isozakiaiの呟き置き場(旧:愛のカラクリ、AI日記)

彷徨ってますw ここにはツイッターおいときます。

拍手どうもありがとうございます!お返事です!!

読みたい本は山積みなのにちゃっちゃと消化することも叶わず。
重たい本ばかりよんどります。
みなさま、いかがおすごしでしょうか?
 
別館ブログのほうで書いたように、すごく早い誕生日プレゼントにジュネの『公然たる敵』をいただきました。
ありがたいことです。
こころして、読んでます。
てことで、ハイクから転載。


Jean Genet · Violence et brutalité
http://etoilerouge.chez-alice.fr/docrevinter/allemagne9.html
 
『公然たる敵』(月曜社)の「暴力と蛮行」の原文。
まだ原文全部ちゃんとは読んでなくて最初と最後のパラグラフのみ確認というチョーいい加減であやしいチェックですが(をいをいっw)、翻訳の冒頭の一文を読むだけで何というか、凄まじく真理ついちゃってるジュネの本領が発揮されまくってると思われたのでご紹介。
 
「ジャーナリストたちは目くらましさながら次から次へと言葉を撒き散らすばかりで、それらの言葉を意識のなかでじっくりと萌芽させていくことにはかまけない。「暴力(ヴィオランス)」--そしてそれと分かちがたく対をなす「非暴力」という言葉が、その一例である。何であれ生命現象について、あるいはごく狭くとらえて生物学的現象でもよいが、それについて考えてみれば、暴力と生命がほぼ同義であることが理解できる」
 
ここには、ジュネの苛立ちが屹立している。



「立つ」を二度も使ったのは尖ってるから。
なんというか、まあ、気になる方は読んでください。わたしがいたずらに駄文を連ねるよりよいと思うのです。

さて、続きは拍手レスです!



続きを読む »

スポンサーサイト

拍手レスです! 

3月も残すところあと少し。
今日はお休みになったので、午前中はこんなの読んでました。

ハナシがはずむ! 笑酔亭梅寿謎解噺 3 (笑酔亭梅寿謎解噺) (集英社文庫)ハナシがはずむ! 笑酔亭梅寿謎解噺 3 (笑酔亭梅寿謎解噺) (集英社文庫)
(2010/02/19)
田中 啓文

商品詳細を見る


あれ?
文庫じゃないんだけど、まあ、いいや。あと続き。


ハナシがうごく! 笑酔亭梅寿謎解噺 4 (笑酔亭梅寿謎解噺)ハナシがうごく! 笑酔亭梅寿謎解噺 4 (笑酔亭梅寿謎解噺)
(2010/02/26)
田中 啓文

商品詳細を見る


このシリーズ大好きなんですよー。人情と笑いと、あと何だろ、「強さ」とか「真摯さ」かな。芸に対してだけじゃなくて人間存在というものへの心持ち、かな。

さて、パソコンの調子が悪くて困ってます><
PDFがあかなくなったのがツライ。
まあ、いろいろありますが、『遍愛日記』の続きを書くためにガムバッテマス。はい。

まだまだ寒い3月ですが、みなさま、どうぞご自愛くださいませ。

さて、続きは拍手レスです。

続きを読む »

えーと、いろいろ地味に変化中。あーんど、拍手レスです。

2月ももう半ば(だって、28日しかないんだもん!)、
みなさま、いかがおすごしでしょうか?
 
以前、おしらせいたしましたとおり、

『遍愛日記』でアルファポリス恋愛小説大賞に参加しています!

でございます。
あ、縦書きで読まれたい方は、

遍愛日記(ムーンライトノベルズ様投稿分)というのもございます。

さてさて。
さいきん物語の面白さを存分に教えてくれた本は、例によって例のごとく、エーコ先生の!

バウドリーノ(上)バウドリーノ(上)
(2010/11/11)
ウンベルト・エーコ

商品詳細を見る


バウドリーノ(下)バウドリーノ(下)
(2010/11/11)
ウンベルト・エーコ

商品詳細を見る


いやもう素晴らしいこと素晴らしいこと!!
興奮したわたしの感想はこちらw

うおおおおおおおおっ!
これは、ものすごく、ものすごーーーーく、よいおはなしだ!!
エーコ先生、サイコーです。うん。
物語作家の面目躍如。カッコイイ!
盟友カルヴィーノ(様)へのオマージュなり返答なりを感じた。そこもまた、わたしのこころを揺さぶってくれてたまらない。
あと、12世紀ルネサンス好きにはたまらん仕掛けが山ほどある。
バルトルシャイティス好きは即読むべし!
それから、作家はやっぱり故郷のこと、じぶんのことを書くべきだよね。ていうのも思った。キシュがその家族の三部作を書いたように、ピンチョンがアメリカを見渡すように、レイフェルおじさんがこっそりその町の名を記すように、キニャールが二度にわたり自伝を書いたように。
四作目、か。『前日島』は未読だけど、わたしは『薔薇の名前』よりこれのほうが好き。誰がどう見ても、エーコ先生自身が楽しんで書いてる。『フーコーの振り子』と比べると、わたしはアッチのいかにもな騙りっぷりに軍配をあげるけど、たぶん、コレのほうが多くのひとに愛されるはず。
小ネタのセンスの良さも素敵だし、いやもう、ほんっとに愉しませていただきました。ご馳走様です!

http://h1beta.hatena.ne.jp/florentine/189923065559362378



まあ、こんな感じで毎日じつは楽しく生きておりまする☆
続きは拍手レスです。おこころあたりのかた、どうぞ!

続きを読む »

拍手コメントいただきました!

今日、寒いですねー。
みなさん、いかがおすごしですか?

今週は何故か、6日ご出勤!
毎日ちゅかれてますが、拍手履歴やコメントいただいて元気です!!
(コメントなしでも無茶苦茶ヨロコビますから、どうぞ気前よく押してやってくださいませv)

今日のわたしは寒さに震えながらバイトしてきて、
夜は豪勢にスキヤキしました!!
(弟が高いお肉くれましたv ありがとー!)

さいきん見たDVD、これ、ものすごくよかったです。
よかったというか、うん。ええと、たいそう重いおはなしですが、けど、でも、見てよかったです。
とっても、とってもおすすめです。

サラエボの花 [DVD]サラエボの花 [DVD]
(2008/06/06)
ミリャナ・カラノビッチ、ルナ・ミヨビッチ 他

商品詳細を見る


続きは、お礼です。お心当たりの方どうぞ。

続きを読む »

『楽園の箱』の感想を頂戴しました!

『楽園の箱』に、感想いただきました。
ううう、嬉しいーっ。
クリスマスプレゼントのようです。
31日の最終回を前にして、俄然、気合はいります!!

今年はじぶんの居場所、環境が変化した年のように思います。
物理的に、かな。精神的にも、かしら?

夏からバイトを新しく始めることができて、けっこう張り切って通ってます。
なんか、面白いです。
新しいこと、新しい場所、新しいひと。
(いやまあ、マジレスすると、お仕事ですから大変ですし、反省することや、思わぬイヤな目にあったりすることもありますが。でも、面白い、かな。うん。そう思える)

若いころは、
変われなくて苦しかった。

今も、わたしは物凄く頑固で偏屈で凄まじく捻くれてて、なのにキミョーなとこだけ末恐ろしいほど真っ直ぐで(笑)。
けど、
ちゃんと「変わって」いってる。

生きてて、よかったです。
よい、です。よいですよ、生きてるって。
幸せです。
はい。

てなわけで、はてなハイクのほうでもご紹介しましたこの本を。


「私たちは死んでいくものの疲労については想像が及ぶが、そのはてしない消耗には、読む側の消耗なしにはつきあっていけない。
 しかし、マイノリティとしての死者の発信する言葉とは、消耗の言語に他ならないのではないか」
「私たちはいつのまにか死者は静かに死んでいくものだと思いこむようになっている。しかし、これは生きているマジョリティの独断と偏見にすぎないのではないだろうか。マイノリティの言葉を遮断して生きていこうという衛生学がはたらいて、私たちは死者に猿轡をかけてしまっているだけではないか」
「私たちには、血なまぐさい言葉、消耗させる言葉、倒錯的な言葉に対して耳を塞ごうとする傾向が――これはあくまでも傾向なのであるが――ある。
 しかし、この傾向になんとかして逆らっていかなければならない」
「文学の疲弊をよそに、言語はいまなお疲れ知らずでいるが、それならば鍛えられるだけ言語を鍛え上げようではないか。マイノリティの声を「雑音」として「破壊的音楽」としてしか聴こうとしない傾向に対する対抗的な傾向を準備するものとして、文学はこれからまだまだ言語にすがりつづけていくしかないのだから」

エクストラテリトリアル――移動文学論2 (移動文学論 2)エクストラテリトリアル――移動文学論2 (移動文学論 2)
(2008/02/21)
西成彦

商品詳細を見る




さてさて、続きは拍手レスです。
おこころあたりの方、どうぞ!

続きを読む »

 | HOME |  »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
オリジナル小説サイト『唐草銀河』(R18一部例外あり)の管理人・磯崎愛です。
SFとファンタジーと世界文学とアート好き。
わんこ狂い。特に北海道犬!
甘辛両刀(ニヤリ)。
がらくた銀河』なんてのもやってたり☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
(0)
更新のお知らせ (30)
拍手レス (22)
ちったー☆まとめ (2529)
文学批評 (1)
映画 (1)
ロレンス・ダレル (1)
後藤明生 (0)
西行 (1)
アート (4)
デイヴィッド・ブリン (1)
ラクロ (1)
トマス・ピンチョン (1)
ドストエフスキー (1)
ジャン・ジュネ (1)
シオドア・スタージョン (1)
ジーン・ウルフ (2)
トマス・M・ディッシュ (1)
栗本薫 (2)
森鴎外 (1)
マーク・トウェイン (1)
太宰治 (1)
ジョン・バース (1)
R・A・ラファティ (2)
小説家の小説本など (1)
エッセイ (1)
コニー・ウィリス (1)
科学 (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
ミロラド・パヴィチ (2)
ライトノベル (1)
翻訳 (3)
アレクサンドル・デュマ (1)
ダンテ・アリギエーリ (1)
宿題 (2)
恋愛もの (3)
新倉俊一(仏) (2)
音楽 (4)
谷崎潤一郎 (2)
イベント告知 (2)
ベストもの (1)
ミケランジェロ (1)
ふぇみ (1)
鹿島茂 (1)
パスカル・キニャール (1)
神曲関連 (1)
みゅるみゅる(つぶやき) (0)
お知らせ (4)
ヴァージニア・ウルフ (1)

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示