isozakiaiの呟き置き場(旧:愛のカラクリ、AI日記)

彷徨ってますw ここにはツイッターおいときます。

06/28のツイートまとめ

isozakiai

RT @yuki_hachi: ずっと寝不足なひとが少ない睡眠時間で動けるのは「疲れを認識するのを麻痺するほど疲れてる」のであって、しっかり睡眠とると身体が実は疲れてたのを認識できるようになって寝ると逆に疲れるという現象が起こるって聞いて、あと睡眠不足だと突然死するって聞いて…
06-28 23:14

RT @usaurara: http://t.co/WNIEAub7Hgボーイミーツガールなんて誰が描くものか と思ったんだけどなw 底辺に流れるものに引きずり込まれる・・・やむなし。 / スケブ@ハイク(仮) http://t.co/OWr9Evvy5k
06-28 23:10

http://t.co/SBDsxUwK2q: ギリシア文化史〈1〉 (ちくま学芸文庫): ヤーコプ ブルクハルト, Jacob Burckhardt, 新井 靖一: 本” http://t.co/CB9FqyBvSx
06-28 23:03

RT @dokai3: @nuryouguda グダちんさん。夏コミ落ちました…。夏コミから10日後のコミティア参加です。
06-28 23:03

RT @nuryouguda: #夏コミ のウェブニタス第三号「テーマ"根源"」で私が脳内妹と臨死体験デートをしたルポルタージュが印刷される。宮澤賢治の短編小説にも負けない幻想的な文章になったが、これは感動の実話に分類されますかね?阿部サダヲ主演で映画になりませんかね
06-28 23:03

RT @okisayaka: ナポレオン『エジプト誌』(1809-22、全13巻)はDVD版すら29万4千円もするのか… http://t.co/OySaSptzsg 「人間が造ってはいけない書物」(荒俣宏談)
06-28 22:22

http://t.co/SBDsxUwK2q: 友愛と秘密のヨーロッパ社会文化史―古代秘儀宗教からフリーメイソン団まで: 深沢 克己, 桜井 万里子: 本” http://t.co/HExExG3iW4
06-28 22:21

RT @HODGE_EGDOH: 読みたい本→深沢克己/桜井万里子『友愛と秘密のヨーロッパ社会文化史 古代秘儀宗教からフリーメイソン団まで』 http://t.co/LjoQ0tEeDg ”ヨーロッパ史上に出現する多様な団体と結社。そこに通底する宗教的・秘儀的な原理=「友愛と…
06-28 22:21

http://t.co/SBDsxUwK2q: モンゴル帝国史研究 正篇: 中央ユーラシア遊牧諸政権の国家構造: 志茂 碩敏: 本” http://t.co/rp40CSW0wX
06-28 22:20

“書籍一覧・検索 ? モンゴル帝国史研究 正篇 - 東京大学出版会” http://t.co/RBRFRRDTDV
06-28 22:20

RT @kunisakamoto: いよいよ出るようです。志茂碩敏『モンゴル帝国史研究 正篇 中央ユーラシア遊牧諸政権の国家構造』東京大学出版会、2013年。「前著から18年の研鑽の成果を公刊する.印刷所に手書き原稿を入れ始めてからでも6年」(ゴゴゴゴゴ…)http:…
06-28 22:20

@jun_ka  そ、そんな褒めていただいて恐縮ですが、そして御同意うれしいですけど(今は「わかりやすさ」を求められる時代で、わたしはそれは小説の役目としてはどうかなっておもうから)、ただ、あの、わたしの言ってることはたいてい「一般論」なのでw もちあげないでくださいまし~(汗
06-28 22:19

http://t.co/SBDsxUwK2q: 海を渡った人類の遥かな歴史 ---名もなき古代の海洋民はいかに航海したのか: ブライアン・フェイガン, 東郷 えりか: 本” http://t.co/LM59c1Dlhv
06-28 22:14

“書評:海を渡った人類の遥かな歴史―名もなき古代の海洋民はいかに航海したのか [著]ブライアン・フェイガン - 角幡唯介(ノンフィクション作家・探検家) | http://t.co/ExTzdTugYk:朝日新聞社の書評” http://t.co/CIUwAIoD3n
06-28 22:13

RT @SFfankou: ファン交6月例会は笹塚区民会館(京王線笹塚駅から徒歩8分)。事前予約不要、参加費500円です。遠方につき参加はされませんが、らっぱ亭さん @RappaTei による特別ファンジンもあります。 http://t.co/TytThaeZ1m
06-28 22:12

RT @SFfankou: 明日6/29(土)は14時よりファン交6月例会「とにかく、ラファティ」はゲストは牧眞司さん @shindyMonkey 、柳下毅一郎さん @kiichiro 、林哲矢さん @thysh 、橋本輝幸さん、鳴庭真人 @naruniwa さんです。
06-28 22:12

RT @sasakitoshinao: 王政で西欧化が進んでいたころ、今とはまったく異なるアフガンの光景。その後のソ連侵攻や内戦の続いた半世紀を考えると胸を衝く写真。/50~60年代のアフガニスタンの活気にあふれた風景をとらえた写真いろいろ http://t.co/DTuhf
06-28 22:06

RT @PQuignard_Bot: 私たちの欲望がそう信じたからこそ、たまたま自分のそばにいた人が急に欲望をそそるものになったにすぎない。相手に性的魅力があると思った分だけ、相手に夢見ていたのだ。私たちもまた夢のなかの存在だったのだ。
06-28 22:06

RT @deadpop: 【宣伝】倉田タカシです。7月8日発売予定の河出文庫・大森望責任編集書き下ろしSFコレクション『NOVA 10』に短編『トーキョーをたべて育った』を収録いただきました。今回のブツはほとんど小説のような外見を呈しておりますので \読めます!/ どうぞよろし…
06-28 22:05

RT @QB_MARUYA: 【Back in 1990】釈放直後のネルソン・マンデラ、72歳。獄中生活28年の後に。 http://t.co/HD1xHHH4m0
06-28 22:02

RT @dokai3: 根源原稿の皆さんには、6/30あたりに例の「他原稿読む→感想頂く」について今後の連絡しよう。
06-28 21:57

とりあえず、はてなハイクのほうの金曜更新やってくる! 宣伝してないですが、自サイト「唐草銀河」もちゃんと昨夜更新しています。週一更新は欠かしません!(いちおう三年間は週一更新つづける目標なので)
06-28 21:38

パートだから基本土日以外ほとんど残業ナイはずなんですが(半年ちかく働いて平日の残業ってあっても30分)、なのに締め切り前の今週にかぎって二日連続で不測の事態でご迷惑をおかけしてるアカウントがこちらでございますw
06-28 21:35

@4059981  そのとおりかと!w すぐぴんとこなくてすみません(汗 これ、おひまなときにでも 言語の取捨選択と作家性についてなどむかし書いたものですが→http://t.co/C03luKrRu4
06-28 12:14

@4059981  はい、なのでその「土台」というところが、さっき呟いた普遍性、基礎、つまりは「言語認識」だと思うんですよ。「ある一定の状況と目標(?)を与えられたときのテキストの取り得るパターン」 これはテクスト論、または物語論の範疇とわたしは看做します。
06-28 12:09

たきざわさんとおはなしすると、じぶんのことがよくわかるので、わたしはいつもたいそうありがたい!
06-28 12:02

@4059981  翻って、何を書けば何がどう伝わる、つまり「なるほど」と思えるかどうか、ていうのはもう、わたしにとっては「認識」問題なんですよね。そしてその「選択」は「観」と相違ない、ていうのが自分の「小説観」または「世界観」なんだなーってことがよくわかりました(笑)。
06-28 12:01

@4059981 すみません、勝手な解釈では、ですが なんか、おっしゃること、わかったかもです~ 
06-28 11:51

ある一定の状況と目標(?)を与えられたときのテキストの取り得るパターン、ていうこと、か
06-28 11:48

て書いたけど、ん? 単純、という言葉はそも、やはり、基本とか普遍性ということだから、お互い同じことを言ってるような気もしてきた? 
06-28 11:46

@4059981  うーん、ごごごめんなさい>< それが「小説観」と無関係になるってところがわからないです~何かを選択することはすべて、本人が意識するしないにかかわらず、その小説(テクスト)の「有り様」を決定してしまうって感じちゃうタイプなので。つまりこれが「観」ですね。
06-28 11:45

@4059981  あくまでわたしが思うに、ですが、「小説観」と「ナラティヴ(語り・叙述)」が無関係になるところの「方法論」を集積するとなると、もうそれはたぶん、「言語」と「認識」論みたいな方向になっちゃうんじゃないかしら? 勉強してないから深く言えなくてごめんなさいですが・・・
06-28 11:36

@4059981  はい☆ 説明はむずかしいですよ~、小説観がまずもって違うんですから、そこからやることになると無理です>< でも、そのためにかえって面白かったような感じで結果は儲けものだったように思いますv
06-28 11:27

@4059981 昨日のタグひとさまのおはなしが大変面白かったので、余裕ができたらなんかわたしも書くかもです~☆
06-28 11:18

RT @kunisakamoto: ペトラルカによる山登りについて。 「ヴァントゥー山登攀」(Silva speculationis) http://t.co/TnZJRXssiz
06-28 11:13

ひとさまの感想とボットさんをRTするだけの、とてもかんたんなお仕事w >キニャール宣伝
06-28 11:09

RT @jun_ka: あとパスカル・キニャールもお勧めいただいて読んでいるんだけど、こーれは再版されないものなんですか……絶版多過ぎる! アルブキウスは読了。ローマの残虐、残虐は残酷と同じであり同じでなく美しく醜い。なるほど傑作。で、今はさまよえる影を読んでます。言葉、思索、…
06-28 11:08

RT @PQuignard_Bot: そもそも私は何も創作したことがないし、作曲したこともない。私は演奏し、本を読み、翻訳する。そして私の内なる演奏家は、かくかくしかじかの作品を解釈し、それを作った人々について判断し、彼らもまたどれほど同じことを繰り返しているかに気づいて愕然と…
06-28 11:07

RT @PQuignard_Bot: もっとも傷のない、純粋な、ほれぼれするような再生状態のレコードがあるとすれば、たぶんそれは独創的作家なのだろうが、私はそんな作家をひとりも知らない。
06-28 11:07

RT @PQuignard_Bot: 私は自分の周囲にいる人々の言うことに耳を傾けながら、私たちは誰もが傷ついたレコードなのだと思うことで慰められる。私たちはたえず誰かのモチーフをなぞり、誰かの癖を、誰かの野心を、誰かの欠点をなぞっている。
06-28 11:07

RT @kenjiitojp: 7月1日からPDF形式等の資料(報告書、論文、雑誌等)について、国立国会図書館への納入が義務付けられます(付・プレスリリース)|国立国会図書館―National Diet Library http://t.co/KfdXKkZnrN
06-28 10:58

RT @HODGE_EGDOH: 「西洋古典叢書」が通巻100冊 読売新聞 http://t.co/FSi8ICdqky “奇書”も人気だ。原著15巻を初めて完訳した『食卓の賢人たち』(アテナイオス)は、2世紀末のローマで、博識な客人たちが宴席で交わす対話形式の本。料理や酒、性…
06-28 10:58

RT @1009alice: 聖火 22 ‘幸せ’ http://t.co/SLlAeCGEiu
06-28 10:56

RT @euro_tour: 緊迫のエジプト 軍出動 厳戒態勢に(6/28 NHK) 就任から1年を迎えるモルシ大統領の退陣を求める反大統領派と、大統領支持派の双方によるデモを28日から‥カイロの日本大使館では、エジプトへの渡航を控えるよう呼びかけています。http://t.c
06-28 10:47

RT @hashimoto_tokyo: 【科学】AFP:投てき能力の獲得が人類発展のカギに、研究 http://t.co/40ZMRmI1oG 「やりや石を投げて獲物を殺すために必要な肩の構造を発達させたことが、人類の進化の過程における大きな成功の一つだとする研究論文が26…
06-28 10:46

↓グダさん、ブクマどうもありがとうございます☆ いっしょの本に掲載されるの今から楽しみです! / “そういえば、 ウエブニタスさんへの寄稿小説は「増田愛音の黒歴史ダイアリー... - florentine(磯崎愛) - flore…” http://t.co/NwIG0FtPGZ
06-28 10:44

RT @Deipnosophistai: 【今日の名言】作家なんてくだらない輩だ。なにひとつ新しいことを言ったためしがない。同じことをあれやこれやとひねくり回すだけ。……クセナルコス「断片」(アテナイオス『食卓の賢人たち』VI 225cが出典。前5世紀頃の中期喜劇詩人だが、作品…
06-28 10:40

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ainokarakuri.blog42.fc2.com/tb.php/1141-77e2dbdf

 | HOME | 

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
オリジナル小説サイト『唐草銀河』(R18一部例外あり)の管理人・磯崎愛です。
SFとファンタジーと世界文学とアート好き。
わんこ狂い。特に北海道犬!
甘辛両刀(ニヤリ)。
がらくた銀河』なんてのもやってたり☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
(0)
更新のお知らせ (30)
拍手レス (22)
ちったー☆まとめ (2465)
文学批評 (1)
映画 (1)
ロレンス・ダレル (1)
後藤明生 (0)
西行 (1)
アート (4)
デイヴィッド・ブリン (1)
ラクロ (1)
トマス・ピンチョン (1)
ドストエフスキー (1)
ジャン・ジュネ (1)
シオドア・スタージョン (1)
ジーン・ウルフ (2)
トマス・M・ディッシュ (1)
栗本薫 (2)
森鴎外 (1)
マーク・トウェイン (1)
太宰治 (1)
ジョン・バース (1)
R・A・ラファティ (2)
小説家の小説本など (1)
エッセイ (1)
コニー・ウィリス (1)
科学 (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
ミロラド・パヴィチ (2)
ライトノベル (1)
翻訳 (3)
アレクサンドル・デュマ (1)
ダンテ・アリギエーリ (1)
宿題 (2)
恋愛もの (3)
新倉俊一(仏) (2)
音楽 (4)
谷崎潤一郎 (2)
イベント告知 (2)
ベストもの (1)
ミケランジェロ (1)
ふぇみ (1)
鹿島茂 (1)
パスカル・キニャール (1)
神曲関連 (1)
みゅるみゅる(つぶやき) (0)
お知らせ (4)
ヴァージニア・ウルフ (1)

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示