isozakiaiの呟き置き場(旧:愛のカラクリ、AI日記)

彷徨ってますw ここにはツイッターおいときます。

「ベラスケスもデューラーもルーベンスも、わが家の宮廷画家でした。」

と、
《白衣の王女マルガリータ・テレサ》様がおっしゃってます展覧会、

THE ハプスブルク 華麗なる王家と美の巨匠たち 展(国立新美術館) 

に行ってきました☆
それにしても、このコピーは秀逸です! 素敵!!
目玉は当然のこと、ベラスケスなのでしょうね。
どれ見ても、巧いです。ピカソが遊びたくなるのがとてもよくわかる。うん。あの筆捌きはため息ものです。
以下、この調子でメモ。

わたしはルネサンスおたくなもので(笑)、
注文主(イザベッラ・デステ)に対してきっちりサーヴィスしまくるティッツィアーノや、
なにをみても堅実な筆致のラファエロ、
また、見ると凄いと唸らずにはいられないデューラーや、
ツンデレ美少女を描かせたら他の追随を許さないルーカス・クラナッハ(父)などもオススメです。
ジョルジョーネも夢想的でよかったな。
ヴェネローゼのユディットは、いかにもやらされ仕事っぽい他人事風情でこれはこれで嫌いじゃないです。色が抜群にイイねとか当たり前のことを言ってみる。
 
それからスペイン絵画のほうでは、
グレコが印象的と言おうかと思いながら、
覆してムリリョの大天使ミカエルが素敵でした(少女趣味と呼んでください。好きなの)。
あのスルバランはちょっとわたしには物足りなかった。
ゴヤは、そしてゴヤでした。ふつうに肖像画かいても変わりなく、いい感じに厭なとこ見ちゃうひとだよなあ。
 
フランドル・オランダ絵画はすばらしくて、ブリューゲル(父)の風景画がきてます。
肖像画家としてのヴァン・ダイクはどれ見てもよい。短編小説が書けそう。
いっぽう、ルーベンスはいつも、「どれも工房じゃないのか?」と言いたくなるのは秘密。いちお、工房とはいってるのは一品。お抱え画家ですものねv
ライスダールは彼の作品のなかでも佳品と思う。風景画のお好きなひとなら必ず見ていただきたい。わたしが好きなだけかも、だけど(笑)。
 
工芸は、ちょっとわたしには重苦しかったな。北方なのだなと。
武具はフェリペ二世の甲冑やカール五世の盾など。じつは、これを仔細に眺めにいったのでもあり。
 
それでわたしのいちばんのオススメは、
レンブラントの《読書する画家の息子ティトゥス・ファン・レイン》。
これ、2002年の別の展覧会頁ですが。
(気づいてしまったが、制作年代に異同がある。どちらの説が優勢なのか、それともはっきりしないのか気になる)
 
光の魔術師といわれるレンブラント。白い紙の反射を使って左上からVの字に顔を照らすのは、ドラマなどで女優さんの顔を綺麗にみせるテクニックなどでもおなじみ(ちなみに、写真撮りのとき膝上に白いハンカチおくだけでも違うらしいですよ。ためしたことはありませんが)。
これが、ほんとおおおに、心憎いばかりに美しい!!

そもそも北方のひとにとって、光とは「慈愛」。または「やさしさ」「ぬくもり」なのでしょう。
それを、こんなにも強く感じたことはなかったです。
レンブラント、好きだなあああ。うん。大好き。もうずっとあの絵の前に立ってたかった。

あ、そういえば。


アルベルト・ジャコメッティのアトリエアルベルト・ジャコメッティのアトリエ
(1999/11)
ジャン ジュネ

商品詳細を見る



タイトルはジャコメッティですが、レンブラント論ものってます。
勘のいいひとはお察しのとおり、ジュネとレンブラントは似てるんですよ。顔が。
この本も、アート好きなひとには絶賛おすすめ。


そして、展覧会。東京では12月14日までですので、お早めに~~。

スポンサーサイト

恋愛物として、エレベーターが効果的に使われているPV

おはなしのある、いかにもドラマティックなのが好きなんですよね。
エレベーターっていうのは、今時の恋愛モノにはたいそう使える舞台装置、ガジェットでして。

このふたつは、すごく好き~~


Excuse Me MissExcuse Me Miss
(2003/04/22)
Jay-Z

商品詳細を見る



Jay-Z の演技がかわゆいのだ
つづいては、仔猫ちゃんとか小悪魔チャンとかいう言葉がほんとに似合うといっつも感嘆してしまうリアーナちゃん。


Hate That I Love YouHate That I Love You
(2007/11/12)
Rihanna

商品詳細を見る


Ne-yo、出演。
彼の曲はみんな好きでよく聴いてるけど、PVにおはなしがあるのがやっぱり好いと思う。


それから、こういう曲のエロティックなPVは躊躇いなく見れるしCDのジャケットも手を出せるのに、一部のラノベの絵が苦手なのは、双方の「視線」の問題のような気がしました。
じつはわたし、自分の小説でも取り上げたくせに、フェルメールの絵にはちょっとした抵抗感があるのです。好きなのは好きなんだけど、覗き見チックな題材に、すっと入りこめない気持ちになることがあって、そこいらへんに、なんていうか、なんていうか、なんていうんでしょうねええええ。


まあ、今日はこのへんで。 
さて、がんばります!!

懐かしい本を思い出したので

『歓びの野は死の色す』 第10章 60話 更新しました!

あれ、あれ?
けっこう前回から時間、あいてる??
う~む、すみません。

そして今回は、前回にひきつづき「BL」というものでしょうか?
なにをどう呼ぶのかってとにもかくにも大事な問題で、
でも、言葉はうつりかわっていってしまうので、いろいろ切ないです。
わたしの感覚だと、大昔の「やおい」とか「JUNE」なんだけど。

じつは、ようやく先週くらいに吹っ切れかけたかと思ったのに、
その後すぐの芥川・谷崎論争の後遺症で、
自分がすごく緊張しすぎてるなあって気づきました。
緊張感のない小説はチョットっていう思いもあるけど、
ガチガチなのも、色気ナイですよね~(笑)。

そんなことを思ったのは、
はてなハイクのほうでリレー小説めいたお遊びを楽しんでたせい。
お名前はあげませんが、お付き合いいただいた御二方には大変感謝しております☆
(それにしても。どうやらあれは超ポストモダン小説(!)みたいだなあ)


ってことで、
今日の御本はこちら!!


紫音と綺羅〈上〉 (クリスタル文庫)紫音と綺羅〈上〉 (クリスタル文庫)
(1998/05)
栗本 薫野村 史子

商品詳細を見る



紫音と綺羅〈下〉 (クリスタル文庫)紫音と綺羅〈下〉 (クリスタル文庫)
(1998/07)
栗本 薫

商品詳細を見る



ご存知の方、いらっしゃるかしら?
これ、リレー小説で、そのメンバーは、
栗本 薫
野村 史子
森内 景生
江森 備
吉原 理恵子
榊原 史保美
という豪華版!!
以下、アマゾンからコピペ。

 「両親の死後離ればなれに育てられた紫音と綺羅。17年後、春日コンツェルンの御曹子で若社長なった春日紫音は、転校生として、秋月流の若き天才舞踊家へと成長した秋月綺羅の前へ…。やっとめぐり逢えた二人に陰惨な殺人事件が待ち受け、新らたな試練をあたえるのだった…。耿美リレー大河小説」(上巻)
 「心を許し合い、理解し合ったはずの、十七年ぶりの春村紫音と秋月綺羅の再会は、野望の渦巻く大人の世界では素直によろこばれるものではなく、運命の歯車は二人の美少年にさらなる試練を強いるのだった。…もういい…眠らせて、それだけが望みなんだ。夢か現実か、潮騒のような喝采の中に二人はいた」(下巻)


ええと、絶賛オススメ読んでみて!! とは決して口に出さない、出せないおはなしなんですが(笑)。
でも、嫌いじゃないんだよなあああああ。
この、協調性のなさというか欲望のままの走りっぷりとか、どうしようもなさ加減いっぱいの設定とか、すんごく好いと思っちゃう。
まあ、そういう小説ですが、
思い出したらチョット楽しくて切ない気分になったのでご紹介いたしました。

拍手、どうもありがとうございます☆
10章100話で終わるのかとマジでびびってる、磯崎愛でした~

潤一郎ルネサンス

中央公論社の「潤一郎ラビリンス」の洒落です。ハイ。
ついでに、わたしはこの「ラビリンス」と「ジュンイチロウ」のもつ「ン」の重なりが気持ちよい。
さらには「迷宮」の語の妖しい魅力と、それが小説の「構造的美観(建築的美観)」というものに執着した谷崎を天才ダイダロスに喩えるようで、そしてまたそこに彷徨うミノタウロスの生死の悲劇的美しさをも思わせて、とてもとっても大好きなのです(実は、タニザキこのシリーズでは読んでないのだ。いつか買うぞ!)


潤一郎ラビリンス〈1〉初期短編集 (中公文庫)潤一郎ラビリンス〈1〉初期短編集 (中公文庫)
(1998/05)
谷崎 潤一郎

商品詳細を見る



さて。
あの大タニザキに「俺おま」を感じてやまない今日この頃、
みなさま、いかがおすごしでしょうか?
(って、わたしってば、なにスットボケようとしてるんですか!?)
 
なにを言いたいかと申しますと、
あまりにも、あまりにも、
谷崎の「饒舌録」と「藝術一家言」が面白いので、

「みんな、読んで~~~~~~~っ!!」
 
ってお願いしたい、ただそれだけです。
ええ、ほんともう、そんだけなの。


谷崎潤一郎全集 (第16巻)谷崎潤一郎全集 (第16巻)
(2000/01)
谷崎 潤一郎

商品詳細を見る



ん、これ?
2000年に出てるってことは、わたしが図書館から借りてきたのと違うかな?
えっとですね、手許にあるのは昭和三十三年発行。
「装丁・棟方志功」、「挿画・小出楢重」、「解説・伊東整」、「付録・ドナルド・キーン&平野謙」という豪華絢爛な布陣。
象牙色の生地に下三分の一におおどかな花模様を金糸で織り出した布張りの本で、何版というのでしょ? 文庫本よりちょっと縦長サイズです。背文字は緑青。これは捺してあります。
(なによりも、おおらかじゃなくて、オオドカと言いたいような古びた雅味と洒落たモダンさが矛盾なく同居しているのですよ!)
この生地が、指先に触れるとたいそう心地よい。官能的という言葉だとあまりに現代的でアッタリマエなので(笑)、躊躇いながらも、本を女性に喩えて褒め称えたくなります。
顔も装束も中身もすべて、見て触れて、言葉を交わし、そのなにもかもが素晴らしく美しいと!
(あまり麗々しくないところも、好いと思われ。愉楽、悦楽、愉悦、歓楽、さて、この感覚をなんと呼びましょうかねえ?)

あ、でも、これをおすすめするには芥川ファンにはしのびなく(憤るならまだしも、さめざめと泣きたくなるやもしれませぬ)、ことに漱石ファンのみなさまには不愉快な想いを召されるかもしれないと存じます。

わたしには、いろいろナットクだったのですが……。

「小説論・物語論」または「芸術論」と「芸術家の精神論」としては、まったく古びていないものと思います。文学の芸術性を云々したい方にはもちろん、エンタメ小説ファンなら尚更、じつに面白みのある語り口と受け取ってもらえそうな気がいたします。
なにしろ、こんな文章が頻出するのですよ(引用にあたり漢字は改めています。旧字の出し方わからないのです、ゴメンナサイ!)

 泉鏡花氏の如きはキザの方では隊長であるが、その傑れた作品を見ると、キザだキザだと思ひながら結局征服されてしまふ。


「隊長」ですよ! タ・イ・チョ・ウ!
しかも「征服されてしまふ」って、もう、タニザキせんせったらお茶目すぎるわ。

それから、洋の東西比較論としてはいささか肌理の粗さを感じないでもありませんが、1927年当時のこととすれば、やはり一見識以上のものであったと言わざるを得ないのではないでしょうか。
個人的には、

 思へば西洋人はおせつかひをしてくれたものだ。(強調部分、原文では傍点)


などを見ると苦笑を禁じえないどころか、ため息とともに肯いてしまいます。
また、こちらは有名な、なんとも言いようのない結語です。

 それにつけても、故人の死に方は矢張筋のない小説であった。


故人が誰であったかは、語らずとも、ということで。
タニザキがこの友人にどんな想いを抱いていたか知るには必読の書であるいっぽう、これが、故人にたいするものだけでなく、その死に際して「自分は書いて、生きのびる」という谷崎自身の宣言でもあるような、そういう気もします。
何故そんなふうに思ったかと申しますと、この友人の亡くなった日は、谷崎の誕生日でもありました。
ブックマークにて教えてくださったkanimasterさんにお礼を申し上げます。ありがとうございます。
また、このふたりの小説家の論争(? とは呼べないでしょうが)にわたしの興味をむけてくれ、この本をくださったSIMPLETONさんにも感謝を!


座談会 昭和文学史〈第1巻〉座談会 昭和文学史〈第1巻〉
(2003/09)
井上 ひさし小森 陽一

商品詳細を見る


 
そんなわけで、
細かいところはさておきまして(だって、ダンテよりゲーテのほうが偉いっていうのはわたし、納得できないわ!)、
この「饒舌録」と「藝術一家言」は、
わたしとしては初めに掲げた「俺おま」というコトバで笑い逃げしたい臆病さと、
いつまでも他人面して語っていたい厚顔さの、
相反する想いに引き裂かれておりまして、
 

 気の抜けたビール


という、耳馴染みのある慣用句をここに見つけましたことを望外の喜びとし、
これが、夏目漱石の『明暗』(みなに嫁ヨメ言われながら未読なのですよ)に付されたものであることをお伝えして、
いつも通り、まとまりのない文章を閉めさせていただきとう存じます。

愛がなくちゃね? (SFパロディ映画の巻)

まずはこちらをご覧いただきたく

Star Wars Alpacas

わたし、すっごくすっごくSW好きなんですよ。
ただ好きっていうより、いかにも異本(ヴァリアント)が作られそうなところがよいと申しましょうか。
スピンオフ作品、たくさん出てますよね。
そちらは猛者におまかせしまして(笑)、
このアルパカと、
この映画のキャラクター、ジェンズ・モール(SWでいうとベイダー卿の役どころ)似てません?

トレイラー

これは字幕なんですが、DVDは是非とも、吹き替え版で望んでいただきたいと思います。
ガンダムふぁんのみなさまには!!


ドリームシップ エピソード1/2 [DVD]ドリームシップ エピソード1/2 [DVD]
(2007/01/26)
ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒリック・カヴァニアン

商品詳細を見る



したはアマゾンから。

 商品の説明
 内容紹介
 『タイタニック』『スター・ウォーズ』『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズを抜き
 ドイツ映画史上、歴代第1位!(オープニング記録)

 誰もみたことない壮大なSFパニック・パロディ超大作がいよいよリリース!!

 ☆ドイツ映画史上、歴代第1位のオープニング記録を樹立! 『スター・ウォーズ』『スター・トレック』など、あらゆるSF映画をパロりまくった、ドイツ発"新宿2丁目風"SF時空冒険大活劇! まさにドイツ版『ギャラクシー・クエスト』とも言える笑い満載のSFムービー! ☆ドイツ・コメディ界のスーパー・スター、ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ製作・監督・主演作品! 超人気TVバラエティ「ブリーパレード」から飛び出したドイツ・コメディ界のスーパー・スターたちが放つ、爆笑コラボレーション! アメリカ、イギリスのコメディにはない、ある意味ヤリタイ放題のコメディ&パロディが炸裂!! ☆日本語吹替版は「○動戦士○ンダム」、「新○ター・○レック」、「○4 ?○WENTY FOUR-」のあの人たちが登場・・・?! 今回、オカマ風日本語吹替版には、超人気アニメ「○動戦士○ンダム」の○ムロと○ャアを演じた2人や「新○ター・○レック」の○カード船長、はたまた「○4 ?○WENTY FOUR-」の○ック・○ウアーを演じた声優陣を起用!日本語吹替版でさらに3倍は楽しめる!マチガイナク必見(必聴?)です!!



てことで、
あまりに受けすぎておなか痛いくらいでしたので、ご紹介をば。
それにしても、ドイツの人たち、こういうの、好き、なのですね。
ちょっと意外。
ところで、うえの説明に出てくるこの映画。


ギャラクシー★クエスト [DVD]ギャラクシー★クエスト [DVD]
(2009/04/10)
トニー・シャルーブシガニー・ウィーバー

商品詳細を見る



も、超おすすめ!
これは、元気がないときに見返します。
SF好きと自認する方ならきっと笑えると言い切りたいくらい!
それに、ラストのほうは涙腺にクルのではないかしら?


さてと、
わたしはいったいいつから「パロディ」、「パスティーシュ」、「オマージュ」、「エピゴーネン」、または「ヴァリアント」、「本歌取り」などを愛するようになったのか?
(それぞれ意味が違うことは重々承知しとりますが、強引に並べますよv)

はじめにぼんやりと意識したのは幼稚園のときで、
ただそれは、おはなしというものが変容する、または変奏されるという事実を理解し、
どうやらわたしはそういうのを読み比べるのが楽しいという想いだった。
はっきり、クッキリと自分が「パロディ」というジャンルが大好きだと気づいたのは、
やはり、この本との出会いだと思う。


エーリアン殺人事件 (ハルキ文庫)エーリアン殺人事件 (ハルキ文庫)
(1998/10)
栗本 薫

商品詳細を見る



なんども紹介してるけど、なんどでも、紹介する!!
だって、すっごくすっごく面白いんだもん
それに、栗本薫さんという作家の「真骨頂」と「愛」があるから。
パロディって、元の作品への愛がないと作れないんですよ。あたりまえでしょうけど。
もうちょっというと、その作品がその作品であるところの魅力を汲み尽くすように感受し、また最終的には批評できるくらい理解しないといけない。
しないといけない、だと誤解されそうだな。ん~と、批評できるくらいの理解がないと、面白いパロディは作れないだろうってことです。
そんなことより!
この本よむたびに、映画にならないかなって思うんですよね~。
喜ぶひと、わたしくらいかな?


まあ、そんなわけで、
わたしはパロディが大好きなんですよ、ということで。
おしまいは、ちょっと懐かしいこの映画。


マーズ・アタック! [DVD]マーズ・アタック! [DVD]
(2009/09/09)
ジャック・ニコルソングレン・クローズ

商品詳細を見る



とことんB級SF映画スキーですね


 | HOME |  »

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
オリジナル小説サイト『唐草銀河』(R18一部例外あり)の管理人・磯崎愛です。
SFとファンタジーと世界文学とアート好き。
わんこ狂い。特に北海道犬!
甘辛両刀(ニヤリ)。
がらくた銀河』なんてのもやってたり☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
(0)
更新のお知らせ (30)
拍手レス (22)
ちったー☆まとめ (2529)
文学批評 (1)
映画 (1)
ロレンス・ダレル (1)
後藤明生 (0)
西行 (1)
アート (4)
デイヴィッド・ブリン (1)
ラクロ (1)
トマス・ピンチョン (1)
ドストエフスキー (1)
ジャン・ジュネ (1)
シオドア・スタージョン (1)
ジーン・ウルフ (2)
トマス・M・ディッシュ (1)
栗本薫 (2)
森鴎外 (1)
マーク・トウェイン (1)
太宰治 (1)
ジョン・バース (1)
R・A・ラファティ (2)
小説家の小説本など (1)
エッセイ (1)
コニー・ウィリス (1)
科学 (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
ミロラド・パヴィチ (2)
ライトノベル (1)
翻訳 (3)
アレクサンドル・デュマ (1)
ダンテ・アリギエーリ (1)
宿題 (2)
恋愛もの (3)
新倉俊一(仏) (2)
音楽 (4)
谷崎潤一郎 (2)
イベント告知 (2)
ベストもの (1)
ミケランジェロ (1)
ふぇみ (1)
鹿島茂 (1)
パスカル・キニャール (1)
神曲関連 (1)
みゅるみゅる(つぶやき) (0)
お知らせ (4)
ヴァージニア・ウルフ (1)

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示