isozakiaiの呟き置き場(旧:愛のカラクリ、AI日記)

彷徨ってますw ここにはツイッターおいときます。

『フランス恋愛小説論』

を、SIMPLETONさんと champagnebuddhist_hiro さんからおすすめいただいていたので読みました。
おふたりとも、どうもありがとうございます!

フランス恋愛小説論 (岩波新書)フランス恋愛小説論 (岩波新書)
(1998/08)
工藤 庸子

商品詳細を見る



こちらで取り上げている本を順番に並べますね。



クレーヴの奥方 他2篇 (岩波文庫 赤 515-1)クレーヴの奥方 他2篇 (岩波文庫 赤 515-1)
(1976/01)
ラファイエット夫人

商品詳細を見る



危険な関係〈上〉 (岩波文庫)危険な関係〈上〉 (岩波文庫)
(2000)
C.D. ラクロ

商品詳細を見る


危険な関係 下 岩波文庫 赤 523-2危険な関係 下 岩波文庫 赤 523-2
(2000)
C.D. ラクロ

商品詳細を見る



カルメン (The originals of great operas and ballets)カルメン (The originals of great operas and ballets)
(1997/11)
プロスペール メリメ

商品詳細を見る



感情教育〈上〉 (岩波文庫)感情教育〈上〉 (岩波文庫)
(1971/01)
フローベール

商品詳細を見る


感情教育〈下〉 (岩波文庫)感情教育〈下〉 (岩波文庫)
(1971/01)
フローベール

商品詳細を見る



シェリ (岩波文庫)シェリ (岩波文庫)
(1994/03)
コレット

商品詳細を見る



この本、とっても良書と思います!!
古典、よいですよ。古典!!!
フランス恋愛小説、サイコ~~~~!!!
って、わたし、真剣に思いますもんv

ところで。
じつのところ、『おわりに』がイチバン楽しかったっていうの、アリでしょうか?
 


 ジェンダーをめぐる問いかけに、わたしが無関心でいられるはずはありませんし、やはりわたしは女性作家について語ってみたかった。


こうした気持ち、すごくよくわかります!


それにしても。
わたし、ほんっとおおおおおにメルトイユ侯爵夫人、好きだわ。
なんか、ひたすらそういうことを感じました。
あと、これを読んで思い出したのが、こちら!


天使の舞いおりるところ天使の舞いおりるところ
(1990/05)
辻 佐保子

商品詳細を見る



超絶オススメです!!
この本についてはまたいつか、書くかも。


それから、『おわりに』で引かれていた、わたしの大好きなカルヴィーノ様の本もご一緒に。
つい先日「読み返した」ばかりです。


なぜ古典を読むのかなぜ古典を読むのか
(1997/11)
イタロ カルヴィーノ

商品詳細を見る



そんなこんなで。
現実生活で恋愛ってなかなかできるものではないですし。
あれは、んと、「災厄」みたいなもんですから。
誰も彼もが手に入れられるものじゃないと、わたしは思ってるんですよ。

現代日本において「恋愛」って、なんかこう、難しいものになっていて、
「非モテ」とか「婚活」とか、いろんなコトバがありますが、
「恋愛小説を読む楽しみ」がもっともっと共有されればいいなって願ってます。



スポンサーサイト

これを読んで、恋愛スキルを磨くべし!(※追記あり)

と、おっきく出ましたが、
たんに、恋愛ばなしが大好物のわたくしが、超絶プッシュの恋愛本です。
劈頭を飾るのはこちら。


恋愛指南―アルス・アマトリア (岩波文庫)恋愛指南―アルス・アマトリア (岩波文庫)
(2008/08/19)
オウィディウス

商品詳細を見る



まずは読むべし!!
そこいらの男性雑誌の特集記事よりよほど使えます。
と、わたしは思う。

沓掛御大の訳なので読みやすいです。
古典だとびびらずに手にとって、
オヴィディウス先生の語り口に酔い痴れるべし!

この中身、人妻を落とすテクニック本といってしまうと身も蓋もないんですが、
女性の多くはコトバを求めてるってことや、
大きな贈り物をドドンとさしあげるより、
日々、ちょっとしたプレゼントやコトバを濃やかな情愛でもって贈りつづける習慣とか、
時代も場所も違うけど、現代日本人女性にも対応できると思います。
少なくとも、わたしは悪い気はしませんですよ。ええ(なんか、えらそうですね)。

で、そういう実践タイプより、
自分は恋愛ソノモノがよくわかんないんだよ、という向きには、
ベタすぎですが、こちらを。


恋愛論 (新潮文庫)恋愛論 (新潮文庫)
(1986/01)
スタンダール

商品詳細を見る



表紙が出たのでこちらを。
自分が読んだのは全集なんですが……訳者、誰だろ?(※下で追記しました)
無責任なすすめかたですみません。
(でも、ブログに表紙が出ないとさみしいの)
「結晶作用」なんて摩訶不思議でかっこいいコトバがこっから出てるのは周知のとおり。
そして、タイトルもかっちょいい! 

DE L'AMOUR

こういう、言い切っちゃってる感が素敵です。
自信ありげ。
とはいえ、実は、失恋から生まれた本だという裏話?もまた好し。

お次は、ちょいと高尚に。
否、低俗に、かな?


薔薇物語〈上〉 (ちくま文庫)薔薇物語〈上〉 (ちくま文庫)
(2007/08)
ギヨーム・ド ロリスジャン・ド マン

商品詳細を見る



薔薇物語 下 (ちくま文庫 は 35-2)薔薇物語 下 (ちくま文庫 は 35-2)
(2007/08)
ギヨーム・ド ロリスジャン・ド マン

商品詳細を見る



いやはや、よい世の中です。
文庫ですよ、文庫!!
これは、「うら若き美少女攻略本」なり。
え? この喩えは乱暴すぎる?
まあまあ、そうかたいことおっしゃらずに。
このブログにきちんとした学術的なものをお求めの方はいらしゃらぬでしょう(笑)。
RPGがお好きなら、註をいったん無視して、ラスト(つまり乙女をゲット!)まで読みぬいてしまうのも一興かと思います。
中世ヨーロッパ風世界を舞台にしたファンタジー小説を書いてらっしゃる向き(つまりわたしだ!)には、
これぞ見本市的面白さ!
主人公の男性になりきって、美しき薔薇をゲットいたしましょう!

などと、女の身のわたしが無邪気(ナイーヴ)に言うと、
クリスティーヌ・ド・ピザン(※英語WIKI 日本語ないの?)に叱られそうですから、ひとこと。
彼女はさいしょのフェミニストだなんて言われたりする文筆家です。
「薔薇物語論争」というのに参戦して、
女性の描かれ方の問題を指摘し、男性作家たちに反論しています。

日本語で読める本をわたしは知らないのですが(ご存知の方いらっしゃったら、ご教示いただけると嬉しいです)、
訳されるといいなと願望を込めてご紹介!


さてと、ラスト。
落ちになにを持ってくるかは決まっとります。
これですよ、これ!


危険な関係〈上〉 (岩波文庫)危険な関係〈上〉 (岩波文庫)
(2000)
C.D. ラクロ

商品詳細を見る



危険な関係 下 岩波文庫 赤 523-2危険な関係 下 岩波文庫 赤 523-2
(2000)
C.D. ラクロ

商品詳細を見る



そんなに好きかと問われそうですね(このブログでも、旧ブログでも紹介してます)。
ええ、もう、高校生のときにこれ読んで(三島経由ねv)、
メルトゥイユ侯爵夫人のような女性になるのだ! と暁の星に誓ったくらい、好き。
あ、なれてません。
なれませんよ~~~、あんな才気溢れる美貌の侯爵夫人!(色々とムリ!)
でも、わたしの野望だったの。

おかげで恋愛スキルはあがった気がしますが(←ホントですかっ!?)。

結論をいうと、
技術を云々するのは「恋」じゃなくてただの「社交」だよって思うのです。

わたしは、この小説における最強の存在である「恋」が好き。
この凄まじさ、容赦のなさ、賢明だと自認する人間の理性や計算をなし崩しにする恐ろしいモノが好きなのです。



ま、そういうことで、
エントリタイトルをぶち壊して終わるのが、ソレっぽくてよいかなあ

続きを読む »

【I love you 和訳バトン】がやってきた!

まいこさんのところから、


【I love you 和訳バトン】
なるものが回ってきましたv



まいこさんは、


Lilien (がーるずらぶちゅうしんそうさくさいと)


の、サイトマスターさんです。
いつもいつも小説やブログよんで、パワーもらってます。
どうもありがと~~~~~~~!


わたしがいちばん好きなおはなしは、

「ないちゃいそうよ、すきすぎて(っていうか泣いてる)」

です!
わたしは号泣いたしましたデス!!
えっとですね、「泣きました」っていうふうな紹介の仕方、
その作品からなにかを奪うような惧れがあって、わたし、実は好きじゃないんですけど、でもね。
こんどの場合は、タイトルに「泣く」ことがはいってるし、
いろいろ言い出すととまらなくなりそうだし、
こう、紹介させてくださいましねv


「ぼーいずらぶ」もあるので、わたしはそちらも楽しみにしてますv 
あ、あとね、「Machikosan」の続きも、くびをなが~~~~~くして待ってますよおん。
いつでもいいので、続きをよませてもらえたら幸せですv


まいこさんへ、公開ラブこーるv
デシタ!


はっ、そして、バトンですよ。



【I love you 和訳バトン】

<ルール>
その昔、『I LOVE YOU』を夏目漱石が『月が綺麗ですね』と訳し、
二葉亭四迷は『わたし、死んでもいいわ』と訳したといいます。
さて、あなたは『I LOVE YOU』をなんと訳しますか?
もちろん、『好き』や『愛してる』など直接的な表現を使わずにお願いします。
そして、その後1~5人の人に回してください。




ってことですから、
せっかくなので、自分の書いてる小説のキャラクターにまわすかなっと。また後日!


で、
以下、
書いたらかな~~~り恥ずかしかったんで、
おこころのひろいひとのみ、
反転でお願いします。




わたしの場合、
これ、
「電話」のシメで、


「ちゅ~~~v」


っていうのがイチバン近いかな?
いやあ、ひとってこういう恥ずかしいまねを日々なんとも思わずしてるんですねええ。
ははは。
おばかさんですねえええ。


 | HOME | 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

磯崎愛

Author:磯崎愛
オリジナル小説サイト『唐草銀河』(R18一部例外あり)の管理人・磯崎愛です。
SFとファンタジーと世界文学とアート好き。
わんこ狂い。特に北海道犬!
甘辛両刀(ニヤリ)。
がらくた銀河』なんてのもやってたり☆

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (1)
(0)
更新のお知らせ (30)
拍手レス (22)
ちったー☆まとめ (2355)
文学批評 (1)
映画 (1)
ロレンス・ダレル (1)
後藤明生 (0)
西行 (1)
アート (4)
デイヴィッド・ブリン (1)
ラクロ (1)
トマス・ピンチョン (1)
ドストエフスキー (1)
ジャン・ジュネ (1)
シオドア・スタージョン (1)
ジーン・ウルフ (2)
トマス・M・ディッシュ (1)
栗本薫 (2)
森鴎外 (1)
マーク・トウェイン (1)
太宰治 (1)
ジョン・バース (1)
R・A・ラファティ (2)
小説家の小説本など (1)
エッセイ (1)
コニー・ウィリス (1)
科学 (1)
イタロ・カルヴィーノ (1)
ミロラド・パヴィチ (2)
ライトノベル (1)
翻訳 (3)
アレクサンドル・デュマ (1)
ダンテ・アリギエーリ (1)
宿題 (2)
恋愛もの (3)
新倉俊一(仏) (2)
音楽 (4)
谷崎潤一郎 (2)
イベント告知 (2)
ベストもの (1)
ミケランジェロ (1)
ふぇみ (1)
鹿島茂 (1)
パスカル・キニャール (1)
神曲関連 (1)
みゅるみゅる(つぶやき) (0)
お知らせ (4)
ヴァージニア・ウルフ (1)

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブックマーカーリスト


検索エンジン最適化

Translation(自動翻訳) 縦型文字版

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示