isozakiaiの呟き置き場(旧:愛のカラクリ、AI日記)

彷徨ってますw ここにはツイッターおいときます。

拍手レス

どうもありがとうございます!
おこころあたりのある方は、続きからどうぞ!

続きを読む »

スポンサーサイト

フランス中世コントと芥川龍之介「藪の中」のあわいに見つけたもの

『ラカンはこう読め!』の日本語版序文にある『羅生門』解説の一部が疑問な件  Ohnoblog 2

こちらの記事を読んでいたら、
むくむくと、
十何年、いえ、二十年近く疑問に思っていた問題が首をもたげまして。

フランス中世コント「ポンチュー伯の息女」と
芥川龍之介の「藪の中」って関係してるの???


自分的には色々あるのですが(笑)、
結論は、
こちら!


 『藪の中』の比較文学的考察 [in Japanese]
 渡辺 義愛 著

 上智大学仏語・仏文学論集
 上智大学仏文学科 [編] -- 上智大学仏文学科. -- 1 (1967)-
 


こちらから、PDFファイルをどうぞ!
はじめから、CiNiiに行けばよかったというオチ。
でも、まあ、まわり道の楽しさもありまする。


上記論文は、芥川の文章とその霊感源になった諸作品の詳細なテクスト比較あり、
作家の芸術観、女性観あり、
ファンならずとも興味深いのではないでしょうか。

読後、胸を貫くおもいは、芥川作品に限らず、小説の生まれいずる場所からそれが成立するまでの道のりは、わかりきった単純なものではない、という当たり前のこと。
それに、ここにあがっている作家・作品名だけみても、こころ踊りませんか?

『今昔物語集』、
ロバート・ブラウニングの Men and Women、The Ring and the Book、Dramatic Lylic
小泉八雲、Appreciations of Poetry
アンブローズ・ビアス「月明かりの道」
アンリ・ド・レニエ「復讐」(森鴎外訳『諸国物語』)
テオフィル・ゴーチェ Le roi Candaule
ウィリアム・モリス The History Of Over Sea
(写し間違えてないと思いますが……)

この、モリスによって、芥川先生は先の La Fille du Comte de Pontieu(「ポンチュー伯の息女」)は、を知ったそうです。
そして、芥川の卒論、モリスなんだ~、とびっくり。
日本文学好きのみなさんには有名な話なのかもしれませんが、なにせ、芥川自体を読み返すの、二十年ぶりくらいなので(笑)。


あ、個人的にはマルセル・シュオッブの名前が挙がってたのが面白かったです。
影響のあったという確証はないようですが、なるほど、似てるといえば似てる。芥川とシュオッブ。


ということで、わたしが調べられた限りのモノは、したにあげておきます。
これの翻訳はこれだろうとか、そういうものがありましたら、教えていただけると幸いです。


まずは、本題の芥川本。


地獄変・邪宗門・好色・薮の中 他七篇 (岩波文庫)地獄変・邪宗門・好色・薮の中 他七篇 (岩波文庫)
(1980/01)
芥川 龍之介

商品詳細を見る



つづいて、わたしのこころを捕らえて離さない、魔法の宝玉のような文学集。珠玉というより、まさにマジックアイテム(笑)。
前のブログでもご紹介してますが、ほんと、おすすめ!


笑いと愛と    フランス中世文学集 3笑いと愛と フランス中世文学集 3
(1991/12)
新倉 俊一、

商品詳細を見る



「ポンチュー伯の息女」の底本。


それから、今昔物語集。


今昔物語集〈4〉 (新編 日本古典文学全集)今昔物語集〈4〉 (新編 日本古典文学全集)
(2002/05)
馬淵 和夫、

商品詳細を見る



ブラウニング、とりあえず見つかったのを。コレというのが同定できませんでした。


指輪と本〈7〉Pompilia (1979年)指輪と本〈7〉Pompilia (1979年)
(1979/06)
池田 祐重Robert Browning

商品詳細を見る



ロバート・ブラウニング劇的独白詩への序章ロバート・ブラウニング劇的独白詩への序章
(2005/12)
野口 忠男

商品詳細を見る


Poems by Robert Browning いくつか原詩が読めます。


それから八雲。


小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の世界 (第23回 大阪樟蔭女子大学図書館展示)


Appreciations of Poetry (1916)Appreciations of Poetry (1916)
(2008/06)
Lafcadio Hearn

商品詳細を見る



いくつかあったのですが、表紙が綺麗なの選んだだけで、中身を知ってるとか、そんなんじゃありません。外国語苦手ですから。

そして『悪魔の辞典』が著名なビアス(昔、よんだ)。でも、わたしにとっては、ラヴクラフト&ジェラルド・カーシュでお馴染みです(笑)。


ビアス短篇集 (岩波文庫)ビアス短篇集 (岩波文庫)
(2000/09)
アンブローズ ビアス大津 栄一郎

商品詳細を見る



おつぎは鴎外先生。ん~む、これは読むぞ、と。


諸国物語〈上〉    ちくま文庫諸国物語〈上〉 ちくま文庫
(1991/12)
森 鴎外

商品詳細を見る



テオフィル・ゴーティエは、ふたつ、並べておきます。


Le Roi Candaule (Dodo Press)Le Roi Candaule (Dodo Press)
(2009/03)
Theophile Gautier

商品詳細を見る

 

Le Roi Candaule de Théophile Gautier (1844)


それからモリス。日本で全集が出てるのですが、これがどこにどう訳されてるかわからなかったので。


The History of over SeaThe History of over Sea
(2009/04/30)
William Morris

商品詳細を見る



いろいろ調べていくうちに、人間、好きなものはなんのかんのと繋がってるなあって感慨深く思いました。
とにかく、ブラウニングですよ!!
いぜんから注目してたのですが、「ブラウニング、おまえもか!」的にここにも顔を出してきてため息です。
ん~む、やはりラファエル前派のあたりはもうちょっと調べよう(英国のイタリア受容)。
といっても、カトリック絡み、フランスとアイルランド(ケルト方面)主にして。
まあ、本土よりわたしの性にあってる。


ところで、ここでいきなり「ポンチュー伯の息女」の解題から抜粋します。

 
 物語は、在来の、罪を得た女が死一等を減じられて海に流される「流刑」の主題、主人公の願いが試練を経た末にかなえられる「彼岸成就」の主題を軸として、これに巡礼行と異教世界を絡ませたものだが、何といっても、夫の近くで盗賊たちに犯された妻が夫の殺害を計る衝撃的な事件を扱っているだけに、反響は非常に大きかったようである。


このおはなしのツボは、ここではなくて、実のところ後半の「贖罪」の部分にあると思えます。
海に流された主人公はサルタンの奥方様になり子供を生んで平穏無事に暮らしていました。いっぽう、彼女を流刑にした男たち(夫・実父・弟)はそのことを悔いて巡礼の旅に出る。そして、サルタンの地で囚われ殺されそうになったところ、彼女の才知と機転によって救われる。かつての残酷な振る舞いを、彼らが深く反省していると聞き出したがゆえに。
その後はあれよあれよと、無事にフランスへと戻ってくる……「行って戻る」という物語の基本パターン。ラストはサラディンの名前まで出てくるオマケつき。語り、巧いねえと嘆息(笑 ←語り継がれてるんだから当たり前だってば!)。


とはいえ、ようく考えなくとも、このはなし、いろいろと飲み込みづらい。
封建時代だから、被害者なのに非は彼女にあるとされてるし。
それで気持ちを入れ替え、当時の社会状況や価値観を現代のそれに適応して読むのはチガウよなあと思った瞬間、でも、
「中世も現代日本も、痴漢被害とか考えると女性の立場、実はそんなに違ってなくない?」
と思い至りガックリ。

そう考えると、こんどは、主要登場人物たちが許しあって幸福になる「中世コント」のほうが、わたしには不思議に差別的に思えなくなる。もちろん「ゆるし」というものが「許さなければならない」という、女性に寛容を求める物語であってはならないだろうけれど、互いの理解が成るとほっとするのも個人的事実。
それって非常によくできた物語の癒し効果を味わっているということなのかしら?  
そのいっぽうで、この作品の人物たちには奥行きが感じられる。「後代の『ヌーヴェル』の先駆的作品でもある(上記解題より)」ように、マックス・リュティのいうところの民話の登場人物のもつ「平ら」さから逸脱しているがゆえに、こちらに訴えかけるものがある。
また、ひとのよいサルタンの騙されっぷりは異教徒を愚かに描いたのかと想像させながら、彼らの敵が実はとても人道的で思いやりがあると訴えかけているようにも勘繰れる。
う~ん、いろいろ面白い。

でもね、もしもこの家に娘として生まれたら、イヤだわあ。
(名伯爵家に生まれるつもりかとつっこまないでくださいね
だって、ポンチュー伯爵家って「実在」するんですよ?

Liste des comtes de Ponthieu - Wikipédia

封建的家父長制のなかで、ポンチュー伯の「現実の娘」は、どんなふうに生きたのだろうか……?
このコント以上に過酷であったかもしれない。
読み終えて思ったのは、そんなことでした。


そして、そんなわたしがラストにご用意した、この記事の本当のオチは、ここ!

 
 『赤毛のアン』で、モンゴメリは、大長編の物語始める前に、まずは、モットー(題辞、題銘)として、次の二行を書いている。

 あなたは良き星のもとに生まれ、
 精と炎と露より創られた。
                  ブラウニング

 この詩の出典は、イギリスの詩人ロバート・ブラウニングの詩「エヴリン・ホープ」である。

 赤毛のアン電子図書館


女性によって描かれた、女性の人生の物語。
そのはじめに、こんな素晴らしい詩があったとは!


  The good stars met in your horoscope,
  Made you of spirit, fire and dew---
 



これが、この宿題のご褒美になりました。
モヤモヤしていましたが、これで、スッキリできそうです。


これを読んで、恋愛スキルを磨くべし!(※追記あり)

と、おっきく出ましたが、
たんに、恋愛ばなしが大好物のわたくしが、超絶プッシュの恋愛本です。
劈頭を飾るのはこちら。


恋愛指南―アルス・アマトリア (岩波文庫)恋愛指南―アルス・アマトリア (岩波文庫)
(2008/08/19)
オウィディウス

商品詳細を見る



まずは読むべし!!
そこいらの男性雑誌の特集記事よりよほど使えます。
と、わたしは思う。

沓掛御大の訳なので読みやすいです。
古典だとびびらずに手にとって、
オヴィディウス先生の語り口に酔い痴れるべし!

この中身、人妻を落とすテクニック本といってしまうと身も蓋もないんですが、
女性の多くはコトバを求めてるってことや、
大きな贈り物をドドンとさしあげるより、
日々、ちょっとしたプレゼントやコトバを濃やかな情愛でもって贈りつづける習慣とか、
時代も場所も違うけど、現代日本人女性にも対応できると思います。
少なくとも、わたしは悪い気はしませんですよ。ええ(なんか、えらそうですね)。

で、そういう実践タイプより、
自分は恋愛ソノモノがよくわかんないんだよ、という向きには、
ベタすぎですが、こちらを。


恋愛論 (新潮文庫)恋愛論 (新潮文庫)
(1986/01)
スタンダール

商品詳細を見る



表紙が出たのでこちらを。
自分が読んだのは全集なんですが……訳者、誰だろ?(※下で追記しました)
無責任なすすめかたですみません。
(でも、ブログに表紙が出ないとさみしいの)
「結晶作用」なんて摩訶不思議でかっこいいコトバがこっから出てるのは周知のとおり。
そして、タイトルもかっちょいい! 

DE L'AMOUR

こういう、言い切っちゃってる感が素敵です。
自信ありげ。
とはいえ、実は、失恋から生まれた本だという裏話?もまた好し。

お次は、ちょいと高尚に。
否、低俗に、かな?


薔薇物語〈上〉 (ちくま文庫)薔薇物語〈上〉 (ちくま文庫)
(2007/08)
ギヨーム・ド ロリスジャン・ド マン

商品詳細を見る



薔薇物語 下 (ちくま文庫 は 35-2)薔薇物語 下 (ちくま文庫 は 35-2)
(2007/08)
ギヨーム・ド ロリスジャン・ド マン

商品詳細を見る



いやはや、よい世の中です。
文庫ですよ、文庫!!
これは、「うら若き美少女攻略本」なり。
え? この喩えは乱暴すぎる?
まあまあ、そうかたいことおっしゃらずに。
このブログにきちんとした学術的なものをお求めの方はいらしゃらぬでしょう(笑)。
RPGがお好きなら、註をいったん無視して、ラスト(つまり乙女をゲット!)まで読みぬいてしまうのも一興かと思います。
中世ヨーロッパ風世界を舞台にしたファンタジー小説を書いてらっしゃる向き(つまりわたしだ!)には、
これぞ見本市的面白さ!
主人公の男性になりきって、美しき薔薇をゲットいたしましょう!

などと、女の身のわたしが無邪気(ナイーヴ)に言うと、
クリスティーヌ・ド・ピザン(※英語WIKI 日本語ないの?)に叱られそうですから、ひとこと。
彼女はさいしょのフェミニストだなんて言われたりする文筆家です。
「薔薇物語論争」というのに参戦して、
女性の描かれ方の問題を指摘し、男性作家たちに反論しています。

日本語で読める本をわたしは知らないのですが(ご存知の方いらっしゃったら、ご教示いただけると嬉しいです)、
訳されるといいなと願望を込めてご紹介!


さてと、ラスト。
落ちになにを持ってくるかは決まっとります。
これですよ、これ!


危険な関係〈上〉 (岩波文庫)危険な関係〈上〉 (岩波文庫)
(2000)
C.D. ラクロ

商品詳細を見る



危険な関係 下 岩波文庫 赤 523-2危険な関係 下 岩波文庫 赤 523-2
(2000)
C.D. ラクロ

商品詳細を見る



そんなに好きかと問われそうですね(このブログでも、旧ブログでも紹介してます)。
ええ、もう、高校生のときにこれ読んで(三島経由ねv)、
メルトゥイユ侯爵夫人のような女性になるのだ! と暁の星に誓ったくらい、好き。
あ、なれてません。
なれませんよ~~~、あんな才気溢れる美貌の侯爵夫人!(色々とムリ!)
でも、わたしの野望だったの。

おかげで恋愛スキルはあがった気がしますが(←ホントですかっ!?)。

結論をいうと、
技術を云々するのは「恋」じゃなくてただの「社交」だよって思うのです。

わたしは、この小説における最強の存在である「恋」が好き。
この凄まじさ、容赦のなさ、賢明だと自認する人間の理性や計算をなし崩しにする恐ろしいモノが好きなのです。



ま、そういうことで、
エントリタイトルをぶち壊して終わるのが、ソレっぽくてよいかなあ

続きを読む »

「バベル魚」飼いたい!

資料ばかりよんどります。
誰か、わたしに「バベル魚」くださいっ!
外国語、読めるようになりたいなあっと言う前に、
ほんとのところ、物書きには日本語(母国語)がいっちゃん大事!

ってわけで、今日は翻訳家のみなさまの著書をつらつらとご紹介しようかと。
まずは、先日よんだばっかりの、こちら。

ぼくの翻訳人生 (中公新書)ぼくの翻訳人生 (中公新書)
(2004/12)
工藤 幸雄

商品詳細を見る


反骨精神に満ち溢れてます。気骨のあるひと、大好きっ!
パヴィチの訳で、やっぱり凄いと感嘆し、即読みました。
いちお、書いてらっしゃる難読語は全部よめましたよ~(ほっと安心)。
うん、なんか、こういう生き方に共感をおぼえます。
つづいては、こちら。


翻訳はいかにすべきか (岩波新書 新赤版 (652))翻訳はいかにすべきか (岩波新書 新赤版 (652))
(2000/01)
柳瀬 尚紀

商品詳細を見る



おっと、岩波続きだっ。
この、三島がジョイスを訳したであろうと想像するくだりの美しいこと! 
三島ファンにもおすすめですね。
上下二段で二葉亭四迷の改訳具合が見られるのも凄い。
むちゃくちゃ勉強になったです。
柳瀬さんの本は大好きなのでまたいつか、まとめてご紹介したいなあ(並べるだけだけどさ)。
それから、派手な色つづけたいなと。


特盛! SF翻訳講座 翻訳のウラ技、業界のウラ話特盛! SF翻訳講座 翻訳のウラ技、業界のウラ話
(2006/03/12)
大森 望

商品詳細を見る


これは面白い!! 笑えて勉強になること請け合いです。 
SFファンじゃなくともおすすめですが、SFファンなら絶対にお見逃しなく!
ここで、面白い小説いっぱい教わりました。
愛だね、愛!!
おつぎは表紙がかっこよくて大好きな、

乱視読者の帰還乱視読者の帰還
(2001/11)
若島 正

商品詳細を見る


この「乱視読者」シリーズもまた超絶オススメです!
おお、こうやって読むんだって吃驚させられます。
もいちどあの本、読みかえさないっとって気になりますね。
目の付け所がチガウのです。
それから、チガウというか、わたし、自分が書いたのかと思ったのは、こちら、

気になる部分 (白水uブックス)気になる部分 (白水uブックス)
(2006/05)
岸本 佐知子

商品詳細を見る


表紙かわゆいv
そして、前のブログでもご紹介してますがくりかえし!
だって、好きなんだもん。というか、馴染む~。
こういうこと、考えるよねって思うことしきり。
わたくし個人的に超絶ぷ~っしゅ!


てわけで、本日はここまで!

宿題&読みたい本が山積で、いっぱいいっぱいなところ、
拍手、とっても励まされます~!

ではでは~v


宿題がたくさんっ!

こちらのブログに書きかけの下書きたくさんあります。
なんか、ちゃんと、自分が興味もって知りたかったことは、キリがつくまでやらないとダメだと思います。もちろん、興味の範囲は広がるし、最終的に区切りはつけられないものなんだけど。
でも、なんていうか、
ここまでヤッタ! 
ていえるくらいのことは、自分でしないといけないな、と。


とりいそぎ、順不同でメモってみる。


1 ダンテの日本受容
2 ロダンとダンテ
3 ソシュールを読む
4 芥川とフランス中世コント
5 英国(またはアイルランド)のヴァザーリ受容
6 鴎外を読む
7 漱石の「明暗」と「ネコ」の再読

1 は、S青年からとりあえず正宗白鳥だと教わり、どうにかなりそう。あとは島崎藤村のフランス滞在中のものを読むと面白いとのこと。島崎藤村、ヴィンケルマンは英訳で読んでるそうです。

2 は、モノグラフ一個でよいや。投げやり。松方コレクションの絡みも知りたいので余裕があればカタログも。

3 は、『講義録』からいちど撤退して新書を読んでるところ。コトバをもっと理解しておきたい。

4 は、これから調べます。ずうっと気になって読み比べたかったの。

5 は、無理かも。まあ、これはラファエル前派のひとたちのモノグラフを並べわたせばいいだけのはなしで、わたしにとって本当に大事なのはヴァザーリではない、あのひとのことなのでね。

6 は、どうもわたしは鴎外さんの影響が強い気がして、やはり原点回帰。大陸に住んだ鴎外と、英国に住んだ漱石では、わたしは鴎外にキモチが行く。20数ヶ国語に通じていたってのは都市伝説??

7 は、ネコ。英国のヴァザーリ事情も含めて。アンドレア・デル・サルト。そうそう、ここで名前おぼえるよねってことを再確認しようかと。「明暗」はいろんなひとに嫁ヨメいわれるから、よんだほうがよさげ。覚悟決める。


ま、そんなところです。
調べ物の、ほんとうのメインは言わないの。えへ。


ではでは、更新ない間も拍手いただきましてありがとうございます。
(こちらのブログにも! ありがとうございます!)

書いてるので、すみませんが、お待ちくださいね。
自分の小説を変えたいと願っているところ、なのです。
もっともっと面白い小説が書けるようになりたいです!!

 | HOME |  »

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
オリジナル小説サイト『唐草銀河』(R18一部例外あり)の管理人・磯崎愛です。
SFとファンタジーと世界文学とアート好き。
わんこ狂い。特に北海道犬!
甘辛両刀(ニヤリ)。
がらくた銀河』なんてのもやってたり☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
(0)
更新のお知らせ (30)
拍手レス (22)
ちったー☆まとめ (2471)
文学批評 (1)
映画 (1)
ロレンス・ダレル (1)
後藤明生 (0)
西行 (1)
アート (4)
デイヴィッド・ブリン (1)
ラクロ (1)
トマス・ピンチョン (1)
ドストエフスキー (1)
ジャン・ジュネ (1)
シオドア・スタージョン (1)
ジーン・ウルフ (2)
トマス・M・ディッシュ (1)
栗本薫 (2)
森鴎外 (1)
マーク・トウェイン (1)
太宰治 (1)
ジョン・バース (1)
R・A・ラファティ (2)
小説家の小説本など (1)
エッセイ (1)
コニー・ウィリス (1)
科学 (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
ミロラド・パヴィチ (2)
ライトノベル (1)
翻訳 (3)
アレクサンドル・デュマ (1)
ダンテ・アリギエーリ (1)
宿題 (2)
恋愛もの (3)
新倉俊一(仏) (2)
音楽 (4)
谷崎潤一郎 (2)
イベント告知 (2)
ベストもの (1)
ミケランジェロ (1)
ふぇみ (1)
鹿島茂 (1)
パスカル・キニャール (1)
神曲関連 (1)
みゅるみゅる(つぶやき) (0)
お知らせ (4)
ヴァージニア・ウルフ (1)

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示