isozakiaiの呟き置き場(旧:愛のカラクリ、AI日記)

彷徨ってますw ここにはツイッターおいときます。

01/06のツイートまとめ

isozakiai

「浅倉くん、結論から言っちゃえば? 私、ウソつくのも空気読むのも下手だけど、話の筋を追うのはけっこう得意だから。事実だけ並べて途中とちゅう、てきとうに埋めてくよ」 / “遍愛日記 - 79” http://t.co/ELucbzSbno
01-06 19:43

わたしをどれほど重く用いようと、また肉親としての情愛を深めようと、わたしが金で購われた奴隷であることは変わりなく、またその財力がある限り、わたしは皇族の名乗りをあげて陛下の隣に立つことは許されなかった / “歓びの野は死の色す -…” http://t.co/ywDnSdge2P
01-06 19:42

 胸の前にまわった彼の手が俺の手を握りしめた。  あなたを離さない。  俺は向き直ろうとしたけれど、彼は俺に眠るよう囁いた。いまは眠って、と。何ももう聞かない、という意味だと察した。 / “夢のように、おりてくるもの - 12” http://t.co/aoQ7WZExkN
01-06 19:41

RT @miyokosroom: 古事記、万葉集、源氏物語、平家物語から馬琴の八犬伝、春水の梅暦まで、日本の古典文学の名作を、有名作家等の現代語訳で網羅した体系的なものであった。 / “古典の現代語訳全集『国民の文学』-文学全集の思い出(その3) | 六条亭の東屋” http:…
01-06 10:45

RT @QB_MARUYA: 【シャーロック。それはやおいかBLか】欧米のスラッシュ(/)フィクションにしろ、日本のやおいにしろBLにしろ、書き手も読者も女性だった。だが『シャーロック』制作者の一人、マーク"マイクロフト"ゲイティスは自身がゲイ。そこが新しいのでは?と気づく20…
01-06 10:44

@miyokosroom  そうですね。お姫様ですから、それはいわゆるNG行為ですよね。その時代その階層の価値観というのは、歴史物を読み書きするときの大事な指標になるもののひとつで、そこをすっとばして現代人の感覚で読み解こうとすると大事なことを見落とす可能性がありますね。
01-06 10:30

RT @jun_ka: バイヨン建設はジャヤーヴァルマン七世で、この王様は癩病に苦しんだそう。それを題材にして三島由紀夫が戯曲を書いている。「癩王のテラス」 http://t.co/7fnvj89jaR http://t.co/OwAszdK28a http://t.co/Rf
01-06 00:41

“あなたの心はどこから来るのか?「感情ヒートマップ」生物医学研究が明らかにした、幸福・絶望・愛・怒りの源泉 | DDN JAPAN” http://t.co/lk9w1C0BcT
01-06 00:34

“第34回日本SF大賞エントリー(推薦者:岡和田晃) - Flying to Wake Island” http://t.co/HR9EYVll6u
01-06 00:27

RT @unasama: 結局ねー、いわゆる「痛い人が痛い人のために作った作品」を中心にした場は、商業として安定するために「痛くない人」を相手にするようになるし、そうなると「痛い人」は作り手からいなくなるんだよねー。そんで次代の「痛い人」が新たなはみ出し者の場所で痛い作品を発表…
01-06 00:05

RT @unasama: クオリティは置いといて、若者特有の孤独感や救済を描いた作品を中心とした場は常にある。二昔前にはJUNEだった。一昔前にはエロゲーだった。でもどっちも市場として作風が安定すると行き詰った。最近はボカロ関連がその立場にいると思うし行き詰まりはじめている気が…
01-06 00:04

RT @unasama: 昔のJUNE作品って強メンヘラの人が弱メンヘラの人に対しておくっていたものだからね。仕方ないね。ダメ人間を書いてなぜか読者に共感させる能力の持ち主のなかで一番有名なのは「人間失格」の太宰先生だよね……太宰先生がBL書けばみんな幸せになるのに……!
01-06 00:04

RT @unasama: 昔のJUNE作家に多かったけど、可哀想な主人公の内面をひたすら描写して、結果としてなぜか読者に「私と同じだ……」と思わせるのが作家としての魅力なんだろうね。普段はみんな目をそらしたり隠している部分をさらけ出したりしてるだけなんだけど。でもその作者って確…
01-06 00:04

RT @unasama: まあでもストーリー的には古いJUNE作品のほうが面白い(というか凝ってる)のが多いけど、昔のは攻めが「受けを救うための装置」みたいな作品も多かったから、一概にいまの作品がダメになったともいえないしなあ。
01-06 00:04

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ainokarakuri.blog42.fc2.com/tb.php/1329-4ddca187

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
オリジナル小説サイト『唐草銀河』(R18一部例外あり)の管理人・磯崎愛です。
SFとファンタジーと世界文学とアート好き。
わんこ狂い。特に北海道犬!
甘辛両刀(ニヤリ)。
がらくた銀河』なんてのもやってたり☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
(0)
更新のお知らせ (30)
拍手レス (22)
ちったー☆まとめ (2473)
文学批評 (1)
映画 (1)
ロレンス・ダレル (1)
後藤明生 (0)
西行 (1)
アート (4)
デイヴィッド・ブリン (1)
ラクロ (1)
トマス・ピンチョン (1)
ドストエフスキー (1)
ジャン・ジュネ (1)
シオドア・スタージョン (1)
ジーン・ウルフ (2)
トマス・M・ディッシュ (1)
栗本薫 (2)
森鴎外 (1)
マーク・トウェイン (1)
太宰治 (1)
ジョン・バース (1)
R・A・ラファティ (2)
小説家の小説本など (1)
エッセイ (1)
コニー・ウィリス (1)
科学 (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
ミロラド・パヴィチ (2)
ライトノベル (1)
翻訳 (3)
アレクサンドル・デュマ (1)
ダンテ・アリギエーリ (1)
宿題 (2)
恋愛もの (3)
新倉俊一(仏) (2)
音楽 (4)
谷崎潤一郎 (2)
イベント告知 (2)
ベストもの (1)
ミケランジェロ (1)
ふぇみ (1)
鹿島茂 (1)
パスカル・キニャール (1)
神曲関連 (1)
みゅるみゅる(つぶやき) (0)
お知らせ (4)
ヴァージニア・ウルフ (1)

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示