あーないですかー。。。
04-22 15:41

『「魅力的」な主人公はイケメンか?』 https://t.co/n0bAfTQJ49 #crunchmagazine  面白い! 昨夜「ただしイケメンに限る」(シャア様大好き☆)とのたまったばかりなので粛々と読みますw
04-22 15:41

『<完>セックスティング』 https://t.co/jJ65eIGYe4 #crunchmagazine 重要なところで急ぎすぎてる感じだけど、こういう事柄をこういうテイストでこういう主人公を据えて書くすっとぼけた風体が面白い。個人的には感情移入とかしないほうでいって欲しい
04-22 15:25

CRUNCH BEST 2013 - 文フリ先行販売! https://t.co/JPpyCbWVTF #crunchmagazine しおり、しおり、かっこいい。ほしいなあああ。。。
04-22 15:09

『失踪宣告記念日』 https://t.co/KbbHDiKgqg #crunchmagazine じんわりくる。
04-22 14:53

“日本の都市が空襲された理由――東京の森(6) | 森山高至” http://t.co/6CXeTqPUjk
04-22 14:03

「「婦人の事といへば面白可笑(おもしろおか)しく、誇大に報道し、直に有名婦人をつくつてしまふ」。本書で引用された、39年3月5日の「婦女新聞」に市川が書いたこの言葉」 / “書評:市川房枝と「大東亜戦争」 フェミニストは戦争をどう…” http://t.co/JR8OSymt19
04-22 13:55

そろそろ反撃だ! CRUNCH NOVELS 新人賞 https://t.co/48KTgTsMp3 #crunchmagazine 800人になってた。。。うひょー
04-22 13:20

それで小説が破たんするとかはないんですが。たいていいつも、脇役が好き。 / “脇役が好きすぎて困ることない? | CRUNCH MAGAZINE クランチマガジン - 書き手と読み手をつなぐSNS” http://t.co/Cow1funOrO
04-22 12:12

『MITORI2』 https://t.co/ACZBvxRyfY #crunchmagazine 大正琴は祖母の家にもあった。わりと見かけたものだけど、今はどうなんだろう? ほんの少し、お琴はならった。いつかエルさんのお琴聞かせてもらいたいです。
04-22 10:51

自分で書いといてなんですが、「夢のように、おりてくるもの」の第二部も第三部も不思議と「28」が好きだったりするw いや、その、30話と31話なのでそのあたりが大事なシーンというのもあるのですが、ことに第三部の28へ下手くそすぎるのだけど自分としては忘れがたい、というのがあるのだ。
04-22 10:39

わたしは滋養のかけのぼる「階梯」を視た。それは、視界樹の幹の似姿であった。そして夢は、慈雨のごとく地にふりそそぎ黄金の太陽と白銀の月華を廻すちからのみなもとであった。わたしは、その廻りのただなかにある / “第二部『階梯と車輪』 …” http://t.co/050MAptVwa
04-22 10:32

@12556295  あ、よかったです! ソースや水等を拝読するかぎり、そうかなあ、と。お店にあるといいですね~。
04-22 10:27

@12556295  どういたしましてv 「中二階」は日常の細部を丁寧に切りとるとかいうレベルじゃない、超絶ミニマリズムなのでたぶん、ビックリされるかと思います。井野さんはきっと、ベイカーを読まれておいたほうがいいかと思いますですよ、方向性的に。
04-22 10:22

@12556295  ありがとうございます! えっと思い出したので。ご存じでしたらすみませんが、ミニマリズムといえばニコルソン・ベイカーの「中二階」と「もしもし」が面白かったです。もし未読でしたら捲ってみてください。たぶん、何か感ずるところがあるんではないかと。
04-22 10:13

おれはそのころまだウテナがこの国の姫様だとは知らなかった。だが、なにか深い事情があってここにいる娘だというのは察していた。そもそも女の子がいていい場所ではないからだ。 / “5 | CRUNCH MAGAZINE クランチマガジン…” http://t.co/dOBnDen8Nf
04-22 10:07

RT @PQuignard_Bot: 小説は、人生の混純をかき集め、それを筋立ての仕掛けや辻褄合わせの細部の数々で体裁を整えるものだから、いつも人生よりまことしやかに見える。歴史もまた筋立てに支配されている。
04-22 09:55

RT @BlanchotbotJP: 文学を求める者は、かくされているものだけを求めている。文学の手前にあるものを、より悪い場合は、文学の彼方にあるものを見出しているのだ。だから、結局のところ、あらゆる書物が、おのれが愛するものの本質として追求し、情熱的に見出そうとしているのは…
04-22 09:54

RT @FuhitoFumikura: 【文フリ既刊情報】思わず額縁に手をかけた。ほとばしるような絵の具の熱を感じる。クラースの胸は高鳴った。――ルーベンスだ!(『総督と画家――孔雀の羽飾りの帽子をかぶった男のヴァニタス』より/B6/¥700/128頁)
04-22 09:54

好きv / “ひゅら~ひゅら~ふふぃっひ、、 | CRUNCH MAGAZINE クランチマガジン - 書き手と読み手をつなぐSNS” http://t.co/B9nUOaIwLh
04-22 09:53

長島芳明さんにまたもや素敵なレビュー頂戴しました!「こんな文体だと他のイタリア人芸術家が気にってしまう」今後の課題等もいただいて大変に嬉しいです。本当にどうもありがとうございます! / “塩野七生とは違うアプ…” http://t.co/TiDzs4U6iD #紹介いただきました
04-22 09:51

RT @12556295: 素敵やん、入り込んだ~『夏色金魚』 https://t.co/TfHh1fn9HD #crunchmagazine
04-22 09:39

@usaurara 黒髪君は写真集地区の古書修繕員です。愛読書は鈴がついた本。快活な性格で、しっとりとした茶髪と勿忘草色の瞳を持っています。パートナーは光る粉を振り撒く妖精。命よりも大切な本があります/ これ、茶髪くんのこと??? 茶髪くんのことっぽいw
04-22 09:34

RT @usaurara: @isozakiai 茶髪くんは古文書地区の学生です。愛読書は鉱石ラジオの本。大人しい性格で、鈍く輝く灰色の髪と勿忘草色の瞳を持っています。パートナーは宝石を食べる少女。哀しいストーリーを好んでいます。  /「古文書」で 思わず貼りに来ましたw 鉱石…
04-22 09:30

“ahs35_89.pdf” http://t.co/Ozi6uFDD1z
04-22 01:42

“古代ギリシャ・ローマ文芸における(とてもあからさまな)性描写について - Togetterまとめ” http://t.co/icBxRUIlZr
04-22 01:42

RT @Cristoforou: 「古代ギリシャ・ローマ文芸における(とてもあからさまな)性描写について」をトゥギャりました。 http://t.co/lxW9ebdRk6
04-22 01:40

RT @HODGE_EGDOH: それと同じく豊崎光一と浅田彰の対談。最初のタイトルが「バタイユ/ブランショ/クロソウスキー」でちょっと思い出した。直接クロソウスキーを話題にはしていないがその研究者に言及した、宮澤由歌「恋人たちの共同体にみるバタイユの共同体論」→ http:/…
04-22 01:39

RT @PQuignard_Bot: このテクストはとても美しい。歴史家は、真実味に欠けるとして、これを軽蔑している。だが、真実味のある歴史家などいたためしがあっただろうか?歴史家は怖がりだから、人間の世界に起こることには首尾一貫した流れがあると信じるふりをする。
04-22 01:39

磯崎愛の初恋のひとは「シャア様」なので、そこんとこよろしく! 公式です、公式ですから!!!(いや、けっこうホントに、マジでw) / “初恋のひと、おぼえてる? | CRUNCH MAGAZINE クランチマガジン - 書き手と読み…” http://t.co/xvVI9JjBY0
04-22 00:30

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ainokarakuri.blog42.fc2.com/tb.php/1431-794c6c2f

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
オリジナル小説サイト『唐草銀河』(R18一部例外あり)の管理人・磯崎愛です。
SFとファンタジーと世界文学とアート好き。
わんこ狂い。特に北海道犬!
甘辛両刀(ニヤリ)。
がらくた銀河』なんてのもやってたり☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
(0)
更新のお知らせ (30)
拍手レス (22)
ちったー☆まとめ (2527)
文学批評 (1)
映画 (1)
ロレンス・ダレル (1)
後藤明生 (0)
西行 (1)
アート (4)
デイヴィッド・ブリン (1)
ラクロ (1)
トマス・ピンチョン (1)
ドストエフスキー (1)
ジャン・ジュネ (1)
シオドア・スタージョン (1)
ジーン・ウルフ (2)
トマス・M・ディッシュ (1)
栗本薫 (2)
森鴎外 (1)
マーク・トウェイン (1)
太宰治 (1)
ジョン・バース (1)
R・A・ラファティ (2)
小説家の小説本など (1)
エッセイ (1)
コニー・ウィリス (1)
科学 (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
ミロラド・パヴィチ (2)
ライトノベル (1)
翻訳 (3)
アレクサンドル・デュマ (1)
ダンテ・アリギエーリ (1)
宿題 (2)
恋愛もの (3)
新倉俊一(仏) (2)
音楽 (4)
谷崎潤一郎 (2)
イベント告知 (2)
ベストもの (1)
ミケランジェロ (1)
ふぇみ (1)
鹿島茂 (1)
パスカル・キニャール (1)
神曲関連 (1)
みゅるみゅる(つぶやき) (0)
お知らせ (4)
ヴァージニア・ウルフ (1)

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示